3か月必死に幸せになろうとやってみたんだけど、全然変わらない!



水でいっぱいのコップに新しい水を注いでもこぼれてしまいます。
心に余裕がない状態で新たな方法を採り入れても、空回りしやすいんです。
いや、むしろ逆効果になることも。

今日はリクエストにお応えしましょう!
***
はじめまして。Hと申します。いつもメルマガやブログから、たくさんのメッセージをありがとうございます。これ私のこと?!と、どんぴしゃなテーマも多く、毎回楽しみにしています。

お聞きしてみたいことがありメール致しました。
私は高校時代の大失恋をきっかけに八年ほど、鬱病と過食、パニック障害を繰り返しています。失恋以降、恋愛はなぜかだめんずばかりに当たり、もうする気にもなれず、、引きこもり時代に縁を切ってしまい、友達と呼べる人も1人もいません。仕事は好きでも嫌いでもなく、なんとなくただ毎日通い、売上!とかやりがい!よりも、何事もなく今日を終われることを祈ってしまいます。

今年の3月、落ちるところまで落ちたせいか(?)鬱で無感情だった私に、「いい加減報われたい、めちゃくちゃ幸せになりたい!!!!」という強烈な気持ちが湧き上がり、幸せになるための本を読み漁りました。

そして、その本にあった
・いいことだけを日記につける
・夢が叶ったつもりで暮らす
・幸せになった様子を細かに絵や文で書き表わす、口に出す
というのを3カ月、みっちりやり続けました。

鬱で死にたい気持ちが離れない日も「電車が時間通りに来て幸せ!」「ごはんがたべれて幸せ!!」「私を世界一愛してくれる王子様が現れて超幸せ!!!」(←叶ったつもり)と、正直、無理矢理言い聞かせるように書き続け、唱え続けました。

ところが3カ月たち、こんなに頑張ってポジティブにやり続けたのに、自分も環境も何も変わっていないことに気付いてしまい、、そのポノートを見るのも嫌になってしまいしまた。そして反動のように、元通りの鬱々よりもひどい、朝全く起き上がれないような鬱が戻ってきました。

これは、3カ月なんかじゃ効果が出ないから、それくらいで投げ出さずもっと続けなさい、ということだと思ったのですが、気力が湧いてこないんです。。

それとも、やり方に向き不向きがあったり、先にやっておくべきことがあるのでしょうか?

幸せになりたい!!!!という強烈な気持ちは、しぼんでどこか飛んで行っちゃったようで、今はどう頑張っても明るい未来が描けません。

たくさんリクエストがある中、長々と申し訳ありませんが、何かヒントを頂けると幸いです。
(Hさん)
***

昨日の記事が一つのヒントになったかもしれませんが、いかがでしょうか。

しかし、3つのことを3か月みっちり続けることができるってすごいと思いません?
なかなかできることではないと思うんですよ。
それだけ継続できる力がある、ということは大いに誇っていいことだと思います。
ほんとすごいことなんですよ。

ほんと頑張り屋さんですよね。
昔からそうでした?

ただ、そんなにも頑張ったのに成果が出てないのは辛いですね。
受験勉強を3か月猛烈に頑張ったのに模試の結果が変わってなかった・・・みたいなものですよね。

でも、なんでそんなことが起こるんでしょうか。

この「願望達成」や「引き寄せの法則」で大切なことは「感情」なんですね。
感情が伴っているかどうか?がすごく大事なんです。

もし、「頭」(顕在意識)で思っていることと「心」(潜在意識)で思っていることがずれていたら、「心」の方が優先されるんですね。
この場合の「心」というのが「感情、感覚、直感」などです。
「頭」で考えてることは、論理、思考、理性、判断などですが、実は「頭」のパワーは心に比べるとものすごく小さいのです。

だから、「頭」で一生懸命「幸せです!」って言ったとしても、「心」が「んなわけないでしょ?」と思っていたら、現実に起こるのは「幸せじゃない状態」です。
すなわち、願望を実現させるには、頭ではなく、心を動かす必要があるんですね。

Hさん。
「私を世界一愛してくれる王子様が現れて超幸せ!!!」って言ってた時、心の中ではどうでした?
もし、そう言った時にワクワクしていたり、ドキドキしたり、うっとりした気分になったり、身体が熱くなったり、自然と笑顔になったり、ニヤニヤして涎が垂れて来たならば、「心が伴っている状態」と言えます。

でも、そう言ってみたものの心が「うーん。まあ、そうなったらいいけど、無理じゃね?そもそもそんな王子様、どこにいるん?」って反応だったとするならば、「私を世界一愛してくれる王子様が現れて超幸せ!!!」と唱えれば唱えるほど、「私を世界一幸せにしてくれる王子様なんていない」って唱えていることと同じになるんです。
だから、3か月経とうが、100年経とうが、その願望が叶えられて、王子様が現れません。

だから、こうした願望は「自分でもそれはアリだな、と思う範囲で決める」ことが大切になるんです。

分かりやすいようにお金で例えてみましょうね。
もし、Hさんが「豊かになりたい!収入を増やしたい!」と思ったとします。
それで「月収100万ゲット!!」って毎日言い続けることにします。

もしHさんが「月収う100万を実現してる自分が」がありありとリアルに想像でき、ワクワクするならば、その願望は必ず叶います。
でも、「うーん。信じられないなあ」とか「あり得ないなあ」なんて思うとすれば、さっきお話したように100万円は実現しません。「実現しないことを願う」ことになるからです。
そしたら「それが信じられてワクワクしてくる額ってどれくらいなんだろう?」って探してみるんです。
「50万?あり得るけど、あんまりワクワクしないなあ」
「80万?うーん。まだちょっと無理だなあ」
「70万?まあ、あり得なくもないし、それだけあったらけっこう満たされた気分になるな」

としたら「月収70万ゲット!」って毎日言い続けるようにするわけです。

そして、「夢が叶ったつもりで暮らす」ように「月収が70万になった自分をイメージしながらワクワクして生活する」んです。

引き寄せの法則や願望実現というのは、こうして「心(潜在意識)にこれが現実だと思い込ませるようにする」ことが大事なんです。
だから、心が伴って初めて現実化するんです。

「いいことだけを日記につける」というのも私もよく宿題に出すんです。私は「幸せ日記」って呼ぶんですけどね。
これをすることによって「いいこと、幸せなこと」に意識を向けることができるようになるので、少々無理やりやって習慣づけることがいいのです。
これはまだ効果が出やすいと思うんですけど、まったくダメでした?

ただ、これも「こんなことやったってなあ」と思いながらやっていたり、無理やり見つけるので感情が伴わなかったりすると、やはり効果は薄れるかもしれません。

こうしたポジティブな習慣を新たに始めるときに大切なのは「心の余裕」なんです。
健康にいいからってフルーツを食べようとするんだけど、お腹がいっぱいだったら入らないでしょう?むしろ気分が悪くなってしまいますね。

Hさん自身、すごくしんどかった時期が長く、うつで無感情になるくらい心が疲れていましたよね。まずはその心を休ませてあげたり、誰かに気持ちを聴いてもらったりすることをお勧めします。
もちろん、今からでも遅くはありません。

そうして心が少しでも元気になって来たら、この3か月の成果も出始めると思うんです。
それは決して無駄にはなりません。

だから、まずは、心が喜ぶこと、安らぐこと、気分のいいこと、笑顔になれることを探してみてはいかがでしょうか。

でも、ほんとこんな苦しい状況なのに3か月も続けられるってこと、すごいんです。
それは大きな価値があるなあ、と思いますよ。

毎日使える心理学講座 
☆根本本。
根本本
あわせて読みたい