(11/19)ノックアウト



我が家の乳児に「だっこして欲しいの?おいで」というと、満面の笑みを浮かべて手をこちらの伸ばし、体を預けてきます。

あまりのかわいらしさにノックアウトされます。

でも、敵も然る者、何度も何度もやってると、パブロフの犬よろしく、何も言わないうちから手を伸ばして抱っこを要求してきます。

あまりの嬉しさにノックアウトされ、抱っこする回数が圧倒的に増えました。

まさに乳児の思う壺。

寝返りも自在に打てるようになり、遊びたい盛りの乳児は眠いのに暴れて抵抗し、やがてはお尻を半分上げたような微妙なバランスで眠りに落ちています。
まさに「志半ばで倒れる図」の如しです。
それもあまりにかわいいのですが、半分布団から足を出していたり、おもちゃ箱に突っ込むような姿勢だったり、隣の妻の布団の真ん中で寝そべっていたり、と絶え間なく笑いのネタを提供し続けてくれます。

しかも、起きている間はとにかく動き回ります。
落ち着きがありません。
赤ちゃんはこんなものかと思っていたんですが、一方では「誰に似たんかなあ?」と疑問に思っていたんです。
ところが、ある日うちの母殿が
「深希を見たい。抱っこしたい。」
と禁断症状に駆られてやってきたときに、

「うん。ひろちゃんも昔、こんなによく動いてたよ~」

と事の重大さをわきまえず平然とのたまったために、以後、妻は、
「パパに似たんじゃ、しょうがないわねえ~」
としたり顔で、深希に向かって話しかけ、僕の顔を見ては、にやーっと意地悪な顔を見せます。

何も悪いことではないのに、何かいじめられてるような気がするのは、被害妄想というものなのでしょうか・・・。

ま、深希もきっと大人になっても落ち着きのない女になるんでしょうね・・・ふふふ。

あわせて読みたい