麻痺、という、慣れ。



慣れ、当たり前、習慣、それがふつう・・・。

そんな感覚で捉えているもののすべては「麻痺」を作ります。
感覚を鈍らせ、何がおかしいのかが分からなくなるのです。

上司からとても理不尽なことで怒られている・・・、本来の自分であれば「それは違うんじゃないでしょうか?」と反発したり、そもそもそんな職場にはいられない・・・でも、知らず知らずのうちに感覚がマヒして、その怒りを受け入れている。「それが仕事っていうもの」「生活のためには仕方がない」「みんな同じなんだから」と言い訳も完璧に用意されている。そして、「今日は昨日よりはマシだったよな」と同僚に笑いかける自分がいる。

取引先から危険な要求をされている。でも、会社としては断れないし、慣習となっているから引き受けざるを得ない。本来の正義感が強い自分であれば、それは突っぱねているはず。しかし「会社のため」という名目で、その要求を盲目的に受け入れている自分がいる。そして、そのうち悪いことをしているような感覚が無くなっていき、それが許されていること、当然のことのように思えてくる。



周りの人が自分に仕事を頼んでくる。頼んでくる、というのは表向きの理由で、本当のところは断れない自分に仕事を押し付けてくるだけだ。それが分かっているものの、Noとは言えない。いい人間関係を築いていきたいし、自分も人の役に立つのは好きだし。そう心の中で弁解をしているけれど、本当のところはそれはしんどい。けど、断る勇気もないことは自分も周りもみんな知っている。

平日も夜遅くまで、土日だってほとんどない。そんな生活に慣れてしまった。たまのほんとの休日は何をしていいか分からず、ごろごろしているうちに1日が終わってしまう。それならば職場にいてデスクに向き合っている方がなんぼかマシだ。充実感が違う。しかし、学生時代はそうではなかった。いつも友人たちと遊んでた。あいつらは今頃何をしてるのだろう?

本来の自分を会社・仕事・職場環境というところに迎合させていき、気が付けば本来の自分がいなくなってしまってる、という話をよく伺います。

「それって本来のあなたなんでしょうか?そうは見えないんだけどなあ」
「本来のあなたなら、きっとそんな態度取らないよね。」

そう言わざるを得ない違和感を感じるんです。

本来の自分を上手に消し、違う自分を作り上げます。
ここでは職場の話ばかりですが、幼少期からの家庭環境、学校での生活、恋人との付き合い、結婚生活、子育て・・・どんな場面でも言えることです。

麻痺させるくらいですから、もともとは苦痛なこと、嫌なことなんです。
それを理性で頑張って押さえつけるのですから、ストレスも大変なものがあります。
しかし、麻痺すると感覚がなくなりますから、しんどいとか、嫌だとか、苦しいとか、ストレスとか、感じなくなります。
これが一番怖いのです。

溜まっていったストレスはやがて心身を侵食していきます。
気が付けば、気力がない、風邪を良く引く/治りが悪い、お腹の具合がよくない、人と会うのがおっくう、休日は寝てばかり、朝起きるのがしんどい、アルコールや甘いものの量が増えた、イライラしていることが多い・・・

そんなサインが出てきます。

でも、なかなか変われないですよね。
気付くことすら難しい、という人もいます。
それが病気を作ることもあります。

自分を大切にしましょう、と言います。
まずは、自分を取り戻しましょう、と。

ま、そんなこと言ったって・・・というのが正直なところかもしれません。
麻痺の場合、まずは「気付くこと」ですし、気付いたとしても「問題意識を持つ」こと、そして、「変えようと思うこと」→「変えると決意すること」と状態の遷移が必要です。
そう、気付いたからってすぐには変えられないんですね。

私たちはそこでとても忍耐強く待つ必要があります・・・(笑)

さて、“その気”になったとしたら、提案したいことは山ほどあります。

好きなことって何?それを与えてあげましょう。
週に1日は少しでも早めに帰って自分の時間を作りましょう。
もっと自分に自信を持ちましょう。
自分がしていること、自分ができることにもっと価値を見ましょう。
知らず知らずのうちに引き受けた洗脳を解きましょう。
あなたは素晴らしい存在で、とても価値のある人、それを受け取りましょう。

麻痺した自分を取り戻すにはコツコツ続けることが大事です。
そもそもコツコツ抑圧してきたから麻痺してしまったわけで・・・。

もちろん、思い切り休みを取って海外逃亡し、アジアンエステで泥のようになるのも、南の島で現地人と紛うくらい日焼けをしても、大自然に触れて人間の小ささに気付いて謙虚になるのもOK。

いきなりそれが無理って方は、上のようなコツコツ型をまずは取り入れたいところです。

1か月続けたら、それなりの効果がありますね。
2か月ぶりにあった方の表情ががらっと変わっていて(本人は気付いてませんでした)、ちょっと驚いたことがありました。

まずは、自分から、です。

いきなり会社の体制に刃向うのも難しいでしょう。
昨日までやっていた習慣を急に切り替えるのも周りに迷惑をかけるでしょう。
そもそもそんな簡単に変えられるならとっくにできているでしょう。

だから、自分から、です。

自分に声をかけます。
自分が喜ぶことをしてあげます。それを探すことから始めます。
自分を労わります。
自分を笑わせてあげます。

「自分」に戻る時間を作ります。

まずは、そこから。

※そもそもカウンセリングやグループセラピーに来てくれる、というだけで、実に賞賛すべき大きな変化なんですけどね。

いつもありがとうございます。
参考になりましたらし幸いです。

心理学ミニ講座

あわせて読みたい