(4/2)ストレスが溜まる時



一緒に桜でも見ようかな・・・と思いながら妻の実家に向かうと、先方ではすっかり「今夜は久々のデート。近くのカフェにご飯を食べに行く」ということで家族の意見が統一されておりました。
ほんと久々のデートで、妻曰く「ちょっと前はおなかの中にあの子がいたんだから、本当に二人のデートって去年の7月以来よね」とのこと。
確かに。
一緒にいると僕もお腹を意識してしまいますし、メニューを見ても、「これ食べれる?」と気にしてしまうところがあります。
まだまだ妊婦感覚はお互いに抜けないようで・・・。

また妻はお腹がすっかり元通りになっていることに非常に違和感を覚えるらしく、何度も「あー、お腹が引っ込んでるー変な感じー信じられないー」と騒いでいました。

・・・うらやましい・・・。

以前からちょっと僕も気になっていたカフェに行ってみると、なかなかよいイタメシのお店で値段も手ごろで味はとてもグッド!
とっても得した気分になりました。

でも、アルコールのメニューを見てびっくり。
ちょっと街から離れた店なのに「シャトー・ムートン・ローシルト」がおいてありまして・・・。
(僕も名前しか知りません。以前ワインショップで恐る恐る手に取ったことはありますけど・・・。
 確か、映画「007」シリーズでジェームズ・ボンドがオーダーしたワインですね)

ここでのお値段は¥68,000也。
ちなみに某リッツ・カールトンホテルのフレンチレストランでは1杯¥5,000でした。

誰が頼むの?そういうの飲むお金持ちがこの付近には住んでいるの?この辺って一人暮らしの社会人とか学生が多い街じゃないの?と思わずツッコミをいれずにはおれませんでした。
(もちろん、心の中で・・・(笑))
他にも高いワインが色々おいてあるそうで、お店のオーナーのこだわりが見て取れました。

そんな高いワイン飲んだこと無いんですけど・・・ていうか、まだ多分味は分からないと思うんですけど・・・でも、堂々とメニューに書かれていると「飲みたい。一度飲んでみたい」という気にさせられますね・・・。
(あっ、こういうお客心理を突いてる???僕、まんまと嵌りかけてる???)

因みに今日飲んだワインはハーフで¥1,200のチリ産のものです(^^)
この値段でも十分美味しいのがいいところですねー。

久しぶりにワインを飲んだ妻は1杯ですっかり酔ってしまったようで「安い女や~」と遊んであげました。
そこで「そうよ、あたし、安い女なの。いっぱい口説かれたいから」とさっと返してくるところが怖いところです・・・。
成長したよね、奥さん・・・。
強くなったよね、奥さん・・・。
なんか、今夜は冷えるね・・・。

*---*---*---*---*

カフェで妻と最近あったことを色々話してたんですが、そこで気付いたことがありました。

今週の僕はどうも欲求不満というか不完全燃焼気味というか、そんな状態だったんですよね。
疲れが取れないなあ・・・とか、イライラするなあ・・・というときもあって、何でだろう?と思っていたんです。
とはいえ、カウンセリングをしていたり、こうしてコラムを書いているときは、全然そんな気分にはならないので、不思議で・・・。

で、そんな話を妻としていたら、あることに気付きました。

「あ、俺、したいこと、このところあまりしてねーなー」と。
カウンセリングや文章を書くことは好きなことなので、その時は全然平気なんですよね。
むしろ、いつもより元気なときも多いくらいなんですよ。
でも、いろいろと雑用があったり、怠け癖が出てゲームばっかりしてたりで、自分がしたいことをする時間が必然的に削られてしまっていたのです。

うん。それだ・・・。

僕たちは嫌なことを我慢してするのと、好きなことを我慢してしないのとどっちがストレスになると思います?
どっちも強いストレスだと思うのですが、実は後者の方が心理的に与えるストレスは大きいんですよ。

仕事が忙しくてストレスが溜まって・・・というのも実際ありますが、正しくは、仕事が忙しくて好きなことをする時間が取れなくてストレスが溜まる・・・と言う方が適切な場面も多いと思います。
(何が好きなことかが分からなくなっていたとしても・・・)

だから、そういうときは「好きなことをする」「したいことをする」というのが解決方法になります。

カウンセリングの中でも、仕事や男女・対人関係などで「すごく疲れてるみたいですよ」というお話になることも多いんです。
その時に「お休みを取って下さいよ、思い切って」と提案することも少なくないのですが、この「お休み」というのがポイントなんですよね。
家でぼーっとしてることを「休みを取る」というんじゃないんですよ。
それではぼーっと仕事のことばっかり、裏切った彼のことばっかり考えてしまいます。

それも選択の一つではあるかと思うのですが、それよりも「好きなことをする」ということが「休みを取る」ということなんです。

好きなことをしていると、楽しみや喜びのエネルギーがどんどん自分の中に入ってきます。
それがリフレッシュであり、気分転換であり、癒しになるんですね。

それくらい「好きなことをする」というのはすごく大切ですし、逆に「好きなことをしない」ということは、すごいストレスになってしまうんです。

というわけで、僕も「好きなことをしよう!」と思いまして、早速、そのカフェでたくさんお酒を頂いたのでした(笑)
お陰で僕もとてもいい気分になりました。

そして、「明日(2日)は好きなことをいっぱいやってみよう!」と思ってみたら、なんだかとてもワクワクしてきてしまいました(^^)

あわせて読みたい