「自分のニーズ(依存心)に振り回されてしまうとき」


*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

弱いなあ・・・と思うと、また自分を責めて、また振り回されてしまいますね。
そんなこといけないなあ、とか、やめなきゃだめ、とか、そう思うことも同じですね。

コントロールできないもの、と思いましょう。


依存心は誰の心にもあります。
それに振り回されることだって人生の中には幾度もあります。

大人になったから、自然となくなるものではないんですね。

だから、振り回されてしまう自分のことも、愛してあげられるといいですね。

じゃあ、そんな依存心をどうしたら乗り越えられるのか?というと、それは「与える」ということ。
誰かのために、一生懸命になること。
誰かの喜ぶことを、してあげること。

たとえ、その人が受け取ってくれなくてもね。

与えてるときだけ、私達は依存心から抜け出せます。
与えているときだけ、わたしたちは、自分のニーズに振り回されなくて済むのです。

振り回されてしんどいときにこそ、与える、ことが必要なのかもしれません。

すると、また一皮向けて成長できますね。
成熟し、自由を手に入れられるようになるのです。

心の処方箋

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事