(7/16)一歩前に出る

暑いなあ・・・と思っていたら15日の最高気温(大阪)は35度だったらしいですねー。
そりゃ暑いはずですね・・・。
この気候があと2ヶ月続くと思うとブルーになって少し涼しくなれるかもしれません(笑)

そんな中、髪を切り、メガネを新調し「少しだけ夏向き(奥様談)」になってみました。
買い物帰りにちょこっと寄ったTina’s Cafeのテキーラトニックがとても自然で美味しくて、ふーっと一息ついてすごく落ち着けました。
やはり命の水なんですね、アルコールって(笑)
理加はハイネケンを美味しい美味しいとごきゅごきゅ飲んでました。
幼児は何ももらえず、空調を控えめにしたそのカフェで、暑いわ、眠いわ、お腹が空いたわで、途中から騒ぎまくっておりました。

*--*--*--*--*--*--*

大きな問題にぶち当たったりすると、不安で、怖くて、どうしていいのか分からなくなって、立ち止まってしまうことが少なくないですね。

でも、そんなときにも必ず「次の一手」はあるものです。

目標やゴールというものはすごく遠くにあるように感じるものかもしれませんが、そこに至る道は目の前の一歩から続いていくものです。

その一歩先は闇の中で、もしかしたら奈落の底のような感じがしてしまうかもしれません。

だから、その中を一歩一歩進んでいくことは、一つ一つ自信を高めてくれるのです。

自信が付いたら一歩進めるのではなく、一歩出ることが自信を作ってくれるのです。

大きく息を吸って、ゆっくり吐いて、一歩前へ。

怖いけれど、不安だけれど、自信がなくて当たり前だから、一歩前に踏み出してみる。

それが出来たとき、すごく小さなことであっても、自分を褒めてあげることができるのです。

この感覚はセラピーの中で作っていくこともありますが、その踏み出したときの感情、感覚がとても自信を深めてくれます。

そして、その一歩一歩の積み重ねがゴールへと自分を導いてくれるのです。

それは今、あなたが出来る何かがあることを示しています。

一つ一つ、丁寧に、丁寧に、足を踏み出してみましょう。

そして、また次の一手を受け取るのです。


関連記事