あなたの成長を周りは怖れる。



あなたが変化をしようとすると、周りは「前の方が良かった」「今のあなたは違う」と抵抗を示します。それはあなたの怖れが創り出すもの。「その手には乗らないわよ」とどんどん変化を選んでいいんです。

以前の自分に比べて言いたいことが言えるようになり、したいことができるようになり、人間関係も楽になってきて、「ああ、良かったなあ、ありがとう!根本さん!!(仮名)」と思っていると、長い付き合いの友達が「最近、遊び過ぎてない?お金使いすぎてない?なんか前のあなたの方がきちんとしてて信頼できたなあ」なんて言ってきたり、上司が「このところ気が抜けてるんじゃないか?ミスが目立つぞ」と面接で注意されたりして、凹みます。

自分としてはアクティブになって元気になって笑顔も増えて人が好きになって、やっぱり「ありがとう!根本さーん!(仮名)」なんて思ってたんだけど、「ちょっと自分は行きすぎなんだ、こんな風にしてたら愛されなくなるんだ、大人としてダメなんだ」みたいに考えてブレーキをかけたくなるんです。

実はこれ、あなたが正しく変化している証拠で、それこそ、赤飯炊いて、シャンパンで乾杯するくらいの素晴らしいできごとなんです。(現実的には赤飯にシャンパンはあまり合わないと思いますので、まずはシャンパンで乾杯し、〆のご飯を赤飯にすることをお勧めしております。)

掲題にもありますが、あなたの成長や変化を周りの人たちは怖れるんです。

人は基本的に「変わりたくない」ものです。
「変化」を「怖れる」ものです。
これは何度かブログにも書いてますね。
だから、あなたが変化しようとすると、それを阻止しようとする動きが出てきます。

「今までのあなたが良かった」
「今のあなたは変」
「そんなの宗教じゃないの?」
「それって怪しいよ」
「だれ?根本さんって?」

そんな風に周りはあなたにブレーキをかけようとするんです。
しかもそれは、あなたが応援してほしいと思っている人にも及ぶんです。
いや、むしろ、あなたの身近な人ほど、その抵抗は大きくなるんです。
だって、あなたが変われば、その人たちも変わらざるを得ませんからね。

だから、あなたが一番応援してほしい、パートナー、家族、親友、友人などが反対したり、抵抗したりするんです。

それはショックですよね。孤立感を感じますね。
でも、それくらいあなたの変化、成長が大きいことをその抵抗の大きさが物語っているんです。

でも、そこに新たな仲間もできるんです。
新しい成長を祝ってくれる人たち、喜んでくれる人たち、応援してくれる人たち。

ステージが上がると人間関係も変わらざるを得ません。
真実の友達やパートナーはあなたがワンランク、ステージを上がったらいずれ彼らも付いてきます。
しかし、あるステージまでの限定契約だった友人はそこまでの付き合いになりますから、新しいステージにあなたが入るとだんだんと疎遠になっていきます。

家族は何だかんだ抵抗したって強制的にランクアップされるものです。それくらい結びつきが大きいんです。だから、わーわーきゃーきゃー言ってても「あんたもそのうち変わるねんで、くくくくく」と思っておけば良いのです。

夫婦も何だかんだ結びつきが強いので、あなたが変われば、相手も強制的に変わります。
もし、相手が強硬に抵抗し、変化を拒むと、あなたが相手への興味を失い、離婚を真剣に考えるようになります。

「神様のテスト」って言うんです。

「ほんまに変わりたい?」
「本気で変わる?」
「友達失うこともあるけど、それでも成長したい?」
ってあなたの本気度を試すテストです。

周りの人が抵抗してやめちゃうくらいなら、その壁は乗り越えられないんです。
新しいステージはそれくらい今と違うステージである証拠なんですね。

ま、ほんとうの神様はテスト何てしないんで、これはあなたの潜在意識が起こしていることなんですけどね。
すなわち、周りの人の抵抗は、あなたの潜在的な怖れを表しているんです。投影の法則ですね。

だから、覚えておきましょうね。
周りがあなたの変化や成長に「文句」を言って来た時は、「来た来た来た来た!これが神様のテストかー!すげー!ほんまに来た~!これかー!よっしゃ、今夜はシャンパンで乾杯や!〆は赤飯にするぞー!!」と大げさに喜んでください。

そうすると、あなたの潜在意識が「こいつ、本気や・・・」(もしくは)「こいつ、ほんまにアホや・・・」と気付いて、その怖れを手放し、応援モードになります。
そして、それが周りに投影されると、それまで反対していた人たちが「応援」に変わるんです。

「あなたがそんなにキラキラしてるのを見て、私、ちょっと嫉妬してたかも。ごめん。ほんと最近のあなたはすごくイキイキしていて素敵だと思うよ。」なんて言ってくれるんです。

ますます絆が深まっちゃいますよね。

毎日使える心理学講座
○セミナー・スケジュール
○カウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

あわせて読みたい