「起きてることはすべて正しく、それを望んでいる自分がいる」という前提で現実を見てみると「なるほどな~」と辻褄が合う心理が見えてくる。



「なんでこんなことになっちゃうんだろう?望んでなんかいないのに!」という現実が起きることってよくあるのですが、その心の中を掘り下げていくと「なるほどー。だからなのかー」と納得できる理由が見つかってきます。
今日はそんなお話を事例を交えてお届けしたいと思います。

根本先生、ユーモアありがとうございます。いつも記事、私のことかと。。

ヘラクレスくんって誤解して間違って捕まえてしまったみたいなんですけど?
好きだけど、リリースしたほうがよい気がしています。
私は、男性に癒されたいです。守ってもらって本当は、癒したいわけじゃないんです。

以前の記事で、
・札束をぶら下げながらスラム街を歩くんじゃなくて、ちゃんと信用できる銀行にお金を預けて、自分の身を守る術をきちんと整えてからスラム街の男たちを助けに行くことができる
→難しいー。
・癒されたいのに、頼りないヘラクレスくんを選んでしまった私に、どう進んでいくべきか、ヒントをください。
好きには好きなんです。ただ、実際はかなり頼りなかったんです。キツいです。
(Nさん)

パートナーシップの問題に限らず、仕事の話でも「なぜそこに行っちゃったんでしょうねえ?」という話をよくしています。

相変わらずうちの読者様は「そういう男、よー見つけてきたねえ?」という探索能力が高いようで、マニアックかつレアなアイテムをよく手に入れられてますね!

で、そういうときによく「本当はもっと○○な人がいいんですけれど、でも今の人はそうじゃないんです!」という訴えが出てくるものです。

この○○には様々な用語が入ります。

・頼りがいのある人
・器の大きい人
・あたしを大事にしてくれる人
・稼ぎの良い人
・家庭的な人
・自立してて自分のことは自分でできる人
・既婚者じゃない人
・体の相性がいい人
・ちゃんと仕事してる人
・ウソを付かない人

等々。みなさまの場合はいかがでしょうか?

Nさんの場合は

>私は、男性に癒されたいです。守ってもらって本当は、癒したいわけじゃないんです。

ということで「頼りないヘラクレスくんを選んでしまった私」がいるわけですけれど、なぜ、そんなことが起きてしまうのでしょう?

そういうときに心理学ってのは非常に役立つものでして、「なるほどー。そういうことなのかー」という答えを与えてくれるものでもあります。

例えば、こういうご相談があるわけです。

「ほんとはさっさと仕事を辞めて専業主婦だったりパートだったりして責任のない気楽な生活を送りたいんですけれど、旦那さんの稼ぎがそんなに多くなくてまだまだ頑張らなきゃいけないんです。働くことは嫌いじゃないのですが、今の仕事はちょっと負担が大きいんです。」

そういう話をふむふむと聞きながらこういう風に考えるんです。

「ほんとうに専業主婦になりたいんだったらこの旦那さんとは結婚しなかったはず」
「今の仕事が苦痛だから専業主婦希望なんだけど、ほんとうは仕事人間なんじゃね?」

けれど、そこで「じゃあなんで今の旦那と結婚したの?年収は分かってたんでしょう?」という風に質問しますと「性格が良かったから」「好きになったから」「ちょうど適齢期だったから」等々の答えが返ってくるのですね。

そうすると「じゃあ、彼の年収よりも性格や好きって気持ちの方が大事だったんだよね?」という話になるのですが、そうお伝えすると「まあ、そうなんですけどー。」という風に苦虫をかみつぶしたような顔をされるわけです。

もちろん、そのとき心の中では「こいつ嫌なことを言いよるな。そんなことは分かってんだよ。」という声が鳴り響いているのでしょう。

そこで怯まずに「ほんとうに専業主婦とかパートが自分に合ってると思う?そういう生活ができると思う?」と追い込みをかけるんですね。

そうすると「うーん・・・。」と棋士のように長考に入られて、「分かんない」などと苦しい答えをされるのです。

私たちは感情の動物なので、その時々の感情に支配されて生きています。

だから、「性格がいいのはやっぱり大事!ありがてぇ!」と初めの頃は思っていても時と共にそれに慣れてしまうと「性格がいいのは当たり前」という前提ができあがり、だんだん彼にないものを求めるようになるのです。

これが欲求(ニーズ)です。

人間は欲深い生き物ですから、満たされていることに感謝できるのも最初のうちで、それが当たり前になってしまうと、もっともっと!と求めるようになるんです。

もちろん、それは相手の問題じゃなくて自分の心の問題で、自分の中に欠乏感・不足感があって、その感情を彼に埋めてもらおうとする心理が働いているわけです。

だから、相手に対する欲求(時にそれが「期待」になります)は天井知らずになってしまいます。

しかも、「今、仕事が辛い」のであれば、そこから「逃げたい」と思うのが人の心ですから、その逃避先として「専業主婦・パート」という形を求めるようになるのですね。

それで「旦那の稼ぎがもっと良かったら専業主婦になれるのに」と思うのですが、じゃあ、果たして専業主婦がほんとうに気楽な商売か?と言われるとそれはまた別問題になるのです。

で、そうした表面的な感情に突き動かされてる私たちなのですが、心ってのは地層のように何層も感情が折り重なっているものですから、そこを掘り下げて行けば、表層を覆っている感情とは違う感情がその中から出てくるものです。

つまり「あなたの本当のニーズは何でしょう?」という話です。

心の深いところで「専業主婦になりてぇ」と思っていたら、「性格も良くて、私が大好きになれて、稼ぎもよくて、足が臭くない人がいい!!」という前提で旦那探しをするはずです。

だから、専業主婦になれるほどの稼ぎがない人にははじめから惹かれないのです。(←ここ、めちゃくちゃ重要。納得できなくても重要!)

そう言えば、コロナきっかけで夫婦で田舎に移住したクライアントさんがいらっしゃいました。

都会の生活に疲れ、オンラインで仕事ができるからと自然の多いところで生活を始めたのですが、数か月経つ頃から不満が続出するようになりました。

生活は楽になったし、自然が多いところは癒されるし、すごく良いのですが、一方で、何をするにも車が必要だし、以前好きだった都会的なカフェとかレストランは皆無だし、友達に会いに行くのにすごくエネルギーを使うし、ということで「都会に戻ろうか?」という話をされてるそうです。

「都会に疲れた」→「癒されたい」→「田舎に住めばこんなストレスは感じないだろう」→「幸いオンラインで仕事ができる」→「じゃあ、田舎に引っ越そう」という心理が働いたわけですが、お気づきの通り、「疲れたから癒されたい」のであって「ほんとうに田舎に住みたいか?田舎が自分たちに合っているのか?」という検討はなされてなかったのですね。

もちろん、田舎に引っ越して「幸せだー!」と感じている人も多い一方で、「やっぱり都会がいいよね」と思うようになった人も少なくないと思います。

だから、「田舎に住むのは癒されるためで、そこに不満が出てきたってことはその疲れが癒されたってことなんでしょう。だから目的を果たしちゃったから都会に再び戻りたくなったんじゃない?」などとお伝えしました。

よく私のブログなどでも「本音は何?」という話が出てくるのですが、表面的な感情に突き動かされることを受け入れた上で、「じゃあ、本音って何だろう?」というところまで意識を向けることはすごく大事なことです。

つまり、ずいぶん話が逸れてしまっているのですが、Nさんのお話にある、

>私は、男性に癒されたいです。守ってもらって本当は、癒したいわけじゃないんです。

という箇所を見れば「ふーん。それが本音なん?違うんちゃう?」と解釈するわけです。

だって、ほんとうに癒されたいんだったら癒してくれる人を見つけるでしょ?頼りがいのない人は最初っから対象にすらならないでしょ?というわけです。

そこでお伝えしているのが「起きていることは正しい」という法則です。

何が本音かって突き詰めるのって難しい、様々な感情が邪魔してとても一人ではその本音にたどり着くことが難しいケースも多いです。

だから、「起きてることから本音を知る」ということです。

すなわち、本当は自分も仕事したいし、仕事が好きだから専業主婦にはなりたくないし、本当は都会が好きだから田舎暮らしに不満が出てきて都会に帰りたくなるのです。

癒されたい、守られたい、という気持ちもウソではないのだけど、ほんとうは、頼られたい、癒してあげたい、という自分がいるからこそ、そういう彼のことを「好き」になっちゃうんですね。

心の深いところにある本音はなかなか自分では見えません。
けれど、起きてることはその本音(潜在意識)が創り出しています。

だから、表面的には望んでない現実が起きているということは、心の深いところで「それを望んでいる自分がいる」ということを表しています。

「もういい加減、ヘラクレス君と出会いたい!!」と思っているにもかかわらず、じゃない君を引き寄せてしまうってことは、本音ではヘラクレス君を望んでない自分がいるってことなんです。

だから、「なぜ、ヘラクレス君じゃいやなの?」という表面的な欲求とは真逆の質問が潜在意識というか本音を知るきっかけになるんですね。

もちろん、人は間違いを犯すこともあります。

「あれ?本音と違った?」と思えば、修正することができます。

「田舎に暮らしてみたけど違ったわー。じゃあ、都会に戻るわー」という風に。

そこで「なんだかんだ自分たちは都会の暮らしが好きなんだよね」という本音を知ることができれば、幸福度はグッと上がりますね。

そして、現実を創り出している潜在意識に心の傷が刻まれていることもあります。
だとすれば、その傷を癒していけば潜在意識のあり方が変わるので、現実も変わっていくのです。

そして、こういうときは「自分ではこういう男は望んでないはずなんだけど、なぜかこの男のことが好きになっちゃった自分がいる。なんでだろう?」という風に見て行きます。

そうすると「ああ、今の彼が結局自分にフィットしてるし、ある意味、都合がいいんだよね」という話になるものです。

例えば、Nさんのケースで言えば、頼りない彼をヘラクレス君だと思っちゃったのですが、逆に「頼りない彼だからこそのメリット」って何もないんでしょうか?

自分が好きなようにできる。
相手に気を遣わなくて済む。
頼られるのはイヤな気にならない。
自分が主導権を握れる。
競争に負けることがない。

様々なメリットが想定できるのですが、実際はどうでしょうか?

起きていることが正しいとして、それで今の彼を好きになっちゃったという仮説を立てるわけですね。

つまり、一時的な感情で「頼られるのはイヤ!頼りたい!守られたい!」と思っているだけで、本音はそうじゃないのかもしれないわけです。

一方、Nさんがやはり自立系武闘派女子として生きて来られたゆえに、強い自立心、男に負けたくない!と思う競争心、相手に主導権を渡すことを拒む心理等々が隠れているとしたら、「頼りない彼がまさにヘラクレス君だわ!」という見方もできます。

現実はよくできてるもので、そういう心理を見て行くと「なるほどなあ。辻褄が合うわあ」と納得させられるのです。

すなわち、

「自立して頑張りすぎているから疲れてしまい、癒されたい欲求、守られたい欲求、これ以上頑張りたくない欲求が出てくるので、「守ってくれる彼が欲しい」と思うのだけど、そういう彼が現れると自らの自立心が刺激されて競争モードになってしまうので、やっぱり素直に頼れない自分がいる、だから今の頼りがいのない彼がちょうどいい」

のかもしれないってことです。

自分が望まない現実が目の前にあるとしたら、それを否定したり、何とかしようとテクニックを駆使したりするのではなく、一度立ち止まって「起きていることが正しく、それを自分の本音が望んでいるとしたら?」という仮説を立ててみると、なるほどー!!という心理が見えてくるわけです。

そうして「なぜ、守られたいと思っているつもりなのに、頼りない彼のことが好きになってしまったのか?」という疑問に答えを見出だし、そこで腑に落ちればこのまま彼と幸せになれるし、そこに何らかの問題(トラウマとか)があるならば、そちらを解決していくうちに好みが変わっていくでしょう。
そしたら、今の彼がぐーんと成長して頼りがいを見せてくることもあれば、別の人がいい!と思えるようになるでしょう。

目を向けるのはいつでも自分の心の方なわけです。

★そんな心の謎を解き明かすセッションをライブで体験できるセミナー。

東京:11/27(日)11:00-18:00 問題解決のための1DAYセミナー~愛で問題を乗り越えるとは?~
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/46692

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!

起きてることは全て正しく、それを望んでいる自分もいる。という前提に立つと思い通りに行かない現実が理解できるようになる。


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『起きてることは全て正しく、それを望んでいる自分もいる。という前提に立つと思い通りに行かない現実が理解できるようになる。

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

1か月通じて一つのテーマにてお届けする講座スタイルのオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい