「願いを叶えたいとき」



*「こんなとき、どうしたらいいの?」にお答えする心の処方箋シリーズ*

叶えたい願いがあるとき、私達は素直にそれを認めることができません。
なぜかというと、怖れがあるから。
願う気持ちが強ければ強いほど、怖れもまた強くなります。

でも、それは同時に、あなたがより本気になるチャンスでもあります。

自分がそれを手に入れることを全身全霊で許してみましょう。


その願いを声に出してみてください。
そして、自分がその願いを叶える資格があることを宣言します。
「私はこの願いを叶えます」と言い切ってしまうのです。

そうして、まずは心を奮い立たせるのです。
怖れが強ければ強いほど、胸を張り、しっかりと宣言しなければ心は怯えるばかりです。
その怖れを越えてでも叶えたい願いであることを再確認するようなものです。

そうすると、もう半分くらいは願いが叶ったような気持ちがやっていきます。
もう既に願いが叶うことが決まっているような感覚です。
それは怖れを溶かし、自信を与えてくれるのです。

そこでは自分がもうその願いを叶えることを許していますから、胸を張って堂々とそこに向かって踏み出す事ができます。

怖れを乗り越えた自信はそれくらい大きなものなのです。

もし、あなたが叶えたい願いがあるのならば、ぜひ、胸を張り、自分の全身全霊に聞こえるようにしっかりと声に出してそれを宣言してみてください。

きっとそれだけで心は前に進み始めるのです。

心の処方箋
あわせて読みたい