「問題」が与えてくれる恩恵と感謝。そして、本当の意味での問題解決とは?


表に出ている問題に目を奪われがちだけれど、本当はその奥にある原因に意識を向けていくと、やがて「問題そのものがなくなっていく」のです。

私のカウンセリング/セラピーの一つの基準となっているもの。
それが今日のテーマです。

私たちは「目に見えるもの」に意識を奪われやすくなりますね。
表に出ている問題、今早急に解決しなければと思える出来事。
当然ですけど、それによって感情がが揺さぶられ、何とかその状況を変えなければ、と思います。

でも、それは対症療法に過ぎず、根本的な解決には結びつきません。

だから、「夫に他に好きな人が出来て離婚したいって言って来たんです。私は離婚したくありません。どうしたらいいでしょう。」というカウンセリングでも、その思いを伝えさせていただきます。

「もし、旦那を今、取り戻すことができたとしたら、一時的に安心なさるでしょう。法律の力を借りたい、旦那さんの家族や友人、会社の助けを借りたりすれば、それも可能かもしれません。でも、きっとすぐに不安になると思いません?また出て行ってしまうのではないか?って」

「だから彼の意志で、彼が自分で選択して、あなたの元に帰ってくる、ということが大事ではないでしょうか?」

「表面的な出来事を解決したとしても、あなたの心に平和はやって来ないんです。そこで、なぜ、彼が浮気をしなければいけなかったのか?離婚を切り出さなければならなかったのか?そこに注目し、その根本的な原因を解決していくことをお勧めするんです。いかがでしょうか。」

そうして心の内を見ていくと、例えば、こんな背景が浮かび上がってきます。

・彼の愛情に甘えて、自分が彼を愛することを忘れていた。
・いつしか女としての自分を忘れていたし、彼のことも男として扱っていなかった。
・自分の実家との付き合いを優先させて、彼の実家や友人を蔑にしてしまった
・彼がセックスを求めて来てもたまにしか応じず、むしろそんな彼を軽蔑していた。

もし、あなたの中にあるこの問題が解決しなければ、彼が再び去って行く不安を拭い去ることはできないと思うのです。
そういう視点で見ると、彼のこの一連の行動は、あなたをもう一度目を覚まさせ、本来の自分に戻るためのきっかけを与えてくれたと見ることもできます。

・彼に甘えるだけでなく、自らも愛することの大切さを思い出させてくれた。
・女を捨てていたから、女であることを思い出させるきっかけを与えてくれた。
・自分の家族だけでなく、彼の家族や友人も大切にすることを教えてくれた。
・セックスの大切さをもう一度見つめ直すことができた。

そうすると、彼が浮気をして、離婚を切り出してくれたことに「感謝」すらできるようになるのです。
実際、私のクライアントさんの多くがこの経験を実感なさっています。

確かに最初、この話を聞かされると「???」な感じがします。
「そんなことして、向こうに子どもができたらどうするの?」
「調停を仕掛けられたら負けるんじゃないだろうか?」
「彼の心が離れてしまったんだから、いまさらそんなこと言われたって戻らないのでは?」
「そんな方法だと時間がかかり過ぎます。もっと早く何とかできないですか?」

そんな疑問や不満も出てくるでしょう。

そうした不安、怖れ、不満を感じつつも少しずつ自分と向き合っていくと、その意味が見て取れるんです。

そうするとこの問題が「離婚するかしないか?」「浮気を許すかどうか?」ではなく、「自分がどうあるのか?どんな妻、どんな女性であるのか?」という「自分の在り方、生き方」の問題となるのです。

だから、カウンセリングでは、「離婚するかどうかってあまり重要じゃないんです。それは結果ですからなるようになります。離婚したから不幸ってこともないですし、結婚を続けたからといって幸せではありません。」などと言うことを伝えてしまいます。

おそらく、それを聞いたクライアントさんはショックを受けられるでしょう。(ですよね?)
ただ、その問題を通じて、彼ではなく、自分自身に意識を向けていくと、徐々にそのことが理解できるようになるのです。

変えられるのは自分だけ。人は変えられない。

そうして、自分自身を見つめ、自分を癒し、自分を変えていくと・・・その結果の如何に関わらず、未来に希望を見ることができます。
自分らしさを取り戻すことで、自分のことが好きになり、自信が付いていきます。
そして、地に足が着いて安心感と共に毎日を過ごせるようになります。

不思議だと思いません?
この段階では旦那はまだ帰って来ていないのですよ?

「変ですよね?旦那はまだ離婚、離婚って言ってるのに私はとても落ち着いていて、毎日を楽しんでいるんです。私、おかしくなっちゃったんでしょうか?」

いえいえ、それはとても正常です!!

そこまで来ると、問題はほとんど解決しています。
旦那のことで自分が振りまわされることがなくなり、自分らしくいられるからです。

その時、自然と感謝できるんです。
今までの自分よりも今のほうがずっと輝いているし、素敵になっていますから、「良かった!!」と思えるんです。

そうすると「離婚かどうかって気にならなくなりました。どっちになっても私が幸せになれることが分かりましたから!」という思いに達します。

これが本当の問題解決だと思うのですがいかがでしょう?
そして、事実、旦那の動向に関わらず、自分は楽しく、幸せを感じているのです。

信じられませんか?
いえいえ、あなたもそんな体験ができますよ。
そのために、そう、もっと自分らしく生きるためにその問題をあなたが起こしたのですから。

 

★好評発売中!根本裕幸の近著。
こじれたココロのほぐし方 頑張らなくても愛されて幸せになる方法

あなたにオススメ