(7/19)罪悪感のパターン


このところリフレッシュのために酸素を吸ってます。
テレビとかで話題になっていたらしく、妻やお義母さんから
「いいらしいでー。吸ってみたらー?」
と勧められて酸素エアチャージャーなるマシンを購入してみました。

ヘッドセットみたいなので、鼻のところから酸素がシューっと出てきて、あとは普通に呼吸すればいいんですね。
そうすると通常21%程度の空気中酸素濃度が30%になって体にとてもよいそうです。
頭がすっきりしたり、夜ぐっすり眠れたり、疲れが効率よく取れたりするんだそうで。

僕も以前から酸素を吸うと良いって話を聞いていたので、わくわくしながら毎日試してみるんですけど、鈍感なんですかね・・・あんまりよく分からないんですよね・・・。
確かに頭や肩などが軽くなったり、すっきりした気分になるような気もしますけど・・・。

・・・劇的な効果を期待してたみたいです・・・僕・・・。

21%が30%になるだけですし、そんな劇的な変化はあんまりないですよね。

・・・ということで、しばらく愛用してます。
少なくとも「酸素を吸ってるぞ!」というだけで、リフレッシュ感をヒシヒシ感じます(笑)

サプリメントなどをよく試してて思うんですけど、すぐに効果が出るものじゃないんですよね。
少しずつ知らないうちに効果が出てくるんですよね。
焦っちゃいけません。

ところで、以前、電話カウンセリング用にヘッドセットフォンを買ったんですが、酸素を吸ってる姿が妻からはカウンセリング中のように見えるらしく、
「なんか、仕事中みたいで話しかけにくいわー」
とのことです。

!!!

そっか・・・そういう使い道があったのか・・・。

※いや、別に、深い意味はないんです。ネタですよ、ネタ。

*---*---*---*---*---*---*

罪悪感・・・なかなか馴染みがあるようで、ないような感情かもしれませんね。

「自分は罪(悪いこと)を犯してしまった・・・だから、罰せられなければならない」という感情です。
犯罪に限らず、誰かを裏切ったり、嘘ついたり、傷つけたり、って思考や行為が作るものですね。

この感情が元で、パートナーとの関係を悪化させてしまったり、なかなか問題を乗り越えられないように自分を問題に縛り付けてしまっていることがよくあります。

「罰せられる」と思っていたら、パートナーとうまく行かなくなったときに、それが「罰」として受け取られてしまうんですよね。
「こうなったのも当然の報い・・・」のように。

だから、この罪悪感を手放そうとすると、言葉遊びみたいな抵抗が出てきます。

・罪悪感を手放すことに罪悪感を感じる

・自分を許すことに罪悪感を感じる

・罪で罪を重ねる

・修行僧のように常により過酷な状況を選択する

どれも意識的にしているものではないんですが、行動パターンや状況をお伺いしていると、こんな言葉がよく頭の中をめぐります。

だから、まずはそこに向き合うところが出発点になることも少なくないですね。

許しは最終目標として、まずは、罪悪感を手放すことにコミットメントが求められるんです。
これは絡みつく穢れを払いのけるような、浄化のような、そんなプロセスを作っていきます。
でも、洋服に付いた油のしみがなかなか取れないように、罪悪感も拭いきれない感覚が伴うんです(それが罪悪感の典型的な所作)。
それで、諦めてしまったり、大きな罪悪感を上乗せしてしまったり、ほんとにあらゆるところに罠が潜んでます。

一つ一つを受け入れ、見つめ、理解し、許すこと。
気長に気長に・・・ということが何よりも大切ですね。


関連記事