[130]『好きな人ができない心理』と『彼氏いない歴コンプレックス』の克服法を知りたい。



<リクエスト>

20数年、男性とお付き合いした事がありません。なので全く女性としての自分や恋愛に対して自信が持てません。自分から誰かに恋をする事もなく『いいな~』と思う人はいますが、それ以上の感情が出てきません。いつか幸せな恋愛がしたいので『好きな人ができない心理』と『彼氏いない歴コンプレックス』の克服法が知りたいです。

(豆さん)


<根本からの回答>

焦らず、今あるものに価値を見よう!

『いいな~』まで行くのも小さくはないと思いますよ。

さて、なんで好きな人ができないか?と伺えば、私は男性との心理的な距離がすごく開いてしまってるんじゃないかな?とまずは思うわけです。

じゃあ、なんで距離が空いてしまったんだろうな・・・というところに意識が向きます。

1.お父さんとの関係はどうだったんだろう?
2.思春期までの異性との距離感はどうだったんだろう?
3.思春期(中~高校)時代はどんな女の子だったんだろう?

などのところをお伺いしてみたくなるんです。

例えば、思春期の頃から、すごく自分のことをひどく嫌悪するようになった・・・という場合、「こんな私はどうせ愛されない」という思いが芽生え、「愛されないのならば、始めから好きにならないようにしよう」という潜在意識が動いても不思議ではないですよね。

こうした『私はどうせだめよ』という無価値感は人を好きになることだけでなく、異性に近づくことも禁止しますよね。

だから、豆さんにとって、上の3つのテーマはどうだったんだろう?と考えてみると、その理由も浮かび上がってくるかもしれません。

方法論としては、男友達を作ることが一番おススメなのですが、なかなか難しい・・・という方は、ワークショップに参加してみるのもおススメしてるんです。
(テーマは何でもOK)

そこに来てる人と知り合ったり、話を深めていくのも克服に繋がるはずですね。

なお、もし良かったら、
[44]私に彼氏ができないのはどうして?
[81](続)私に彼氏ができないのはどうして?
も参照されてみてください。

さて、『彼氏いない歴コンプレックス』の克服ですが・・・。
それを悪いことと思わないことが一番なんですよね。

何かトラウマがあって彼氏ができないのであれば、ある意味、しゃあないところがありますよね。
いわば「幼い頃ずっと南米に住んでいたがために、顔は日本人でも、日本語をしゃべれない私」みたいなものと思ってもいいかもしれません。
ある意味不可抗力があるわけですから、コツコツと向き合っていく(日本語を学び続ける)ことが大切ではないでしょうか?

コツコツ、がポイントですね。

誰かと比較しないこと!も大切ですね。

さて、このコンプレックスですが、とってもしんどく、重たいものだと思うんですね。
だから、男性と知り合う機会があったら、最初にそれを伝えてしまう、というのはどうでしょうか?
後では言いづらいですから、はじめの方で。

そうすると、その人との関係も打ち解けやすくなるものです。

少なくても、なんでそうなっちゃったのかな?という点についてはとても興味を持ちますね。
一度、じっくり考える機会も持ってみてくださいね。
ありがとうございました。

=お勧め!エクササイズ=

【パートナーがいらっしゃる方へ】

パートナーに「一緒にいてくれてありがとう」を伝えてみよう。

【パートナーがいらっしゃらない方へ】

鏡を見ながら「私は愛されるに相応しい」と10回繰り返し言ってみよう。

男と女の心理学
あわせて読みたい