「ほんとの願望」と「かりそめの願望」の見分け方~願望には様々な「欲求」が引っ付いている~



成し遂げたい願望があるのになかなかそれが実現しないとついつい悩んでしまうわけですが、そこで出てくるのが「それってほんとにしたいこと?」という疑問です。
というのも私たちの願望には様々な欲求が引っ付いていて、ほんとに成し遂げたいわけではないのにその気になってしまってることもあるんです。

根本先生

こんばんは。
今の状態が「程良いのかもしれない」というお話や、根本先生の過去の「やりたいことリスト」のお話で、ほんとはそれ程やりたいことではなかったというエピソードについてもっと長尺でお話いただきたいです。

そこら辺のお話を今日振り返ってまたVoicyで繰り返し聴いてて、自分に置き換えてみました。
そしたら確かに私も昔はすごくなりたい仕事がいくつかあったのですが、それらは今では思い出すこともなくなってたなと思いました。
執着があった相手も距離を置いたら自然に思い出さなくなったし。

ということは今欲しい、やりたいと思ってるけど、なかなか実現してないことって実はほんとはそれほど欲しいことではないのでしょうか?

もしそうだとしたら、気持ちが軽くなるし、今あることで満ち足りそうだと思いました。

仕事で自己実現したいとずっと悶々としてきたけど、ほんとの願望はそこではないのかな…?とか。
だとすると何なんだろうとか。
結局もうただ今のままの自分で生きていていいって許可が欲しいだけなのかな…とも思えました。

ゆっくりしたいってずっと思ってきて、それで実際ゆっくりしてるんですけど、後ろめたさが拭えなくて、なので身体を休めても心は休めず、もし本当に心から自分のままでいいと思えたら、この何もしたくないって感情から抜け出せるのでしょうか?

何もしたくないとずっと感じ続けるのは、罪悪感からなのでしょうか?
そして今、手に入ってない願望はほんとの願望ではないのでしょうか?

とりとめのない話になってしまいました。
ほんとの願望とかりそめの願望の違いについてご教授願いたいです。
(Wさん)

いいテーマですねー。大事なテーマですー!!そして、難しいテーマですー!!笑

「願望」って一言で言いますが、実はそこには様々な「欲求」が混じり込んでいるものです。だから、何が「ほんとの願望」で、何が「かりそめの願望」なのかって正直なところ見分けがつきにくいものです。

なので、カウンセリング等でそうしたご質問を頂いた際は「まあ、あんまり考えないほうがいいんちゃう?そのうち分かるしー」とテキトーな答えをして、武闘派クライアントに机の下で脚を蹴られたりします(脛がだいぶ鍛えられました)。

そういう意味では「100%ほんとの願望」なんて求めるとかなりややこしいっすよ!と思っておいた方がいいと思いますー!

>ということは今欲しい、やりたいと思ってるけど、なかなか実現してないことって実はほんとはそれほど欲しいことではないのでしょうか?

その可能性もありますよねー。
けど、そうでない可能性もありますねー。

#どっちやねん

「今欲しい」とか「ヤリてぇ」と思っている。けど、なかなか実現しない。そんなときに起こりうること・・・。

(1)実はそこまでヤリたいもんではないんだよねー。できたらいいかなあ、程度で、だからそんなに熱が入らないので実現しないのも無理ないわねー。

(2)いやあ、本気でヤリてぇから実現しなくても諦めずにこれだけ続けてるんじゃないですかー。本気じゃなかったらとっくに諦めてますよ!

(3)まあ、それなりに本気でヤリてぇと思ってるんですけどね。ほら、やっぱりなんか怖いっていうか、ちょっと先延ばししちゃうっていうか、それでまだ実現させてないんすよね。

・・・どれもあり得ると思いません?

そして、今の段階ではどれが答えかなんて分からないと思いません?

ライフワークを研究する者として言えることは「本気で実現したいことに人は強い怖れを感じ、その実現に抵抗を覚える」というものです。
代表例はマリッジブルーっすね。

だから、本気でヤリたいと思っていることに対しても、怖れが出てきて遅々として取り組めなかったり、けど、本気でヤリたいから諦めずに続けていたりするのです。

しかーし!本気になってるつもり、ヤリてぇと思っているつもりなだけで、ほんとは実現したくないってこともあり得るんです。

それで武闘派クライアントには脚を蹴られることが分かった上で「そんなの今はわかんねーよ」と答えることになるのです。(今度、丈夫なスネあてを買おうと思います。野球選手がしているような奴)

そもそも「願望」と思えるものにはいろんな「欲求」がくっついていることも多いです。

例えば、私は以前、雑誌のアンアンで恋愛をテーマにしたコラムを連載したいという願望を持っていました。
文章を書くのは好きだし、女子向けメジャー雑誌で連載すればお役に立てる、という思いがありました。

しかし、その願望は現時点では実現しておらず、また、現在はそのような願望はほとんとありません。

そこで改めてその願望を詳細に見ていくと、こんな欲求が混じり込んでいました。
「アンアンで連載を持つなんてかっこいい!自慢できる!モテる!し、そこからいっぱいカウンセリングに来てくれる人が増える!有名になる!売れる!」等々。

アンアンの読者に恋愛ネタを提供する喜びももちろんありましたが、メジャーになる、とか、ステータスが得られる、とか、特別意識を感じられる、とか、作家として認められる、とか、ほかにも仕事がたくさん来る、とか、モテる!などの喜びの方が大きかったのでしょう。

それって結局、アンアンやその読者を喜ばせることよりも、自分の利益の方が優先されているわけで、それじゃあ、実現しにくいよな、と思います。
なぜかって言うと、私はそういう自分の利益というものにそれほど強い欲求を持っていないタイプだからです。

それに、そもそも私は「締め切りのある仕事」が大変苦手ですし、「定期的に締め切りが来る」なんてことはゾッとします。しかも、文字数制限があるわけです。

たまに雑誌社から寄稿を依頼されますが、いつもその制限された文字数に苦労している自分がいます。

なので、私の「アンアンに連載を持ちたい」という願望は、ほんとうに望むことではなかったようです。

それが分かったのは、何度も自分の願望を見つめ直し、そして、ワクワクするか?ほんとうにしたいことなのか?ということを問いかけ続けたから分かってきたことでした。

最初はその願望にコーフンを覚えていた私も、わずか数か月後には「まあ、実現せんでもええか」と思っていましたし、その締め切り生活の窮屈さを想像して恐れ戦くようになりました。

ステータスが手に入るんじゃね!みたいな“特別意識”を求める自分がいたのかもしれません。

で、ここでお伝えしたいのは「ステータスを手に入れたい」「自慢したい」「モテたい」「売れたい」「有名になりたい」「稼ぎたい」みたいな願望が悪いわけではない、ということです。(これはめちゃくちゃ重要)

私にとっては重要でないだけで、別の方にとっては最重要であってもいいわけです。
それはまさに個人の価値観ってことですね。

Wさんの話に戻りますね。

>仕事で自己実現したいとずっと悶々としてきたけど、ほんとの願望はそこではないのかな…?とか。

>結局もうただ今のままの自分で生きていていいって許可が欲しいだけなのかな…とも思えました。

「自己実現」っていい言葉ですよねー。意識高い系な感じがしますよねー!けど、Wさんはそんな意識高い系の生き方が好きな方ですか?

仕事で自己実現することで何を得たいと思っているのでしょうか?

そんなに頑張りたい人なんでしょうか?

「今のままの自分で生きたい」という願望ではなぜダメなのでしょうか?

Wさんに限らず、多くの人が周りの人や環境の影響を受けます。
「頑張ってる人」が多ければ、「頑張らねば!」と当たり前に思うようになりますが、それが自分に合っているかどうかは分かりません。

「我慢する人」が多ければ、「我慢、我慢」と当たり前に思うわけですが、それが自分に合っているかどうかは別の話です。

自己実現ってのもいい言葉ですし、それは大事なことかもしれないけれど、そもそも「願望」や「目標」を持ち、それを実現することにさほど興味を持たない人もいます。

・・・実はここだけの話、目標達成とかライフワークの実現とか偉そうに言ってる某カウンセラー氏もまさにそのようですよ・・・。「今年の目標」とか「今後のヴィジョン」とか「成し遂げたい願望」とかほとんどないみたいですよ・・・。

Wさんってどういうタイプなんでしょうね?

つまり「ほんとの願望」と「かりそめの願望」を見分ける前に「ほんとの私」を見つけたほうが早いかもしれません。

ゆっくりしたいと思って、それが叶っているのに後ろめたい(罪悪感がある)のはなぜなんでしょう?「頑張る教」に入信してるから?それとも何か別の理由があるのかな?

今の自分のままでいいし、それがあたしの生き方だしー、と思うことにどんな抵抗を感じていらっしゃるのでしょうか?

ほんとの願望かどうかというのは、時間の経過と自分の熱量によって自然と見えてきます。
また、何度も何度もその願望と向き合い、自分なりに実現させようと思ってみるといろいろと見えてきます。

だから、「とりあえず目指してみて、熱量が下がったなら、その時点でやめればいいんじゃない?」ってことだし、「自分の心と向き合い続けていけば自然と分かってくるよ」ということなので、カウンセリングでも受けてみればいいと思います。

#なんか強引な結論

ということで、私の本音としましては、それがほんとの願望なのか、かりそめの願望なのかなんてすぐに分からないんだから、今を楽しみ、やりたいことをやって、好きなことに取り組んでいけばいいんじゃない?と思うのです。

★ライフワーク本&セミナー動画

「つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法」(あさ出版)

*セミナー動画:ライフワークをデザインするワークショップ~こんなご時世だからこそ、「自分らしい生き方」改めて見つめ直してみませんか?


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
この願望はほんとなの?それともかりそめなの?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『この願望はほんとなの?それともかりそめなの?

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい