愛されるのが怖い私を改善する方法。



元も子もない話をすると、愛されるのが怖い自分っていつまでもなくならないので、愛されるのが怖いままでも幸せに生きるにはどうしたらいいか?を考えた方が、結果的に「愛される怖れをなくす」ことにつながります。

こんばんは。そろそろ顔を覚えられてる気がしてるTです。自分が武闘派女子の自覚なく、長年生息してきたのですが、愛の受け取り拒否をたくさんしてきたことに気づきました(^_^;)

最近、パートナーシップはダメかもなと思いながら、先にライフワークだと、せっせと動いてたら、聞き役なら任せてや、飲み会に誘うよと言ってくれるメンズや心配性なパパまで現れました。

恋愛も前から知人であった男性とのメールのやりとりが始まったりして、現実が変わってきました。

根本さんのブログやvoicy、著者本、セミナーのおかげかと思いますが、愛されるのが怖い私を改善するにはどうしたらいいのでしょうか。

つい、お返ししなきゃや、相手の期待に応えたくなったり、ノーが言えなかったりする私に、アドバイスもらえると嬉しいです。
(Tさん)

たぶん、顔は覚えているけれど記憶力を喪失しているため、あまり期待しないでほしい根本です。こんにちは(笑)覚えてもらっていたらラッキー!!くらいでいるといいですよ。
数日前に個人セッションを受けて下さった方にふつうに「あれ?前にどこかでお会いしましたよね?」と話しかけてしまうレベルですので。

さて、本日は本質的なテーマをありがとうございます。
オンラインスクールのネタに回そうかとも思ったくらいです。

カウンセラー的な話をすれば「なんで愛されるのが怖いの?」という質問が真っ先に浮かびます。

愛されてこなかったの?
条件付きの愛の中で生きてきたの?
愛されるには何かしなきゃいけないと思っているの?
愛と期待の区別が付かなくなっちゃったの?
過干渉な親だったの?あるいは放置プレイな親だったの?
自分には価値がないと思い込んでいるの?
罪悪感がめちゃくちゃ強いの?

などの質問を矢継ぎ早にしてしまい困らせてしまうかもしれません。

で、とりあえず、すぐにできて効果的な方法を忘れないうちにお伝えしちゃいますね。

「とにかく、どんな場面でも『ありがとう』を連呼せよ」

感謝の言葉「ありがとう」ってみんな「またその話題かよ」と辟易してしまうくらいあちこちで聞いていると思いますけど、ものすごいパワーを持った言葉なんです。

「受け取る」ということにもなるし、「与える」ということでもあるし、「浄化」もするし、「解放」もするし、「ゆるし」でもあるし、「手放し」でもあるし、「サレンダー」でもあるし、一言で言ってしまえば「愛を最も表現している言葉」だと私は思っています。

「あなたを愛している」よりも「ありがとう」の方が「愛の言葉」だと思っているんですよ。

だから、とにかく日常生活で意識的に「ありがとう」を連呼しときゃ間違いない、とも思っています。

愛され上手になるためにも、愛し上手になるためにも、どっちにしても効果的ってことね。

で、

>愛されるのが怖い私を改善するにはどうしたらいいのでしょうか。

という話なのですが、とりあえず、私がおススメしたいのは「ひとりで改善しようとしない方がいいよ」です。

こういう心の問題ってみんな「自分ひとりで何とかしようとする」じゃないですか。
もちろん、それができる範疇のものならばいいし、ひとりでできることもあるけれど、考え方としては「虫歯予防は自分でできるけど、虫歯になったら歯医者さんに行った方が良くね?」をお勧めしています。

でも、多くの人はなぜか「虫歯を自分で治す方法を教えてください」って考え方をしてるんじゃないかと思っています。

で、「愛されるのが怖い」って気付いたら、まずはそれを受容・肯定することがとっても大切だと思います。

こういう気付きってたいてい自己否定を伴うじゃないですか。

「愛されるのが怖いって思ってるのはダメだ。改善しなきゃ。そうしなきゃ恋もできないし、せっかくの人の好意が受け取れない!何とかしなきゃ」

それって苦しいと思うんですよね。

人にそれ言われたら辛いでしょ?

「え?あんた愛されるのが怖いの?そんなのダメじゃん。何とかしなよ」って。

でも、自分には平気でそう言っちゃうんですよねー。

だから、Tさんにとっての一歩目は、

「あたし、愛されるのが怖いんだ。だから、受け取り拒否しちゃってるんだ。なるほどー」

です。すなわち、自己肯定感ですね。

「愛されるのが怖い自分を肯定する」です。

これ、言うのは簡単だけど難しいんですよ。

「問題は解決しなきゃいけない」って思っていたりするし、そもそも人は「不快感」があるとそれを何とかしようとする本能があるし。

で、昨日も似た話をしたと思うんですけど、「愛されるのが怖いんだ」ということを肯定的に受け入れると、「愛されるのが怖いなりに行動できる」ようになります。

「愛されるようになる」ということを目標にするのではなく、「愛されるのが怖いままでできることをする」ということなんです。

こうした「愛される」「怖い」ってのは非常に感情的かつ抽象的な感覚なので、「愛されるようになる」という目標を掲げても一向に進歩が感じられないんです。

今の現状がはっきり数値に現れる体重計とはそもそも仕組みが違うんですね。

だから、周りから見れば「愛され上手だなあ、受け取り上手だなあ」という人にだって「愛されるのが怖い瞬間」や「受け取り拒否しちゃう瞬間」もあります。

だから、「愛される怖れをなくす」なんてことはハナから目標にしなくてよくて、「愛されるのが怖いけど、できることをやっていこうぜ!」というのが、おすすめなんです。

新しいことにチャレンジすることもそうだけど「怖いなりに今できることをする」ってことです。

で、「愛される怖れがあってもよいのだ!」と受け入れられると何が変わるかって、

>つい、お返ししなきゃや、相手の期待に応えたくなったり、ノーが言えなかったりする私

に対してもOKが出せますし、OKが出せるってことは「ま、お返ししなくてもいいか」「相手の期待に応えなくてもいいか」「ノーって言ってもいいか」という思いが出てくることです。

つまり、自己肯定感って自分に対して「寛容な姿勢」を示せるようになるわけですね。

で、その寛容さが余裕を生むでしょ?
そしたらね、結果的に、

「あれ?まだ怖さはなくなっていないけれど、最近、周りの人の愛が少しは受け取れるようになってきたかも」

って言えるようになるんです。

で、改めてTさんのリクエスト文を読み返してみましょう。

気付きません?

「あ、なんかうまく行ってるんだ。全然順調なんだ。うひょっ!」ってことです(笑)

★そんな集中的に自己肯定感をあげたい方のためのセミナー動画。

動画配信/DVD「自己肯定感をあげる3daysプログラム」
https://nemotohiroyuki.jp/podcast/33750

★自分に優しくする時間。オンラインでも受講できます。

東京:3/9(月)14:00-17:00 「平日の休日WS~心を緩めて流す特別な時間を~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/33769

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
「愛される怖れを改善する方法」
https://voicy.jp/channel/962/72751

 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

音声・動画配信サービス

セミナーDVD

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい