(2/5)自分を大切にする方法



天気が良かったので、買出しに出かけた帰りにいつもと違う道のりを探検してみました。
1.5リットルのミネラルウォーターを3本片手に(←無謀・・・)。
古い石畳の路地をくねくね入っていくと、ちょっと懐かしい感じの家々が立ち並んでいて、なんだか気持ちよいんですよね。
友人が「東京は最新のものもあるけれど、他では廃れてしまった古い日本も残ってる」って言ってたのを思い出しました。
ただ、あまりにくねくねしすぎて、ちゃんとしたところに出られるんだろうか?迷子になったら恥ずかしいけど、後戻りするのはもっと嫌だ・・・なんて一抹の不安を感じながら路地を進んでいくと、無事、泉岳寺の脇に出て来れました。
天気のいい日には散歩するにはちょうど良い道です。

さて、4日のテーマは「自己嫌悪」かな・・・。罪悪感、無価値感などからやってくる自己嫌悪。
どうしたら自分を好きになれるんだろう?ってお話をたくさんしたような気がします。
「色々試したんですよ・・・でも・・・」て思われる方も多いんじゃないでしょうか。
自分を好きになる、自分を大切にする。
分かってはいるけどなかなか難しいテーマですよね。

そういうとき、僕はこんな質問をするんですよね。
「もし、大阪に行こうと思ったら、どうやって行きますか?」
『えーっと、新幹線とか飛行機ですよね・・・。
 あと、船でも行けますし、夜行バスって手もありますね。』

僕は続けてこんな質問をするんです。
「それって、どこから出発することを前提にしてます?」
『え?あ、あぁ、東京ですけど・・・』と東京の方は答えられますね。
これを読んでいる皆さんもたぶん自分が住んでいる地域から大阪へ行くことを前提にしてると思うんですよね。
(そういう意味で大阪の方にはあんまり面白くない出題でしたよね。『え?おれ、もう大阪にいるけど?』みたいな。もちろん、大阪の方には『東京に行くには?』って聞いてます)

自分の今居る場所が分かって初めて大阪に行く道筋を立てられます。
もし、今自分がハワイに居るとしたら、「新幹線」という選択肢は出てこないと思うんです。

自分を大切にしよう!って目標を立てる(=大阪に行く)とき、すぐに僕達は「どうやって?」と方法を考え、方法に拘ってしまいます。
新幹線がいいかな?飛行機がいいかな?という風に。

でも、まずは自分が今どんな状態なのかをきちんと受け入れることが大切なんじゃないでしょうか。
「自分を大切にしよう!」という目標を立てるとしたら、今ここに居るのは「自分を大切にできない自分」なわけですよね。
でも、その今の自分を否定してしまったとしたら、自分の居場所は分からなくなってしまいます。

ちょっとややこしい表現になりますけれど、自分を大切にするには、まずは「『自分を大切にできない自分』を大切にする」ということが必要になってくるわけです。
つまりは、今の自分にOKを出してあげることです。
「それだけ辛い思いをしたんだから、なかなか自分を大切にできないよな・・・」
「彼氏にすごく悪いことをしてしまった・・・と思ってるとしたら、大切にする前に自分を責めてしまうよな・・・」

OKを出す、ということは、自分を理解してあげることです。
一般論では、常識では、世間的にはダメなことでも、感情的に見れば理解できることはたくさんあります。
不特定多数の異性とすぐに関係を結んでしまうのは社会的に見ればあまりいいことではないのかもしれません。
でも、すごく寂しくて、辛くて、誰でもいいから傍にいて欲しい・・・そんな切ない思いが募れば、いけないと分かっていても、人肌を求めてしまうものなんだろうと思います。
良いか悪いかはさておいて、感情的に見れば、理解できる行動はたくさんあるものです。

そうして、自分を受け入れていくことができた分だけ、心がホッと安心します。
その安心が余裕を作り出し、目標である「自分を大切にする」ということへ向かいはじめます。
頑張って変化しなくても、自然に変化が起これば素敵ですよね。

あわせて読みたい