コロナ鬱などコロナ禍で起こりやすいメンタル面での不調とその改善の仕方について。



意外と人は物事の渦中は大丈夫だったりするのですが、その緊張がゆるんだ後に、ドッとそれまでのストレスが出て不調になったりします。
今回はコロナ禍における精神的ダメージの受け方やその見分け方、さらに対処法までを考えてみました。
緊急事態宣言が解かれた後に起こりやすいことをまとめてみましたので参考にしていただけましたら幸いです。

「コロナ鬱」という言葉が3月くらいからちらほら聞かれるようになりました。
主に「コロナにかかったらどうしよう」という不安から来るものが多かったようですが、4月以降、緊急事態宣言からのテレワークが始まったことで、また違う形で鬱っぽい状態になる人が増えてきました。
そして、その数は今後も増えていくでしょうし、すでに始まっている経済的不況からメンタルを病んでしまう人も増えるかと思います。

今日はそんなコロナちゃん騒動によるメンタル面でのダメージについてカウンセラーの立場から少しお話をしてみたいと思います。

ええ、珍しく時事ネタを書いております(笑)

●男女で異なるダメージの受け方。

さて、昨日、久々に対面の個人セッションをしていまして「会社の上司がやばい」とか「彼氏の言動が最近ちょっとおかしい」なんて告白を耳にしました。

超大手企業の関連会社にお勤めですから、「まあ、それ、あるよね。そうなるよね」って納得してしまいました。(安定的な企業に長く勤めている方ほど、環境の変化には弱い側面があります。)

まず、前提として「環境の変化」については「女子」の方が圧倒的に強いです。
順応性、適応能力が男子に比べて女子の方が高いのです。

男女の比較から言えば、男性の方が安定志向で、女子の方が変化を好みます。
「行きつけの店」を男は持ちたがりますが、女子は「この店おいしかったねー。また絶対来ようね!あ、でも、隣の店もなんかよくない?今度はそっちに行ってみようよ!」と移り気でしょ?女子の方が浮気性なんです。

なので、3,4月から急にテレワークになったりすると、男性の方がその変化についていけずにメンタルを病みやすくなります。

同じ理由で、男性的な会社ほど変化を好まない傾向があるので、テレワーク対応が遅れたり、臨機応変に対応することが難しいものです。

さらに、そもそも「女子」は感情が主体であり、「男子」は思考が主体なので、不安や怖れといった感情を受け止める力は女子の方が圧倒的に高いものです。
男性は感情を思考によって処理しようとしますが、こうした先の見えない状況においては、思考のもとになるデータも理論も存在しないので、パニックになりやすいんですね。

そもそも自宅が職場の個人事業主と違って、「会社に行って仕事をする」という生活を何年、何十年も繰り返して習慣化してきました。
その習慣が在宅勤務に変わることによる精神的な負担は思った以上に大きいですし、家のことは奥さんにまかせっきりで、家のことがよくわからない方はかえって「アウェイ感」を強めてしまい、それもストレスになります。

満員電車に揺られ、1時間以上かけて通勤する習慣がなくなったことは大きいけれど、その一方で、別のストレスを感じてしまうわけですね。
仕事に集中できない、家族がいるので気を遣う、そもそも仕事をする場所がない、から始まり、オンとオフの切り替えがうまくできない方も多いと思います。
もともと家の中に居場所がなかった方なんて、ほんと強いストレスを覚えるでしょう。
(そういう意味で、ずーっと家に旦那と子どもがいる奥さんのストレスもめちゃくちゃでかいですけれど)

もちろん、仕事の進め方も変わりますし、思い通りにいかないことも増えます。会社のシステムが在宅勤務に対応しきれてないところも多いですから、そのストレスもまた大きいと思いますね。
さらには、売り上げが落ちて先行きが暗たんとしているのを想像すると、家計を背負う男性はさらに鬱々とした気分になるかもしれません。
(この経済的な不安は今後当分続くと思いますので、なおさらメンタルケアはしっかりしておきたいところなのです。)

一方、女子が受けやすいダメージというのは「しゃべれない!ひとりぼっちはやだ!」ですね。

「気が付いたらカフェで友達と6時間もしゃべっちゃった。でも、全然しゃべり足りない!」というおぞましい声を時々耳にするのですけれど、女子ならみんな、その気持ちが分かるんですよね??

やはり「しゃべること/話すこと」は感情を発散させてくれるので、友達としゃべることは女子にとっては大いなるストレス発散になりますね。
また、そうして話をして、共感をしてもらうことによって生まれる「つながり」が女子にとっては生命線とも言えますね。

しかし、この自粛要請の元での自宅軟禁生活では友達とカフェでお茶するなんて夢物語です。となると、zoomやline通話で長電話ってことになるんですけど、もちろん、それもいいんすけど、、、ね?物足りないんですよね。

もちろん、ないよりは全然マシなんですけど。

また恋人がいても会うのに気を使ったり、制限があったりしますね。そもそもデートも思い切りできないですし。
趣味の習い事も中止になっていたりして、ほんと人と会う、つながる場がないのはほんとしんどいと思います。
ということで、女子が受けやすいダメージというのは寂しい病だったり、しゃべり足りないストレスでもあります。

また、男女の違いというより個人差の問題ですが、もともとおうち大好き人間の方はテレワークだったり、ロックダウンだったりしても、むしろ堂々と家にいられるので喜んでいらっしゃるかと思いますが、そもそも外に出たいタイプの方は家にずーっといるだけでストレスも増します。

私の仲間の一人が「どうせ、家と会社の往復だし、狭くても会社に近いところがいいと思って引っ越したら在宅勤務になっちゃって・・・。日もあまり入らない部屋だからものすごいストレスなんです」なんて言ってたんですけどね。

日に当たらない、また、運動しない(通勤はけっこう体力使うしね)ので、コロナ太りなんてことも言われますが、運動不足を自覚されてる方もすっごく多いんじゃないでしょうか?

でも、それは同時に精神的なダメージも大きいんですよね。

さらには様々な個人別なストレスがこの環境の変化によって起きています。

・婚活が実質ストップしてしまっているので、また婚期が遅れちゃう!!どうしよう!!
・不倫中の彼がこの自粛期間中に奥さんと仲良くなっちゃったらどうしよう!!
・結婚して家族がいる人が羨ましすぎて病む。卑屈になっていじけてる。
・前からうすうす思っていたけど、旦那と一緒にいるのがほんと苦痛。コロナ離婚を真剣に考えてる。
・子供たちがずーっと家にいるのがほんとに苦痛。世話を焼かなきゃいけないし、一人の時間がほんとにない!
・両親と同居だから、下手に感染して移してしまったらほんとうにやばいので、人一倍気を遣う。
・フリーで仕事をしているので、いつ契約が切られるか不安で仕方がない。今のところは仕事があるけれど、発注元もやばいみたいで、この先がどうなるか分からない。
・遊びにも行けないし、趣味も中断しているのでストレスの発散先が見つからず、お酒に依存するようになってしまった。

・・・ほんと挙げればきりがないですね。

それに医療従事者の皆さん、本当に過酷な業務にあたっていると思います。
公務員の皆さんは年度末・年度初めと重なったために例年以上にヤバい状態になっているでしょうし、
インフラ企業の皆さんも、ほんと大変だと思います。

多かれ少なかれ、誰もがストレスを強く受けているコロナ禍です。
みなさんはいかがでしょうか?

●宣言解除後の方がメンタルの不調が出やすいもの。

なんでもそうなのですが、渦中にいるときってある意味「緊張している」、すなわち「気を張っている」状態なので、メンタルにダメージを受けていても、まだ耐えられる、というか、頑張れるんですね。(それでもしんどいけれど)

でも、自粛解禁となり、緊急事態宣言が解除されて、「さあ、日常を取り戻していきましょう!」なんて風潮になると、今まで感じていたストレスがドッと出てくるようになるものです。

例えば、阪神大震災や東日本大震災のときも、震災が起きて3,4か月経った頃に、そうした鬱的な症状がだんだん増えていきました。

「日常を取り戻そうと思ってあれこれやろうと思うんですが、なんか無気力になってしまって体が思うように動かないんです。」

「周りの人はどんどん日常に戻っていくのに、自分は取り残されたような感じで、鬱々とした気分が抜けません。」

そんな思いをされる方も出てくると思います。

元々真面目な人ほど鬱になりやすいと言われますけれど、このコロナ禍できちんと家にいて、会社や国の言うことをちゃんと守っていて、3密を避け、ソーシャルディスタンスを保ち、もちろん、マスクにアルコール消毒はきちんとして、なんて頑張っている方は、ほんと思った以上にダメージを受けていると思った方がいいと思います。

中には2月くらいからずーっと緊張状態が続いている方もいらっしゃるでしょう?

●体に不調が出る仕組みと、メンタルにダメージが出ているサイン。

で、自分はもちろんですが、あなたの周りの人にも目を向けてみてください。
酒に酔ってる時と同じで、本人は大丈夫だと思ってるけど、周りから見ると全然そんなことないって場合も多いです。
またこうした不調はいきなり来ることもありますが、徐々にやってくることも多いので、自分やすぐ近くの人(家族)などは気づきにくい側面もあります。

やはりこれからは家族や職場の仲間たちでの「助け合い」がすごく大事になると思います。

本当は職場などでも体温チェックするだけでなく、メンタルチェックもしていただくと早めに異変に気付けていいんですけどね。

そもそも「メンタルの異変が体に出る」ということは、体からすると「最終手段」になります。

ストレスというのも感じるものですから「感情」ですね。嫌悪感とか疲労感とか倦怠感とか「感」が付きます。

で、感情ですから、泣いたり、笑ったり、怒ったりなどの感情表現によって気持ちがすっきりしてストレスは解放されます。そして、何より「睡眠」は感情を処理する時間なので、ものすごく重要なものです。

ところが、家に閉じこもりっぱなしで感情表現が十分できなかったり、緊張状態が続いたり、運動不足から睡眠が十分でなかったりすると、処理しきれない感情が心の中に溜まってしまいます。
それが「体」に出るようになりますし、その程度が強くなったものが「病気」と呼ばれるものです。

だから、外から見て体に出てるということはメンタル的にはかなりしんどい状態と言えるのです。

さて、そんな自覚症状、もしくは、外から見てわかるメンタル面での不調はこんな感じです。
いくつ当てはまるか?ではなく、ひとつでも当てはまるものがあり、その程度が強かったら「やばい、メンタルやられてるなあ!」と判断して対処してください。

□ よく眠れない。朝起きた時に体が重たい。
□ 訳も分からず涙が出てくるときがある。
□ 一日中、眠たいような、だるいような感じがある。
□ 体が重たい。重たいものを背負っている感じ。
□ 笑えない。笑おうとすると顔が引きつる。
□ 目が泳いでる感じがする。
□ 目の前にいる人が少し遠くに感じられる。
□ 人の話が入ってこない。うまく聞き取れない。
□ ケアレスミスが続出する。
□ ボーっとしてしまって仕事に集中できない。
□ ちゃんとしなきゃ、と思うんだけど、ちゃんとできないことが増えた。
□ 何かをしたい、という欲求があまりない。
□ 食事がおいしいと感じられない。
□ 片頭痛、咳、胃腸の不調などが続いている。
□ 肩や背中がバッキバキにコっている。
□ 性欲が全然わかない。
□ ずっとイライラしているような感じがある。
□ いろんなことが面倒だと感じる。
□ 無気力、無関心な感じが続いている。
□ 何かと焦り、不安、怖れを感じやすい。

ほかにもあると思いますが、思いつくものを挙げてみました。

●おすすめのメンタル不調の改善法

ライブハウスで踊りまくったり、TDRやUSJで思い切り遊んだり、海外旅行でパーッとストレスを発散したり、なんてことはまだまだ当分できそうもないわけですから、今できる何かを見つけていく必要があります。

また、心療内科や精神科を受診することも悪いことはないので、(めちゃくちゃ混んでると思いますが)勇気を出して予約をしてみてください。
特に不眠はよくないので、あまりに眠りが浅ければ薬の力を借りることも悪いことではないと思っています。

さて、私がそういうご相談をいただいたときにお勧めしていることをここに列挙していきます。

「できることしかできないから、できることをしようね」なので、ほんとできることを探してみてください。

で、最初の方は特に「え?カウンセラーの癖に、体使うことばっかりやん?」と思われるネタが続出します。

これは「体の症状は心から、心の症状は体から」という東洋医学の考えに基づくものですし、実際、メンタルの不調をメンタルで整えていくのはちょっと時間がかかるので、とりあえず体から入っていただいて、その後、メンタルに目を向けたほうがいいと思うのです。
(途中でお話したように、体と心はつながっていますので、どちらから入ってもいいんですよ)

★田植え、もしくは、土いじり ・・・最強のメンタル改善法

もし、すぐにメンタルを改善したいと思われるならば、2泊3日で農家さんの家に寝泊まりして、田植えをしたり(←ちょうど今が最盛期!)、畑仕事をしたりするのが間違いないです。
2泊3日でめちゃくちゃ改善します。
個人的には最強のメンタル改善法だと思っています。

親せきや知り合いに田んぼやっている人がいたら、ぜひとも手伝いに行ってください。
手植えがいいのはもちろんですが、田んぼに入って土を触るだけでも全然違います。

※今の時期は田植えですが、秋になれば、稲刈りですね。

★お祭り

和太鼓や笛の演奏、盆踊り。祭りの要素はすさまじくメンタルにいいものが集まっています。
とはいえ、今年は開催されない地区も多いと思います。もし、夏や秋の祭りに向けて練習開始となるならば、参加してみるといいと思います。

★筋トレ

女子もそうですが、特に男子は筋トレ、めちゃくちゃ重要で効果的です。
Youtube見ながら1日5分筋トレするだけで体も変わりますけど、メンタルに与える影響もすごくでかいです。

★アーシング

裸足になって土の上に足を着けます。数分で電磁波も流すことができるし、様々なストレスも大地に放つことができるようです。
ジョギングの最中に公園の土の上に足を下ろしてもいいでしょう。
気持ちがいいですし、なぜか気分もすっきりします。

★ダンス

女子はこっちの方がいいかな。最近はマンションでもできる(つまり階下に音が響かない)ダンス動画が公開されてます。
10分くらい全身を動かすとすっごくメンタルが楽になります。

★ヨガ、ストレッチ

うちのお弟子さんにもヨガの先生がいて、夜ヨガをオンラインで提供していますけれど、ヨガやちゃんとしたストレッチって意外と筋トレなので(インナーマッスル鍛えられるでしょ?)、そういう意味でもお勧めです。

★スロージョギング、ウォーキング

20~30分くらい、体に負担をかけない感じで(脈拍を上げないように)ゆっくり走ったり、歩いたりします。外の空気に触れること、太陽の光を浴びることがメンタルに与える影響はものすごく大きいですし、景色を眺めながら動くのは体にもよいですので、おすすめの方法です。

★ぼーっと自然を眺める。

海、川、森、山、雲、星、そして、動物など、自然のものをボーっと眺めると心が自然と解放されていきます。都会に住んでいる方は公園でも構いませんので、風や光を感じながら自然を眺めてみてください。

★整体、鍼灸など

ちょっと行くのに抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、きちんと感染症対策をしているお店も増えていくと思います。
「心の症状、体から」をまさに地で行くのがこの方法です。自律神経を整えてもらう目的で、通ってみるとよいと思います。

ただ、先生との相性がありますので、自分に合うお店を探したいですね。

★湯船にゆっくり浸かる

湯船に浸かることは体温を上げることで、体温を上げるってことが免疫を上げることになりますし、より良い睡眠にもつながりますし、いいことがたくさんあります。
あら塩を一握り風呂にぶちこんでから入るのもいろんな点で効果的です。

つまり、シャワーだけ、というのは避けたいところです。

★絵を描く、歌を歌う、書をたしなむ。

感情表現として絵や歌は抜群の効果を発揮します。カラオケボックスは当分あかないと思いますので、お風呂の中で歌うのがお勧めです。
絵は写生に出てもいいですし、自室で描いても構いません。
書を書くのもまた、お勧めです。

★部屋に花を生ける。

シンプルな方法ですけど、メンタルに与える影響は小さくありません。
好きな花を1輪でもいいので部屋に生けてみてください。

★お恨み帳を書きまくる。

日記を書く、もいいですが、自分の感情をただ吐き出すことが目的です。
その日に感じたこと、今感じている気持ちをどんどん書き出してください。

★オンラインお茶会、飲み会に参加する

女子は特にそうですが、男子も話すことでストレスが発散されます。
オンラインのそういう場に参加したり、友達と企画したりするだけでだいぶ気持ちが楽になります。

自分の不調を話すのは勇気がいるかもしれませんが、友達を信頼して吐き出してみましょうか。

★映画や小説を楽しむ。

感情を解放するのに効果的なのが、感情に直接アクセスしてくれる映画や小説です。
テレビドラマはCMが入るのであまりお勧めしません(DVD版とかならOKです)。

★カウンセリングを利用する。

できれば定期的(週に1回くらい)にカウンセラーと話すことでメンタルを整えていきます。
週に60分でも話ができる人がいれば、全然気分は変わっていきます。

※例えば、私のお弟子さんたち。
https://cocoro-marche.com/member

★根本さんの本を読む。

ステマどころではない、堂々とした手前味噌な宣伝です。とはいえ、メンタルが不調な時に心理系の本を読むのはあまりお勧めじゃなく、元気になっていく過程で役立ててほしいと思っているのですが、不調時でも読める本をご紹介したいと思います。

ライトに日々読めるものから、ワークブック的な本をご紹介しました。

「朝9時までに1分間ください。不安が消えて、心が元気になります。」(キノブックス発行)

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』(大和書房)

ということでいかがでしたでしょうか?

コロナ禍による不況で自殺者が増えるとか言われていますが、その人数を少しでも減らせるように、みんなで協力し合えたらいいな、と思います。

自分の身近な人を「大丈夫かな?」という目で見てあげるだけでも全然違いますので、ぜひとも参考にしていただければ幸いです。

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!

コロナ禍におけるメンタルの不調の現れ方と対処方法について

★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)

https://www.youtube.com/watch?v=DRvyML1PcH4

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
https://cocoro-marche.com/

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

音声・動画配信サービス

セミナーDVD

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい