(5/21)何を見てるの?



台風が近づいてきてるみたいで、夕方からけっこう強い雨が降り出しました。
そんな雨の音を聞きながら、カウンセリングルームのマッサージチェアでぼーっとしていると「そっかー、俺って、カウンセラーやってるんだよなあ・・・」と今更ながら思いました(笑)

変な話かもしれないなのですが、カウンセラーという仕事って昔から興味はありましたが、まさか、本当に自分がそうなれるとは思っていなかったので、時々、ふとそういうこと思うんですよね。

それと、時々、すごく怖くなることもあります。
このままでいけるんだろうか?
もっと成長できるだろうか?って。
そういうときに「まあ、だいじょうぶよ~」という妻の声が大音量で聞こえてきたりして、ああ、支えられているんだなあ、と思ったりします。
(同時に「まだ、そんなこと言ってるの?」という白い目も浮かんで、寒い思いもしたりします)

テレビを見ていたら、商社マンを脱サラして焼き鳥屋さんを始めた方が、その予定を奥さんに伝えたら、泣いて反対されて、説得に1年もかかった・・・という話をやっていました(関西ローカルの番組)。

僕の場合「あのー、会社辞めてカウンセリング一本にしようと思うんだけど・・・」と言い終わらないうちに「うん!いいね!いつ?もうすぐ辞められるの?えーっ?来年?もっと早くならないの?これでいつも一緒にいられるねっ!」と目を輝かされたことを思い出しました。

よく「愛よりも金だよ」なんて言葉もありますけど、うちの奥さんの場合は「金より愛情」なんですよね。
カウンセリングがキャンセルになったりしたときも「良かったね!一緒にいようね!」とか言う人だしね。

その性格のお陰で随分と楽させてもらってます。

僕も元々お金については母殿が呆れるくらい楽天的なところがあるんですけど、こういう奥さんの前ではついつい悲観的になってしまうものです(バランスの法則により)。
だから、ついつい不安になったり、悲観的になってしまうんですけど、実際は貯金よりも「今を楽しもう!」ってシティホテルや旅行に出かけますしね。
思いと行動が一致してないなあ・・・。

こんないい加減なパパとママを選んだ深希(みずき)というのは・・・とてもしっかりした女の子に育つのではないでしょうか?

そして、日々成長し続ける深希は、声や歌に反応してニコニコ笑うようになってきました。
ひとりでご機嫌に「ふぁ~」「あぁ~」とか言ってるときもあります。
かわいいんですよ~それが~

でも、空間の一点をじーっと見つめて何かしゃべってる姿を見ると「あんた、何を見てるの?誰かいるの?」って聞いてみたくなるんです、無性に!
何を見てるんでしょうね・・・???
ああ、教えて欲しいぃ!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5/20は電話カウンセリングの予約受付開始の日でした。
6/6まで、枠数は実はそんなに多く準備できなかったんですよね。
20枠弱でしょうか。

12時になると同時にたくさんの予約の電話がかかってきたようで、ひっきりなしに予約受付のメールが僕のケータイに飛んできました。
「待っててくださったんだなあ・・・・」「ちゃんとこの日記やスケジュールを見ていてくれてるんだなあ・・・」と、ありがたい気持ちで一杯になりましたし、少し嬉しい緊張感がやってきます。

でも、夕方になる頃には全て埋まってしまっていて、その頃からちょっとずつ罪悪感がひしひしと湧き上がってくるんです・・・。

実は20日は用事があって、少し予約センターに顔を出していたんですね。
その間にも何回か電話が鳴って受付スタッフが「すいません・・・。もう一杯になってしまって・・・」とお断りする声を耳にしました。
うー、胸がいてー・・・。
その場で電話を変わって「いつがよろしいですか?その時間に合わせますよ!」とか言いたくなってしまいます。

東京や名古屋での予約を開始するときも、同じようなことが起きます。
待っててくれてるんだなあ・・・という気持ちと、予約が取れなくて「あ~あ・・・」と思われた方の気持ちを察して罪悪感を感じるのと、複雑な気持ちをいつも味わっています。

それだけ待っててくれる人がいるなら!と、スケジュールをできるだけフルタイム入れると、今度は僕の体が壊れてしまうんですよね。
(体だけじゃなく、家庭も壊れそうになったりして(笑))
これは東京へ出張するようになって、この1年、ずっと葛藤しながら学んできたことの一つですね。

きちんと休息を取り、余裕を持ちながらじゃないといいカウンセリングはできないんです。
こちら側のバランスが崩れてしまっているのに、心を扱うなんてとても危ないですからね。

きっとこの葛藤はずっと続くのかもしれないですね。
贅沢な葛藤・・・だと思うんです。
でも、困ってる方や道が見えなくなってしまってる方の話を聴きたくて、何とかしてあげたくてこの仕事してるのに、その気持ちに十分応えられないっていうのは・・・葛藤しますよね・・・。

でも、その分、話し中でも諦めずにチャレンジして予約してくださった方のために、そのエネルギーをぐぐぐっと振り分けて行きたいと思うんですね。
いつもそうですが、スケジュールを僕の都合で決めさせていただいてる以上、そこでは常にベストを尽くしたいですね。

初めてお話する皆さん、お楽しみにっ!!

あわせて読みたい