(7/10)名古屋にて(1)


荷物の都合上、Tシャツにジャケットを羽織って名古屋に降り立ったのですが、めちゃくちゃ暑い・・・。
すれ違うサラリーマンの皆さんをとても尊敬します。
僕もかつてはサラリーマンだったんですけど、内勤が多いですから、夏はジャケットを着ないで行ってたんですよね。
でも、新幹線の中は比較的涼しく、乗客の少ない「ひかり」を利用したため、ちょっと体が冷えてたようで、しばらくの間はその暑さもじわーっと気持ちよいくらいでした。
しかし、しかし、名古屋駅で新幹線ホームから中央線ホームへ移動する間にすでにその暑さは苦痛に変わり、金山についてホテルまでの1分の間には汗がしたたり始めました。

お陰で部屋に通されて真っ先にシャワーを浴びることになりました。
それも気分転換に良かったんですけどね。

*-*-*-*-*-*-*-*

翌日、金曜日のホテル周辺は熱風が吹き荒れておりました・・・。
これまた涼しいホテル内の生活に慣れていたため、外に出るとじわーっと熱気が気持ちよいのです。
ただ、それもしばらくの間で、後はここは熱帯か?と思わせる灼熱の太陽に照らされていて、汗をかくというよりも、焼ける、焼ける、痛い、という感じです。
でも、ホテル前の熱風に煽られながらぼーっとしていると、その風の強さが気持ちよかったりして、面白い発見でした。

今頃の太陽は1年で一番勢いがあるらしく、梅雨のためそれほど例年は目立たないのですが、晴れたら痛いくらいの日差しになるのは当たり前なんですってね。

*-*-*-*-*-*-*-*

前回の出張時は大阪に帰った後に喉頭炎になって寝込んだ教訓から、早めに寝ることを心がけています。
昨晩なんて12時には眠ってました(12:04着のメールに気付かなかったくらいですから)。

いやー健康的だなー!!と朝、すっきりして目を覚ますと、外は雷雨でした・・・(笑)
ニュースによれば新幹線も在来線も一部停まっているようで、お客さまも30分ほどその影響で遅れられるそうです。

珍しいことはするなってことですかね・・・。


関連記事