(12/7)意地を張ってしまう時・・・。



久々に神戸は灘方面の温泉めぐりに出かけてまいりました。
とても良いお湯で、いやー、ふにゃふにゃです。
でも、この温泉、いつも冬に訪れるんですよね。
確か去年も12月に来てました。
帰り道。駅まで住宅街をてくてく歩いて行くんですが、神戸は違うなあ・・・オシャレな家が多いなあ・・・などと心地よい寒さの中、ぼーっと観察するのも面白いところです。

さて、JR六甲道周辺でお勧めのカフェ、ありませんでしょうか?
近くをうろちょろしてみたんですけど見つからず、結局梅田でお茶して帰りました・・・。
ここから山を登れば大学がいっぱいあるわけで、きっと良いところがあると思うんです。
ご存知の方、教えて下さいませ。

*--*--*--*--*--*--*--*

意地を張りたいわけじゃないんだけどね。
そんなことしても後から苦しむだけって分かってて、強がった瞬間に「やっちゃった・・・」と思うのに、でも、素直になれない。

仲の良い友達に、滅多に言わない愚痴をたれてみると「あんた、もっと素直になればいいのに」って言われる。

分かってるって。

だから、つい「素直になるってどういうことよ」って突き放してしまう。
つくづく嫌な女だと思う。

そうすると、友達は訳知り顔でふふーんとした表情を作ってる。
「あんた、それじゃあ、苦労するって」

そう言って貰えると、ふぅと息が付けるようでちょっと安心する。
そんな友達を持っていて良かったと思う。

昨日も待ち合わせに遅れてきたくせに「ごめん」の一言も言えない恋人に嫌味をたくさん言ってしまった。
「仕事が忙しい」とか「ちょっと抜けられない会議があって」とか、そんあ言い訳を聞きたいわけじゃないのに、こいつは何も分かってない。
でも、本当は何も分かってないのは自分の方かもしれない。

素直にね・・・なったら、どうなるんだろう?
楽になるのか?
今まで作ってきたものが意味無くなるんじゃないかとも思ってしまう。
やったことないから分からないし、怖いんだろうなあ・・・
だから、強がるのか・・・
馬鹿みたい。

「それって、苦しいじゃん」
歯に衣を着せない友達の声が聞こえるようだ。

楽になるってどういうことだろう?

また考えちゃった。

ちゃんと気合を入れて、いい女になってるつもりだけど、こんなんじゃ、ダメだな・・・。
恋人にしたって、あたしは扱いにくい女だろうと思う。
だから、時々あたしに内緒で溜め息付いたり、他で遊んできたりするのかもしれない。
あたしといても幸せじゃないんだろうなあ・・・きっと。

あ~あ・・・この頭を誰か思い切り殴って、めちゃくちゃにして欲しい。
そしたら、素直になれるかもしれない・・・



こんなあなたに役立つエッセンス。

1.自分に優しくすること。お風呂に入ったとき、ばかばかしさを感じながらも「よくやった。えらい。頑張ってる」って言いながら体を丁寧に洗ってあげよう。

2.あなたにとって信頼できる友達をとにかく3人選ぶ。で、思い切り恥ずかしいけれど「あたしのいいところ教えて?」と頼む。

3.「泣きたい自分」を許してあげよう。思い切り泣ける場所がなのだ、ということに気が付いてみよう。涙は「泣き落とし専用」ではないのだ。

4.セックスかオナニーで、思い切り乱れてみよう。たぶん、後者の方がやり易い。

どれもばかばかしいやり方かもしれないけれど、続けてみると効果ありだと思います。
「続ける」ことが肝心なので、一回やって「あほらしい」ってやめないで欲しいな。

どれも最初は「虚しさ」「惨めさ」「寂しさ」「怒り」「やるせなさ」などの感情を味わいます。
それが大事。
素直になれないのは、その感情を怖がってる自分がいるから。
そこを突き抜けられるのが課題。
そしたら、すーっと霧が晴れるように素直に、もっと明るく元気になれると思います。

心理分析的には・・・うーん。たぶん、お母さんとの関係に問題があるような気がします。
感情的なお母さんを見て、それを否定して、できるだけ感情を抑えるようにした過去は無いかな?
お父さんとの関係では、距離があるか、存在感が無いか、だと思います。

どちらにせよ、自立を手放して、依存を受け入れることが課題になることが多いでしょう。
つまりは「心、感情」にもっと意識を向けて上げられると良くなるかな・・・と。

あ、そうそう、「あたしは十分依存的なのに?」って思ったら、尚更、自立の問題ですよ。

あわせて読みたい