(5/20)男の子だから・・・



雨がしとしと降っていると、心なしかカウンセリングの雰囲気も淑やかな感じになります。
内容が変わるわけではないと思うのですが、人だけでなく、天気のめぐり合わせも縁なのかな・・・などと思ってしまいます。

よくご相談内容やテーマがその日、その週で似通ってる、なんて話をあちこちで(典型はこのコラム)させてもらっているんですけど、そこに『天気』という要素も加わると、3次元の不思議な世界が見えてくるような気がします。

気の持ちようなのか、感覚的なものなのか、はたまた、縁というものの深みなのか、考え始めると訳が分からなくなるので、何となく閃いて「おもろいな~不思議やな~」とだけ思っておくことにします(笑)

*---*---*---*---*

ちょっと引かれるかもしれないんですけど、今ね、「フェルマーの最終定理」が証明されるまでのドラマを描いた同名の本を夢中になって読んでいるところなんですね。(これです)
別に数学本というわけではなくて、ドキュメンタリーなんですね。
色んな数学者が3世紀もの間、チャレンジしてきた壮大な歴史本のような感じで、文章も面白くドラマティックに描かれていて、すごく面白いんですよね。
NHKの「プロジェクトX」のような感じかなあ・・・。
僕はプロジェクトXを見て、感動して、涙ぐんでしまうこともあるんです・・・。

元々こういう数学的なものが好きだったこともあって、久々に胸躍る体験をしています(^^)
「背理法かあ~、あ~懐かしいぃ~」とかなんて思うこともあって。
「へぇ~」と思うところもたくさんあって、久々に学生気分を思い出したりしました。

しかし、数学的な思考というものは、時を経ると思い切り退化するものでして、論理的な話が出てくると、頭がこんがらがってくるんですよね・・・。
(そういうときは深く考えずに、ドラマの展開だけを楽しむようにするんです。そうして、また論理的な思考がますます退化していくんでしょう・・・)
感覚的、感情的な仕事をしてるせいもあるんでしょうけど・・・。

引きました?
それとも、「やっぱ、男の子なんだねえ」とか思いました?

*---*---*---*---*

ベッドに寝てモゾモゾ動いてる深希をビデオに収めようと思ったんですね。
そしたら、録画スイッチを押した直後に、彼女は口元に落ちてたおしゃぶりをプイッと投げまして・・・。

あんた、狙ってた?

投げたつもりもなく、たまたまおしゃぶりが指にひっかかり、そのまま手を振ったら、おしゃぶりが飛んでいったんだろうと思いますが、びっくりしました。

因みに、今までケータイのカメラ(写メ)やデジタルビデオカメラで深希を撮影したことはあったのですが、家のデジカメでは一度も撮影していないことに今日気付きました・・・(笑)
気付けば気付いたで、早速撮りまくるアホなパパとママです。

あわせて読みたい