母との癒着を切って自分軸を取り戻すための質問集~なぜ、そんなにも母を助けなければ、と思ってしまうの?~



母子癒着というのはとても多い現象でして、特に感情的な母親との間には見えない鎖が何本も行きかってることが多いものです。
そんなときに母親との癒着を切って自分軸を確立し、そして、自分らしい人生を歩むためのプロセスを紹介します。

いつもお世話になっております。
セミナーにも二回参加させていただきました。
その際まさかの自武女認定をいただき、白旗あげて自分を認めることができました。

今回は母との癒着?が切れなくて、苦しいためご相談をさせてください。
根本さんのブログを読み漁り、女としての自分に少しずつ自信を持てるようになってきました。
ただそれでも自分を傷つける癖?が抜けず、最近もかなり年下の別々の男性に近づいても彼女が出来たからと、あぁやっぱり自分は選ばれないんだよな…という思いをしたいみたいです。
ただ、最近の彼には恥ずかしくて言えなかった数々の言葉を伝えることができて、軽く扱われた?形でしたが、バカだけど、自分なりにがんばったなぁと思いました。

コマのような人生が嫌で思い切って長年勤めた会社を退職し、田舎へ戻り両親と住み出しましたが…
毎日が苦しくてたまりません。母親を助けたい、愛されたいと願う思いが苛立ちのようになったり、母と話し合おうとしても結果怒りを爆発されてしまい、子供の頃のような怖さを感じます。
距離を保とうとしても、母親に悲しい思いをさせる悪い娘なのでは?と感じてしまい、、、すみません、生きたくなくなってしまうんです。
父親からは中立の立場?で手紙をもらいましたが?(そもそも父親達含め嫁入り先のいびりが母を苦しくさせたのだろうなと思います)、自分がうまく行かないことを誰かのせいにし過ぎだと言われました。

母親との癒着を切らなければと思います。
母親とら物理的な距離も必要だったんだなと今は思います。実家はやはり出た方がいいなと思いますが、気持ちを新たに楽しい方へ進むという選択が今できる気がしなくて、何も動けない身体が重い状態です。
今ここに住んでいることが苦しくてストレスです。
そして、私の自己肯定感を上げてくれた仕事、前職場、人々と離れてしまった事も辛くなってしまいました。 後悔したくないのに…

本当に苦しくて… すみません。
行動力もなく、何もできない。引っ越してから何もかもうまくいかないとネガティブになってしまい。感情爆発のような形でメールをさしあげてしまいすみません。
何か… 解決のヒントになるブログも探していきます。

いつも本当にありがとうございます。
(Tさん)

確実に前に進んでいる(成長している)のだけど、その変化よりも「うまく行かないこと」に気がとられると自分を追い込んでしまうものです。

その年下の彼に対して「今までできなかったことができた!」という意味では大いなる成長ですよね?踏み台(!)になってくれた彼には感謝しかないと思いますけどいかがでしょうか?(笑)

おかんがやっぱり苦しーぜ!というのも、田舎に帰ったからこそわかることですし、前の職場の人たちのことも離れたからこそ分かったんだろうと思います。

つまり、それすら自分の変化と成長を示す証に過ぎません。

さて、今日は諸般の事情によりいきなり核心に迫るわけですが、「コマのような人生が嫌で・・・」というくだりがありますが、もしかして、実家に帰ってからも「コマ」のようになっていませんか?

Tさんの言う「コマ」というのがどういう意味を示すのかははかりかねるのですが、「自分がない状態で周りに振り回される、流される」という意味であるならば、かつては会社や仕事に、いまはおかんに振り回されているのは同じかと。
もしかしたら、男どもにも振り回されてきたのかと。

いつもTさんの中には葛藤があるんだろうと思います。

例えば今も「おかんの近くにおったら苦しいから距離を取りたい」という自分と「距離を取ることは母を悲しませるのでは?」という自分が戦っていらっしゃるわけです。

癒着してることを自覚されているならば、その葛藤も理解できるかと思うのですが、だいぶ、お母さんとの間で「自己喪失」が起きているんだろうと思われます。

つまりだいぶ「おかん軸」はじめ、他人軸で生きて来られたんだろうなあ、と。
今の苦しみの中心にはそれがあるんだろうと思います。

だから、端的に言えば「自分軸を取り戻そう!」という話になるわけです。

さて、なんでそんなおかんのことをそんなにも背負ってしまうのでしょうか?
なぜ、自分のことよりもおかんを優先させてしまうようになったのでしょうか?

おかんの感情的な支配が相当きつかったんでしょうか?

さらに揚げ足を取りながらバンバン質問していくので自分なりに答えを探してみてください。それだけで少しずつ気持ちが落ち着いていくかもしれません。

なぜ、そんなにも母親を助けたい、と思うのでしょうか?それは昔からでしょうか?何か理由はありますか?

なぜ、大人になった今もお母さんから愛されたいと願う気持ちが強く残っているのだと思われますか?

おかんと距離を取ることが、なぜ、おかんを悲しい思いにさせると思うのでしょうか?

なぜ、おかんに悲しい思いをさせることが「悪い娘」なのでしょうか?

自分軸を確立していくために、とりあえず「母」と「私」を切り離して捉えていく必要があります。

私は私、母は母。

そうしてまずは「自分」を取り戻していきます。

実家を出て一人暮らしをするのは賛成ですが、その心理的な理由もすごく大事です。

「実家にいるのが苦しいから一人暮らしをする」という理由だけでは罪悪感もついてくるし、何よりその「苦しみ」を引きずったまま新居で暮らすことになります。

「男を部屋に引っ張り込んでヤリまくりたいからー」
「自分好みに部屋をアレンジして自分だけの空間を作りたいからー」
「自由な空間に自分を置いてあげるのが一番自分が喜ぶからー」
「一人暮らししたら○○もできるし、△△もできるし、××もできるからー」

そんな目的が必要なんです。

実家に帰ってから何もかもうまく行かずに苦しくて、しんどい思いをしているとするならば、もしかしたら、それは以前、実家にいた頃の感情を取り戻しているのかもしれません。
あの頃の私もこんなにも苦しかったんだな、と思い出せると思いますし、それはかつての自分を救うことにもつながる大切な思いとなります。

また、別の見方をすれば「こんなに苦しい」という状況は自分を罰する行為にも見えますし、母親や父親への復讐として見ることもできます。

一般的に復讐というとやり返すことを意味するかと思いますが、心理的な復讐というのは自分を不幸な状態において、それを「お前のせいだ!」と見せつけることを言います。
つまり、復讐したい対象の近くで自分を苦しめ、傷つけるわけです。

とはいえ、その復讐心は残念ながら空振りしてしまうことが多いのですが。

で、その先に見るのが「ライフワーク」ってものでして、毎度おなじみなんですけれど。

じゃあ、私はどんな生き方がしたいのか?
私にフィットした生き方ってどんななのか?

ということを考えていくようになるわけです。

自己肯定感があがってきたからこそのチャレンジです。

まずはお母さんとの癒着を切り離すべく自分軸を確立し、そして、そこから未来をデザインしていくってプロセスがお勧めです。

★癒着を切る!!

「もう傷つきたくない」あなたが執着を手放して「幸せ」になる本」(学研プラス)
*セミナーDVD『本気の手放しワーク』

★おかんの束縛から「逃げる」ために。

ギリギリまで我慢してしまうあなたへ『逃げる技術』(徳間書店)

★自分軸を取り戻す。

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

★罪悪感を癒すために。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)
*セミナーDVD『私の幸せを阻む「罪悪感」を「愛」で癒して「私」を自由に解放するワークショップ』


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
 (準備中)
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール
音声・動画配信サービス
セミナーDVD

あわせて読みたい