11/6 東京・心理学講座



たくさんお集まりいただきましてありがとうございました。
アンケートにて頂きましたご質問に回答させていただきます。
参加されていない方にもできるだけ分かりやすいようにさせて頂いているつもりですので、どうぞお時間のある時にお楽しみ下さい。

*心理学講座(東京)*
2004/11/6(Sat) 18:30~20:30
五反田・ゆうぽうと

テーマ『ヴィジョンを見つけよう!』



Q.「こういう自分になりたい」というのはあるけど、その方法は?

A.講座のテーマとして扱ってもいいですねー。考えて見ます。
簡単に言えば、具体的に「これをする」って方法を考えるよりも、「こんな自分になるぞー」ってただ思っておくのが秘訣かもしれません。
そうした感覚的な目標(ヴィジョンといってもいいです)を持つと、その感覚が現実を引っ張ってくれるようになります。

「いい女になるぞー!」と思っていると、その思いがいい女になるチャンスを引き付けてくれるような感じです。
それは、自分にぴったり合った美肌美容液にふと巡り合うことかもしれないし、素敵な恋に落ちることかもしれないし、自分を認めてくれる友人に出会うかもしれないし、そこへ至るプロセスや方法はありとあらゆるものが考えられます。

これは逆に言えば「絶対、こうはなりたくない!」と思っていることが、現実的に起きてしまうことにも言えますから、ご注意を・・・。

Q.ヴィジョンというのはできるだけ具体的なことがいいんですか?

A.ヴィジョンが何か?というのは難しいんですけど、それが簡単に今日からでも出来るようなことで表現できたら凄く楽だと思うんですよね。
遠くの目標・・・という風に捉えてしまうと息が続かなくなりますから・・・。

ただ、どんな壮大なヴィジョンを描こうとも、今出来ることは限られていますよね。
そして、“今”の延長線上にその達成があるんですよね。
だから、できるだけ具体的なレベルに落とし込んでみる方が「やってみよう!」とか「やれるかも!」という気持ちは作りやすいと思います。

Q.受け取ることの大切さを踏まえたうえで、自分の中の発想も目指したい場合はどうなるのか?

A.それはそれで構わないと思いますよ。
自分の考えや発想に捉われて、視野が狭くなってしまうので「周りの人の声を受け取りましょう」ですから。
現実的には、自分の発想と周りの人から受け取る発想が相乗効果を発揮するケースが多いと思います。
ちょうど螺旋を描き、絡み合いながら昇っていくような感じです。

Q.自分の中で分かっている、知っている方法を具体的なプランに選んでしまいました。
これは自分のやり方に拘っていることになってしまっているんでしょうか?

A.そのプランを見て、わくわくどきどきしてくるなら問題ありません。
「規定路線」のように感じて、あまり魅力を感じないものならば問題ですね。
人から言われた意見でも、自分が知っている方法でも、自分にとって「いいなあ~」と感じられるものがベストだと思いますよ。

Q.東京での面談がとても取りにくいです。枠を増やすことはできませんか???(たくさん頂きました)

A.本当にすいません。皆さんから「予約が取れなかった~」という声を耳にすることが多くなりましたので、来年からは日数を少し増やすことにしています。
それでも限界はありますので、予約が取れなかった場合には「今回は必要なかったんだなあ」と思っていただけると僕も助かります・・・。

Q.感覚を満たしてあげることの大切さは理解できましたが、どうしても行動を起こして達成する部分の執着も捨てきれないです。

A.その行動が感覚を満たしてくれるとしたらどうでしょうか?結局は行動しないと何も変化はありませんし、時に頑張ることが必要なこともあります。
ベストな選択というのは、その行動を起こしたときに、どれくらい自分が満たされた気持ちになるか?とも言えますから、頑張り過ぎない程度に行動してみてください。

Q.具体的なアイデアよりも、抽象的な提案が多かったように思うんですけど、それで良いのでしょうか?

A.抽象化から具体化へ、という感覚で捉えてみるといいかもしれません。
感覚的に捉えることが大切というお話をさせていただいたと思いますが、それは方法論や現実に捉われすぎない、という意味で、現実を蔑ろにしても良い、というわけではないですよね。
最初は感覚的な、抽象的なところが大切なのですが、そこからは時間をかけながら具体的な道筋を描いていくのが理想的です。
その抽象的な提案を受け取って「さあ、具体的にはどんなことができるのかなあ?」と思い巡らせてみると良いのではないでしょうか。

Q.自分を「毒」と思っている人への接し方は?

A.こちらの心理学講座のお話ですね。
自分を毒と思っている人に対しては、その人の中の宝石の部分を見つめ続けてあげることが大切ですね。
それを自分が癒してあげようとすると、嫌がられたり、引きこもられたり、過剰に期待されたりして逆効果になります。
そういう気持ちも大切なことには違いありませんが、その人の価値、魅力を見て、伝えてあげることの方が偉大なことです。
相手によっては忍耐が必要な場面もすごく多くなろうかと思いますから、自分が根負けしないように接していくのもポイントですよ。

Q.自分勝手に意見を出すと「真剣に考えてよ!」と言われることもありそう。うまく伝える方法はあるのでしょうか?

A.この講座ではそういう風にしてくださいってお願いしましたけど、日常の中ではケースバイケースですよね。
ただ、自分勝手な発想が相手の気付きになることも凄く多いです。
(テレビや小説などからインスピレーションを受けるように)
だから、「ちょっと自分勝手な発想でごめんだけど・・・」と予め断っておくと、まだ相手には受け取りやすいかな、と思います。

Q.「頑張って手に入れよう」としていた目標があるのですが、それは「手に入れたいもの」ではなく「手に入れるべき」と期待してたものなのでしょうか?

A.はっきりと断言することはできないですけど、無理ない程度の頑張りだったら必要なケースはいくらでもあります。
でも、頑張らなきゃ手に入らない、と思っているものだとしたら、それはちょっと過酷なのではないでしょうか。

手に入れるべき、と思っていたものでも、考え方を変えれば、手に入れたいもの、に変えることもできます。
それは、その目標に対する過剰な期待や周りからのプレッシャーを取り除いていくことでできるのではないでしょうか。

それを手に入れることを考えたらワクワクドキドキするもの、がきっと本当に欲しいものだと思いますよ。

Q.講座をもっと開いて欲しいです。(たくさん頂きました)

A.ありがとうございます。講座の枠数は今後増やしていく方向で、また、講師も徐々に増えていくかと思いますので、様々な色をお楽しみ頂けるようになると思います。
ご期待下さいませ!

○頂いた感想、メッセージから○

「男性不信の私ですが、好きな人が出来ました。
 人間、変われるものだなあー。
 変わると出会う人も変わるものだなーと日々思うところです。」

おめでとうございます!!!!
(というのはまだ気が早いですか?)
僕も良い方向に行くことを願ってますよ!

「根本さん、最近痩せましたね~」

ありがとうございます(^^)
最近ようやく人に気付いてもらえるくらいになりました。
今回の出張中にもたくさんの人に言われたんですよー。
現実的にはピーク時よりも10kgくらい減ったんですよ~
すごいでしょ?
っていうか、10kg減ってようやく気付かれるってのが問題ですよねえ・・・

以上です!

ありがとうございました!

あわせて読みたい