神様の目で自分を見る新しい習慣を採り入れると、自分のことがもっと愛おしくなる。



誰かのために頑張り過ぎたり、相手の人の気を引こうと思って取引しちゃったり、敵を作らないように優等生になったり、という「習慣」が様々な問題を作ります。
そんなときに「新しい習慣」として「神様の目」を採り入れてみると、そんな自分を「いとおしい」とすら感じられるようになるのです。

根本先生こんにちは!
いつも楽しくブログ拝見しております。
今日は「取引」を手放す方法についてお伺いしたくメールしました。

わたしは大好きな彼のために自分が無理してでも頑張ってしまう性格です。
好きって言って欲しいから、愛してほしいからいい子でいることが子どもの頃から癖になっています。
相手から愛を引き出すためにどんな努力も惜しまない、ある意味、優等生的な生き方をしてきました。

「私は私、あなたはあなた」
自分軸がブレそうになる度につぶやいています。
しかし、取引が習慣化してしまい、相手の言動に不穏なもの(距離を置こうとしている、私のことを嫌っている等)を感じた途端に、自分が弱くなったように感じ、相手に対して依存的な立場であれこれ手を尽くしてしまいます。
行動のきっかけ、動機がいつも相手ありきで自分のライフワークが見つからないのも気になります。

どうしたら取引を手放して、相互依存の関係になれるでしょうか?
(Sさん)

なんかとても良いネタをありがとうございます~♪

まあ、私たちの問題のほとんどは「習慣化されている心の癖(パターン)」が作り出すものでして、「あれ?気付かないうちにまた同じことになってる!なんで!」と気付いてGooogle先生に尋ねてみたら、まんまと根本先生のブログに誘導されて、ハマり込むように仕組まれているわけです。
そんな武闘派ホイホイに引っかかったみなさん、こんにちは!(こんにちはー!!)

「優等生的な生き方」も「取引」にしても、意識的に頑張ってやっている、というよりは、気付いたときにはそうしてる、というものでして、「取引をやめよう!」と思った矢先に意中の彼から冷たい態度をとられて「ヤバい!なんとかしなきゃ!ごろにゃーん」となっていたりするもんです。

そういうのってやっぱり「人間だもの」なんですよね。思い通りにはなかなかいきません。

そうやって染みついてしまった習慣を手放そうと思ったら、新たな思考(あり方)をインストールする必要があるわけで、その新しい思考が習慣化するにはそれなりに時間がかかりますし、移行期は葛藤もありますからイライラしちゃうもんですね。

なので、とりあえず、縁側でお茶をずずずーっと飲みながら「自己肯定感、自己肯定感」「自分軸、自分軸」とほっこり呟いてみるのが春の日の素敵な過ごし方ではないでしょうか。

つまりは、焦るな!走るな!結果ばかりを追いかけるな!ということです。(文字にして1行のところをわざわざ3行分語るのは私の習慣ですね(笑))

「相手ありき」な生き方も、それが習慣になっているならば、自然発生的に「相手ありき」な行動・思考をしてしまうわけですから、まずは、そんな自分を肯定してあげることが一歩目です。

「ま、今の自分はそうなんだからしゃあないよな」と。

それに「大好きな彼のために無理してでも頑張ってしまう」というのは、別に悪いことじゃないと思うんですよね。

もうSさんの疑問質問リクエストを全部ひっくり返してしまうようで申し訳ないのですが、「彼に好かれるために命がけで尽くす」って生き方もあると思うんです。

彼に尽くして尽くして、でも、つれない態度をとられて泣いて、でも、嫌いになれないし、愛されたいから、何とか彼の気持ちをこちらに向けられるように無理してでも頑張る、という情熱系女子って、うちの読者には履いて捨てるほどいらっしゃると思うんです。

そんなときは「それがあたしなんだからしゃあない」という自己肯定感が大事なんですよね。

そんな自分が嫌だと思っても、そんな恋は惨めで辛いと思っても、それが今の自分の恋の仕方であるならば、それが「自分らしい」ということになるんですよ。

で、その上でのお話。

Sさんはおそらく、そもそも親に対して、あるいは、周りの人たちに対して、ずっと気を使って、何とか愛されようと模索してきたってことですよね?

>しかし、取引が習慣化してしまい、相手の言動に不穏なもの(距離を置こうとしている、私のことを嫌っている等)を感じた途端に、自分が弱くなったように感じ、相手に対して依存的な立場であれこれ手を尽くしてしまいます。

そこでぜひ考えて頂きたいのは、

「その相手から距離を置こうとしたり、嫌われたりしたら何が困るの?」

ということです。

そんなの当たり前だろ!と思われる愚問かもしれませんが、意外と効き目があるのでお勧めです。

「距離を置かれて嫌われたら何が困るのか?

一人ぼっちになる。

一人ぼっちになったら何が困るのか?

誰からも相手にされなくなって、寂しい思いをする。惨めな気分で過ごさなきゃいけない。

それは嫌だ。」

って感じならば、「そっか、寂しい思いや惨めさを感じるのが嫌なんだ」と気付いたり、「でも、ほんとに誰からも相手にされなくなるのかな?」と疑問を持てたりします。

さらに「なんで寂しい思いをするのは嫌なのか?」みたいに掘り下げていくことも可能です。

そして、カウンセラー的な見方をそこにぶち込むならば「そんな寂しさや惨めさって昔からなかった?家の中や学校でうっすらとでもずっと感じていなかった?」という質問もできます。

習慣化するくらいのものだったら、きっとその根っこは古い時代にあります。

「ああ、そうか。お母さんが忙しくてあまり構ってもらえなくて、ずっと寂しい思いをしてたんだな。ほんとはもっと甘えたかったけど、それができなくてずっと我慢してたんだな。それで何とかお母さんの気を引くためにいい子をしてたくさんお手伝いしてきたんだな。なんてあたしって健気ないい子だったんだろう。」

そんな気付きが得られたら最高っすね!

こうした掘り下げ方は習慣化された感情のパターンを手放すためには有効で、別にセラピーを受けなくても、それに気付いておくだけで意識や感じ方が変わるので、その習慣を手放すこともできます。

Sさんのパターンの場合、たぶん「素の私では愛されない。頑張らないと愛はもらえない。何者かにならないと愛されない。」という思いが根っこにあるような感じですよね。

正直、自己嫌悪は強い方だと思う?
あるいは、自分に自信がない方だと思う?

子どもたちは多く「愛されるためには何かをしなきゃいけない」と思い込んでいます。そして、その結果、多くの子どもたちが「いい子」になろうと頑張ります。
そして、その作戦が成功すると、大人になっても「いい子」を続けてしまうものです。

それが苦しいと分かっていても習慣化されてるから抜け出せないんですよね。(そのパターンにも気付きません。)

で、そうすると「素の私では愛されない」という思いが根っこに貼るので、取引してでも相手の愛をもらおうとしてしまうわけです。

ということは、「素の私」つまりは「ありのままの私」を自分でちゃんと愛してあげようじゃないか!ということがテーマになると思うんです。

まあ、再び「自己肯定感」の話になっちゃうんですけどね・・・。ああ、またいつもと同じ展開だ・・・こいつはワンパターンなんだな、きっとベッドの上でも・・・ああ、つまんねー奴だなー・・・・と多くの武闘派読者に呆れられそうですけど、まあ、それが今の私なんだからしゃあないよね?(笑)

愛が欲しくて取引してしまう自分。
相手の気を引こうとして依存的になってしまう自分。
無理してでも相手に振り向いてもらいたいと思う自分。
距離を空けられてる?と思ったら弱くなってしまう自分。

そんな自分を「愛おしい」と感じられる自分ってどんな人だと思いますか?

親は子供がぐずっていたり、駄々をこねたりしているのを見るとウンザリする気持ちもある一方で、「まあ、可愛い」と思ってしまうものです。

そんな風に、自分を傍から見て「愛おしい」「かわいい」と思えるくらい、自分を客観的に見てみたいとは思いませんか?

彼のために頑張って尽くして疲れちゃってる自分をそっと抱きしめられる自分。
必死になって嫌われないように優等生をしている自分をよしよしできる自分。
取引してでも相手から愛をもらおうとするくらい必死な自分を「健気だなあ」とほほえましく見つめられる自分。

きっと、そんな「成熟した大人の私」もSさんの中にはいらっしゃると思うんですよね。
もちろん、この記事をお読みの皆さんの中にもいるんですよ。そんな大人な私が。

私はそういうのを「神様の目線」って言います。(女神さまでもいいよ!)

あなた担当の神様がいるんです。
その神様はあなたの大ファンで、あなたの幸せを毎日祈って応援しています。
あなたがコケたら悲しいし、あなたが無理をしていたら心配しますが、でも、もっと大きな愛で見つめてくれています。

そうやっていい子になっちゃうあなたのことも、必死になって相手に尽くしているあなたのことも、神様は大好きだからです。

そんな寂しがりやで、頑張り屋で、いい子で、でも、ずるいところもあって、腹黒いところもあるあなたのことを「かわいい」とか「愛おしい」と思っちゃうんです。

まるで孫を見るおじいちゃん、おばあちゃんのように。

その目線をちょっと意識してみませんか?

いや、むしろ、その目線で今の自分を見つめてみませんか?

そんな意識で自分を見つめる「新しい習慣」を採り入れてみてはいかがでしょうか?

これまたすぐにうまく行くもんじゃないかもしれませんが、実はそうした神様みたいな部分は私たち全員の心の中にあるので(ハイアーマインド/ハイアーセルフとか言います)、きっとできるようになると思います。

そしたら、取引しちゃう自分のこともあっさり許せし、その奥に寂しさがあるなら、それも消せるし、そもそもメンタルが抜群に安定し始めるので、きっと今のような疲れるパターンは減っていくと思いますよ。

・・・とはいえ、情熱系武闘派女子は常に「燃えたぎる恋」を求めていらっしゃるので、恋愛に関してはやはり過酷な道を自ら選ぶ習性は直らないかもしれません。まあ、それが生きがいなんでね。しょうがないっすよね。

★自己肯定感を習慣づけるセミナーDVD

動画配信/DVD「自己肯定感をあげる3daysプログラム」
https://nemotohiroyuki.jp/podcast/33750

★ついいい子になってしまうならば、この本がお勧めです。

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
「自分を「神様の目」で見てみると自分のことを愛おしく感じられる」
https://voicy.jp/channel/962/73597
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
音声・動画配信サービス
セミナーDVD

あわせて読みたい