「未練を断ち切る」



*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

人や物への未練を引きずってしまうことが少なくありませんよね。
未練というのは後ろ髪を引かれるような、ついつい後ろ向きになってしまうような、先に進めない状態を招いてしまいます。

まだ処理し切れていない感情があるのかも。
やり残したこと、後悔、罪悪感、悲しみ、寂しさ、いろんな気持ちが心を過去に引っ張ろうとしてしまうんです。


それがすごく苦しくて、もう嫌だから、と未練を断ち切ろうとするのですが、時に未練パワーは強大で、決意した翌日にまた揺り戻されてしまうことも少なくないんです。

なぜ、未練を断ち切るのか?という目標(ヴィジョン)が明確になりきれないのかもしれません。

また、ずるずると未練たらしくなってしまうことにも、実は目的があります。
もしかしたら、未練を引きずることで彼を忘れないようにしているのかもしれません。

だから、未練を断ち切るには、新たな一歩に踏み出す、覚悟と決意、そして勇気が必要になるのです。(だから、ここでは男性性のエネルギーが必要ですね)

そして、もう一つの覚悟とは、すぐには抜け出せないこと。何度も何度もこの決意が必要であることを自覚することなんです。

未練を引きずるくらいパワーのあるものですから、そう簡単には断ち切れないんです。
だから、何度も何度も抜け出す覚悟が必要なんです。

もう辞めよう、もう苦しいから抜け出そう、そう思った翌日にまた戻り・・・
だから、いい加減にしてもう頑張ろう、もうやめようと決意した翌日にまた未練がじわっと湧いてくる・・・

だから、そこで自分を否定してはいけないんです。
決して何度も戻ってしまう自分を嫌悪してはいけないんですよ。

『ま、すぐには抜け出せないよね・・・』と寛容な目で自分を見てあげることも大事なんです。

それが、揺り戻しのリスクへの覚悟と言えるのです。

*まずは「決める」こと。
*ヴィジョンを見ること。
*そして、リスクを引き受けること。

心の処方箋
あわせて読みたい