内的充実を優先していたら、外側の世界への興味が減り、彼との関係に影が差す気がしてきました



内的充実を図ることは楽しく、面白く、魅力アップにもつながり、さらには本当の自分に出会えたり素晴らしい体験をするのですが、ある程度それが進むと次のステージに誘われるようになるもんです。
それが「これからは外的世界との関係の中で内的充実を図ってみない?」ということです。

いつもブログ更新楽しみに拝読しています。
この頃のお話ではとくに内的充実のテーマが好きです。
自分ももっと内的充実させたいと思い意識的に自分の内側が満たされるようにこのところしています。

おかげさまでいい感じで、前はいつも頭にあった人間関係の悩みなど全く考えない日が数日続いたりと、なかなかの効用です。

いつもながらすごいなぁと改めて感服です。
ただブログを楽しく読んでるだけで、いつの間にかいい感じにしていただけるとは。
(あ、勿論ご本も読ませて頂いております!恋愛本とライフワーク本は本棚の神棚ゾーンに鎮座しております)

ひとつ内面に関心が向かってるせいか、自分の外見に前ほど気を使わなくなっています。
前はけっこうヘアもメイクも服も関心が高かったのですが。

彼に美容室行ってきたら?とか。最近少し太った?(日課だったボディメイクの運動をサボり気味)と言われ自分の変化に気がつきました。

あと、前ほど彼を喜ばせようという気持ちも減ってます。
神経質な彼のためにほぼ毎日布団を干して掃除機の専用ノズルでダニ吸引(これめっちゃ疲れる…)もサボり気味。

サボって出来た時間に何やってるかといえばとくに何もやってないんですよね(笑)

以前は過活動気味で時間さえあればお買物、お出かけとお外大好きだったのに。
この頃は日向の猫のごとく時間あればぼやや~んとしています。

心は穏やかなので総評としていい感じです。
また内的充実をめざして、おしゃれに磨きがかかる人もいると思います。
ということは、私は実はそんなにおしゃれにも美容にも関心がなかったのでしょうか?

彼はすごく大事なので、これからも仲良くやって行きたいし、幸せを感じて居て欲しいのですが、このまま自分の内的充実進めていったらこのラブい関係に影が差すような若干のさみしさもあります。

それで根本先生に『内的充実進行におけるあるある話』をいつかしていただきたいと思いました。

そういえば彼には他に、「オレの休日なのに朝からなんか書き書き(朝日記です)して何時間も出てこないで朝ごはん作ってくれない(プンプン)朝ごはんのニオイで起こされるのが好きなのに(プンプン)」とも言われました(笑)

朝はゴールデンタイムなので内的充実には逃せないんですよね。
寝室とは別の部屋で扉しっかり閉めて1人自己対話が心地良い秋の日です。
(Rさん)

とりあえず彼には「朝メシの作り方」というマニュアルを作ってあげるのがいいかもしれませんな。うふふ。

今まで自分に合わせてくれていたり、自分のご機嫌を伺ってくれたり、あれこれ世話を焼いてくれたりした彼女がいきなりドアを締め切ってノートになんか書いてるとしたら、

「ずいぶんサービスが悪くなったなー」

と拗ねるのは彼に限ったことではないでしょう。

今まで自分に向いていた目の何割かが別の方向に向いちゃうわけですから寂しくなったり、つまんなくなったり、不安になったりしちゃいますよね。彼の気持ちも分からんではないです。
しかも、怪しげな本を神棚に飾って、なんかブログや動画や音声を聞いてニヤニヤしてノートを書いていたりしたら、「こいつ、ヤバい宗教に入ったんじゃねーか?」と訝しまれることもあるかもしれませぬ。

他人軸→自分軸への移行期にはあるあるなできごとですね。

さて、内的充実を図るとその世界の面白さにワクワクしてハマっちゃうことがよくあります。
私は「心の中の世界は宇宙の広さと同じ」と考えていまして、自分の心と向き合う時間は宇宙を探検するかのような冒険心も感じさせてくれるものです。

だから、その内的世界を充実させようと試みれば、反面、外の世界に興味が行かなくなり、彼にはサービスが悪いと文句を言われ、髪が伸びても気にならず、ジャージに雪駄でスーパーに買い物に行くようになるものです(笑)

自分の意識が外に向いているときは過活動だった分、その何割かが自分の内に向けば当然ながらズボラになったような、怠け者になったような、部屋が散らかり放題のような、そんな状態にもなるもんです。

要するに韓流にハマった女子のごとく「内的充実」の世界にハマって夢中になっているのが今のRさんなのでしょう。

それはそれで素晴らしいことですよね。
いろいろと変化を感じられているわけですし、悩みもなくなってきたりするなんて最高じゃないですかー。

「万事、うまく行ってるっす。順調、順調。うふふふふ」とひたすらニヤニヤしておけば良いと思います。

さて、彼へのサービスが低下したり、ボディメイクやおしゃれにあまり意識が向かなくなったりしたのは一種の過渡期だと思ってもらって大丈夫です。

今までの自分は「100」で良いところを「120」「150」と無理してきた部分が削られてきているわけですし(だから、以前のようなストイックさはなくなってきてるはず)、外見よりも内面って意識が強いときは外側を飾り付けるより、内側を輝かせるほうが面白くなるものです。

だから、そのまま自分の内面と向き合い、内的充実を図っていかれるのがまずは大切なことでしょう。

そんなときに意識すべきポイントを2つほど紹介してみたいと思います。

ひとつめは、彼に対して生まれる罪悪感に要注意!って話です。

彼が不満を言い出したり、当たり前のようにやっていた彼への行動ができなくなったりしたときに、ついつい「申し訳ねえ」と罪悪感を覚えてしまうことがあるものです。

「ごめんなー。今は自分と向き合うのが楽しいねん。今までできてたことができんくなってつまんないかもしれんけど、うちはあんたのことが大事な気持ちは変わってへんねん。うちがもっと成長したら、あんたをもっと喜ばせてあげることができるはずやし、それまでちょっとだけ待ってくれへんか」って言うておいたらいいです。

罪悪感に支配されるとそこから補償行為が始まって、やりたくもないサービスに精を出して、そのストレスが彼に向かい、ケンカが増える仕組みになっていますので、「罪悪感は感じひんくてええねん!」と自分によく言い聞かせてあげてください。

ふたつめは、そうしたことに気付いたときは、内的充実を図る一方で、そろそろ「与える」ということに意識を向ける時期かもよ、ということです。

いわば、今Rさんが感じていらっしゃる違和感ってのはそのことを示唆してるのかもしれません。

内的充実を図り、それがだんだん板に付いてくると、今度は誰かに与えたい気持ちが芽生えて、外側の世界も充実させたいと思うようになります。

それは自然発生的に起きるものなのですが、はっきりと「よし、今日から人に与えることをやっていこう!」なんて思えるはずもなく、むしろ、こうした「今のままでいいんかなあ?なんか彼との関係もヤバくなってきたなあ」なんて違和感で気づかされるものです。

#だからこの方向転換に気付くのは意外と難しい

なので、Rさんにおかれましては「内的充実を図りつつ、おしゃれを楽しんだり、彼に与えてあげることをそろそろやっていきましょうか」と思ってみるといいかもしれません。

つまり、新しいステージに入ったんだな、ということです。

で、ここで大事なことは「彼を喜ばせること=犠牲」であってはマズいわけで、「彼を喜ばせること=自分の喜び」である必要があります(それが「与える」という意味なので)。

また、彼を喜ばせることってのは、彼に何かをしてあげることだけでなく、自分が笑顔でいること、自分がご機嫌でいることもまた、彼に与えることになるんです。

自分がご機嫌でニコニコしていることで、彼がどれくらい安心し、喜び、楽で、癒されるかをちょっと想像してみてくださいませ。

内的充実がもたらす効果の一つはコレなんですよね。
自分がご機嫌で居られる時間が長くなるって言う。

だから、もしかしたら今もすでにそうした効果が二人の関係に現れてくるかもしれません。

また自分がおしゃれしたり、かわいくなったり、色っぽくなったりすることもまた彼に与えることになりますよね?
だって、彼はすごくいい女を連れて歩けるわけですし、それだけいい女と付き合ってること自体が彼の自信にもなるわけです。

「何かしないとダメ!愛されない!」と思い込んでる方って意外と多いんですけど、自分が輝いて、ただ美しく咲いているだけで、男性を喜ばせることができることはものすごく重要な話です。

内的充実は、より女性としての自分を花開かせ、キラキラさせるものなわけですから、ただ、そこにいるだけで彼を幸せにしている(=与えている)という事実にも気付かなきゃいけません。

ただ、彼にそれを気付いてもらおうってのはよほど敏感な人じゃないと難しいわけで、だから、時折「こんなかわいい女の子と付き合えて幸せっしょ?」とか「こんないい女とセックスできてうれしいでしょ?」って主張することもお忘れなく。

あ、ちなみに内的充実を図っていると感受性がより豊かになるのでセックスが以前よりもずっとよくなっていくと思います。
(一時的にセックスに興味を失う時期が生まれますが、それを過ぎると以前よりもその質がぐっと上がってることに気付くと思います。)

だから、そこにも自信を持ってみることが大事ですな。

そして、自分軸で内的充実を図りつつ、自分軸で彼に与えていくことを意識すると、「今の自分ができる彼を喜ばせるあれこれ」が見つかっていきます。

もちろん、今の自分てのはその時々の自分なのでどんどん変わっていきます。固定値じゃなく、変動値です。

そうして、内的充実を図って成長した自分が彼に与えていくことで、お互いの関係性はより成熟した、かけがえのないものになっていくでしょう。

つまり、「一人で内的充実を図っていた時期」はそろそろ終わりを告げて、「与える」ことをきっかけに、「彼との関係性の中でより内的充実を図っていく時期」に入ったと解釈してみるといいでしょう。

もちろん、ここには試行錯誤もいろいろ生まれます。つまりはすぐにはうまくいかねーぞ!ってことです。

彼を喜ばせて、それが自分もうれしいならば、そのうれしい気持ちは自分の内面をより充実させてくれるものになります。

おしゃれっていうのは形から入る人も多いですけれど、内的充実が伴わなければ美しくは見えないものですよね?(モデルさんたちが何よりもメンタルが重要って話をよくされてるように)

だから、内的充実をそろそろおしゃれという形で表現してもいいかもしれません。

彼からの愛を受け取り、そこに幸せや喜びを感じるならば、その思いもまた、内的充実を加速させてくれるものになります。

彼をより愛そうと意識することで、その愛によって内側の世界が磨かれ、輝いていきます。

例えば、朝、自分と向き合う時間を作っていらっしゃるのであれば、そのついでに(?)彼に対する感謝や愛情を書き出す時間を作ってみてはいかがでしょうか?

ダニ吸引とか朝食を作るということも、義務感でやっているのであればしんどいですけど、それが喜びになるのであれば、彼に与えることと内的充実が同時に図れるものです。

つまり、より内的充実を図るために、彼をちょっと利用する感じでやってみてはどうでしょう?って話です(言葉は悪いですけど)。

もちろん、その辺のバランスはその時々の自分の気持ちに従うのが良くて、自分が元気だったり、心身が軽いときは「彼に与えてみよう」とか「おしゃれしてみよう」と思い、ちょいとその元気がねーなーという日は、敢えて自分の中に閉じこもる感じでいいと思います。

与えろ!って言われたら、毎日いかなるときにも与えなきゃ!ではありません。

内的充実を図る日常に色合いを添える感じで「彼に与える時間」を作ってみてはどうか?という提案です。

★内的充実を図るのにお勧めの本や動画集。

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』(大和書房)

*セミナー動画:心のメイクを落として本来の自分らしさを取り戻すワークショップ3days

『7日間で自分で決められる人になる』(サンマーク出版)

ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』(徳間書店)

*セミナー動画:逃げる技術~今よりもっと自由で自分らしく生きられるスキルを習得する~

「朝9時までに1分間ください。不安が消えて、心が元気になります。」(キノブックス発行)


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
内的充実の図り方。自分と向き合ったあとは人間関係の中で。
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
音声・動画配信サービス
セミナーDVD

あわせて読みたい