彼が出来たら、母が寂しがるのでは?と不安になってしまうのです。


お母さんの愛情をただ受け取ることができれば、自分の幸せがお母さんの幸せであることに気が付けます。しかし、その一方で、お母さんを苦しめた父や兄に対する感情も重要なポイントになりそうです。

今日はリクエストにお応えしたいと思います!

***
いつも先生のブログには勉強になることばかりだし、先生の思いやりのあるお言葉には感動します。
もしネタになりましたら教えて欲しいのですが…
私は彼氏が欲しいのですが、もし自分に彼氏ができたら母はどうなるの?と胸が苦しくなります。
母は父親から奴隷の様に扱われ、転勤族なので友達もおりませんでしたし、自分の親や兄弟に心配させまいと絶対に祖父母などに弱音を吐かず、歯をくいしばって生きてきました。そしてずっと働きずめです。
兄がいますが、常に女性関係が激しく、母曰く私だけが頼りだと小さい頃から言われ続けられました。
そんな感じで紹介を受けたり合コンに行っても母を裏切っていると思ったり、若いカップルをみると、お母さんは寂しいんじゃないかなぁとか、お母さんが可哀想と赤の他人に恨みさえでてきます。
母が老いていく今、結婚に繋がる出会いを探さないといけない気持ちとそう考えると母が一人ぼっちになるんじゃ…と自分を責める気持ちが出てきて胸がいたいです。
凄く悩んで色んな本を読み漁りましたがどうしても自分と母の人生を切り分けるというと裏切る感じでが出てきて苦しいです。
正直、自分自身も母といつまでも近くでいて安心したいという気持ちもあります。
何かこの気持ちを優しく切り替える方法はないでしょうか?
でも男性はこんな自分を重く感じるんじゃ…と心配です。
(因みに母は私と真逆の反応で早く孫が見たいと言っています。私だけが子供の時、母を助けられなかった罪悪感だと思います)
(Aさん)
***

とてもお母さん思いですよね。その愛情には堂々と自信を持って頂きたいな、と思います。
そんなAさんに愛されるパートナーは幸せだと思いませんか?
これほど愛情を込めてくれるのですから、世の寂しい男性たちには願ってもない女性になる可能性があります。

お母さんがお父さん、お兄さんとの間で苦しまれたこと、確かに間違いはないと思います。
それでも働きづめで本当に頑張って来られた中、どうしても心のよりどころをAさんに求めざるを得なかったのも無理ないことでしょう。
「あなただけが頼り」という言葉を時には誇りに思われたことでしょう。
だから、一生懸命お母さんのことを思って生きていらしたんだと思います。

そこで、お母さんの気持ちを少し考えてみたいと思います。
確かにAさんが嫁に行ってしまったら寂しいと思います。今までのよりどころがなくなるわけですから、不安にも感じられるでしょう。
もしかしたら、いざ結婚となったら、その不安や寂しさから後ろ向きな発言が出てくる可能性もあります。

でも、もう一つの見方は、お母さんにとってAさんの幸せが喜びであるということ。
自分の人生をAさんに掛けてるということ。

Aさんがお母さんを愛したように、お母さんもAさんを愛していらっしゃいます。
自分は苦労をした分、娘にはそんな思いをさせたくない、と思っていらっしゃると同時に、Aさんが幸せになることはお母さん自身も喜びであり、幸せであると思うのです。
そう、希望なんです。
自分がなしえなかった家族の幸せをAさんに託していらっしゃるのです。
(もちろん、お母さんが本当に幸せでなかったかどうかは分からないんですけどね)

その思いを受け取ることができるでしょうか。

だから、Aさんはお母さんのためにも幸せな結婚をする必要があるんです(笑)
重たいでしょうか?

それに、結婚したからってAさんがお母さんを見捨てるとは私には思えません。
離れて暮らしていてもちょくちょく顔を覗かせるでしょうし、当然、家にも招かれるでしょう。
そして、それを歓迎し、Aさんだけでなく、お母さんのことも大切にしてくれる男性じゃなければAさんは結婚相手に選ぶこともないでしょう。

結婚は断絶ではなく、一つのステージが切り替わるだけです。
冬から春に季節が変わるように。

だから、自分が幸せにあることこそ、お母さんを幸せにすることなんだ、と思っていただければ幸いです。

と、ここできれいに話を閉じてしまったもいいのですが、僭越な話を一つさせてください。

お母さんを心配するAさんの思いとは別に気になることがあるんです。
お母さんを奴隷のように扱った父、女性問題で家族を振り回した兄。
そこから、Aさんの男性に対するイメージって???と思うのです。

もし、Aさんの結婚相手がAさんを奴隷のように扱ったら・・・、もし女性問題が激しい旦那さんだったとしたら・・・?

そんな不安や怖れはありませんか?
男性不信。
男性嫌悪。
男性恐怖。

穿った見方かもしれませんが、お母さんのことに意識を向けることによって、男性に対するネガティブな思いが隠れてしまってることもあり得るのかな、といじわるなカウンセラーは思ってしまうんです。

だとしたら、Aさんの心の中にある、男性に対するネガティブな感情を癒していく必要があると思うのです。

お父さんのこと、お兄さんのことを許せないままだと、男性を受け入れ、愛することは難解になります。
それだけ素晴らしい愛を持っていらっしゃるのに、それを発揮するのにブレーキがかかってしまうなんて勿体ないと思いませんか?

もし、男性に対してネガティブな思いがあるとするならば、一度向き合ってみたいと思うのです。

一度、正直な気持ちを書き出してみませんか。
お父さんに対して、お兄さんに対して、言いたいこと、言えなかったこと、本音。
2,3週間くらい時間をかけましょう。

怒り、憎しみ、不信感、理不尽さ、不満、失望、、、色々な感情を見ていきましょう。
そうして男性に対するネガティブな気持ちをクリーンにしていくと、お母さんの愛情もまた受け取りやすくなりますし、結婚に対する希望や喜びも感じられるようになると思います。

参考になりましたら幸いです。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作


関連記事