手放すと手に入るものなの?手放しと覚悟について。



先日、こんな話を伺いました。
旦那さんからすぐ離婚したいと突き付けられてた奥さんの話。

「クリスマス直前のある日、旦那を手放そう、別れを受け入れようって1日泣きじゃくりながら自分と向き合ってたんです。そしたら、仕事から帰って来た旦那の様子がおかしくて。どうやらすぐには離婚ということではなく、やり直していく方向になりそうなんですが」

少なくても状況は一変していました。

「手放すと入ってくる」とよく言います。

「手放す」って覚悟だと思うんです。
お風呂の中でたくさん泣きながら、1日かけて彼女は覚悟をしたんだと思いました。


別れを受け入れる覚悟、旦那と距離を置く覚悟。

そう腹を括るとどんな状況が来ても受け入れることができます。
旦那からやり直す方向の話が来たとしてもその覚悟はブレません。

「まだどうなるか分からないんですけどね」
「これからが大事だと思うんですが」
「別れる可能性だってまだありますし」

そういう言葉の端々に覚悟は伝わってきます。

もう大丈夫、というわけではないですが、その気持ちがあれば向き合ってやっていけると思います。

では、どうしたら覚悟ができるのでしょう?
やはり自分の中にあるあらゆる感情と向き合い続けることだと思うんです。
悲しみ、怒り、寂しさ、不安、怖れ、愛情、好き、憎しみ、罪悪感・・・出てくる感情から目を背けることなく向き合い続けること。

そしたら、どんな状況がやってきても受け入れられる器が出てきます。

だから、覚悟ができたときには「そのまま別れることになっても幸せになれるし、元鞘に戻ってやり直すことになっても幸せになれる」という心理状態になっています。

それは執着が切れてる状態ですからね。
旦那も戻りやすくなるでしょう。

夢にしても何にしても、こういう風にして実現していくんだろうと思います。

でも、まあ、不思議な話なんですけどね。
その直前までは別れることを前提に旦那があれこれ暴れていたわけですから・・・。

引き続き彼女のこれからを応援していきたいと思います。

毎日使える心理学講座
あわせて読みたい