夫婦などでちゃんと話し合う時のポイント。



これからのこと、レスのこと、不倫のこと、離婚のこと、子育てのことなど、夫婦でちゃんと話し合いをしたいときにどうすればいいのか?という質問をよく頂きます。

「ちゃんと話し合った方がいいですよね。でも、どうしたらいいんでしょう?」って。

だいたい私がお勧めするのは次のようなポイントです!

○話し合い → その前に聞き役

自分の意見を言う、というよりも、相手の話を聞く、という姿勢がまずは大事。
インタビューアになったみたいに、質問を交えながら相手にたくさん話してもらおうとすること。
沈黙を怖れない!相手が考えている時間。

○伝いたいことは必ずメモに書いていく

アドリブは冗長になってしまって論点がぼけ、何を伝えたいかが分からなくなってしまうので、予めメモなどに自分が伝えたいことを書いていくこと。
それだけで「本気度」が伝わるし、言いたいことが明確になる。

○リハをする

自信がない方ほど、自宅でリハーサルをしてから出かけるといい。

○会話のキャッチボールにこだわらない

相手の言葉に返せないときは「ちょっと考えさせて」と言うこと。
相手からの提案に答えるのは必ずしも今日じゃなくてもいい。

○場所選びは重要

自宅は一番避けたいところ。逃げる場所がいっぱいある。
車の中も横並びなので相手の表情などが見えにくいのであまりお勧めではない。

一番お勧めなのはシティホテルのロビーラウンジなど。
雰囲気がいいので気持ちも落ち着きやすく、また、適度に席間が空いていて、かつ、ざわざわしていて会話が別の席に聞こえにくく、かつ、周りの目があるのでお互いに感情的になりにくい。

ファミレスも席によっては話し合いに有効。

喫茶店、カフェなどは席間がちゃんと空いているところじゃないと話し合いし難いし、あまり長居し辛い雰囲気のところも多い。

○録音をする

ICレコーダーやスマホで会話を録音する。
証拠として残す目的もないわけではないけれど、録音していることを自分が知っているので冷静に話がしやすくなる。
特に感情的になりやすい相手の場合はお勧め。

参考になりましたら幸いです。

男と女の心理学
○根本のセミナー情報
○根本のカウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

あわせて読みたい