人を嫌いになれない心理とは?



ふつうに生きていれば自分と合わない人もいるから嫌いな人がいるのは当然だと思うんですけど、平和主義な人はなかなか「嫌い」と思うことに過剰な罪悪感を覚えてしまうんですよね。
それで他人に向かうべき怒りが自分に向いてしまい、けっこうボロボロになってしまうんです。

根本先生こんにちは!
今日は人を嫌うことに対する罪悪感について伺いたくメールしました。

過去の記事で取り上げて頂いた通り、ロックマンな御局様とバトルを繰り広げたり、人間関係が野良猫状態で根本先生にニャーニャー泣きついたりと忙しい私ですが、自分にムチ打ち続けた結果、鬱病と診断され長期の休暇を取っている最中です(笑)

久しぶりに時間ができたので、あれこれと思いを巡らせているのですが、どうしても腑に落ちないことがあります。
それは、人のことを嫌いになることに対する恐れと罪悪感についてです。
過去記事の通り、人間関係下手くそな私ですがどうしても人を嫌いになることが出来ません。自分以外の人を悪く言うことも苦手で、愚痴や悪口が嫌いです。

自己肯定感ありありで考えると私の性格が女神のように優しいから(笑)それに生粋のMだから(笑)なーんて思えるのですが、いつも自分に矛先を向け続けた結果が今の状態だと思うのでこの罪悪感をスッキリ解決したいと考えております。

人を嫌いになれない、悪いと思えない心理ってなんでしょう?御教授頂けると嬉しいです。
(Sさん)

あらあらうつ病になっちまったんですねー。それはお見舞い申し上げまする。
長年戦い続けたツケみたいなもんでしょうか?
静養しなはれ!って合図だと思いますので、オアシスを見つけてのんびりまったりお過ごしください。人生の夏休み!ってことで。

さて、

>過去記事の通り、人間関係下手くそな私ですがどうしても人を嫌いになることが出来ません。自分以外の人を悪く言うことも苦手で、愚痴や悪口が嫌いです。

あらまあ、なんて女神さまみたいな人なの???
うちのブログ読者にも、そんな心優しい方がいらしたんですねっ!(遠い目)

人を嫌いになれないのはなんでだと思います?
人を悪く言うのが苦手なのも、良いことではあるんですけど、でも、なんでだと思います?

まあ、鬱の症状が出てるときはあんまりこういうこと考えない方がいいので、症状が落ち着いて気分が良い日に、お気に入りのカフェでパンケーキをドカ食いしながらぜひ考えてみてください。

確かに、生粋のドMさまでいらっしゃるSさんは、ついつい「ひとりSMごっこ」を楽しまれているのだと思いますが、それで自分自身にダメージが出るのは辛いですよね。

そんなひとりSMごっこの代償としては精神的な病にかかる他にも、子宮や内臓にダメージを与えますからほどほどにしておきたいものです。

>人を嫌いになれない、悪いと思えない心理ってなんでしょう?御教授頂けると嬉しいです。

たぶん、この前提として「私がすべて悪い!私があかん!私のせいだ!」という思い込みがあることが想定されるんです。

どんな悪人を目の前にしても「あいつよりもあたしの方が悪人なんだぜ!」という風に発動してしまい、その怒りが自分に向いちまうわけですね。

人を嫌いになってはいけない、という思いをよくよく見れば「こんな私如きが人を嫌いになるなんておこがましい!!!」なんて思いがありませんか?

つまり、強烈な自己否定があるがゆえに、相対的に他人のことを悪いと思えないんだろうと思います。

Sさんって元々平和主義的なところってありますか?

平和主義な人って争いごとが苦手なんですが、平和を保つ方法として「私が全部悪いことにして怒りをすべて飲み込む」ってのがあるんです。

例えば、人間関係で理不尽なことがあるとするでしょう?

そこで好戦的な武闘派女子であれば、「おんどりゃー、誰にそないな態度取ってんねん!!!」とカバンの中から日本刀を引っ張り出して斬り付けるわけですよね?
(武闘派の皆さんはその小さいカバンの中に折り畳み式の日本刀やライフルを忍ばせているんです。)

しかし、表面的に平和主義を唱える武闘派女子の場合は、その日本刀をつい自分に突き付けてしまうわけです。
そりゃあ、痛いよねえ?

しかし、そういうことを子ども時代からやってきたりすると、そんな日本刀如き痛みには慣れてしまって(麻痺してしまって)何も感じなくなるんです。

でも、ちゃんと傷ついてしまってるわけです。ほんとは痛いんです。感じられないだけで。

そして、それが積もり積もると何かしらの疾患として表面化してきます。
誰かに向けるべき怒りを自分に向き続けるということは、自分自身に日本刀を突き立て続けるってことですから、やがてはボロボロになっちまいますよね?

で、そこにはSさんもお気付きの通り、罪悪感という厄介な奴が介在しているものです。

私たちの心には「良心」というものがありまして、なんぼ極悪非道な人生を歩んでいる武闘派女子であったとしても、誰かに対して嫌悪感、怒りを持つと、その瞬間に罪悪感が生まれます。
平和主義な方は、さらにその罪悪感が強くなるんですよね。

だから、「人を嫌いになって罪悪感を覚えるくらいならば、自分が悪いことにして、自分を嫌った方がいいじゃないか!」ということを繰り返してしまうのです。

まあ、誰でも好き好んで人を嫌いになる訳じゃないですから、誰もがそうした思いは持っているんですけどね。

だから、誰かを嫌いになったり、攻撃したりした後は、必ず「正当化」という罪悪感に基づく行動が付いてきます。

「私は悪くないもん。あいつがあんなことをしてきたからあいつが悪いんだもん」という風に。

ということで、そもそも「全部あたしが悪い」という思い(これがそもそも罪悪感なんですけど)を少しずつ溶かしていってあげると良いのですよね。

ということで、元気になってきたらこの本でも熟読して、様々なワークに取り組んでみてください。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)

で、そんな頑張り過ぎちゃったSさんの場合はもっと自分に優しくしてあげる必要があるわけですねー。

こんなアファメーションを常日頃口ずさんでみてください。
鬱の症状が重たい時は避けた方がいいですけど、全快する前でも使えると思いますので。
(ただし、アファメーションを口にしてみて気分がひどく落ち込んだ場合はしばらくやめといたほうがいいです)

人を嫌いになってもいい。
もっと怒ってもいい。
もっとわがままになってもいい。
そんないい人にならなくていい。
もう誰かのために自分を犠牲にすることはやめてもいい。
自分のせいにして一人で全部抱え込むことはもうやめてもいい。
そんなに頑張らなくてもいい。
頑張れないときは誰かに弱音を吐いてもいい。
自分の弱さを隠さなくてもいい。
私は私。人は人。
私はもっと自分を大切にしたい。
私はもっと自分を愛してあげたい。
私はもっと自分を認めてあげたい。
私はもっと自分を甘やかしてあげてもいいのだ。

ちょっと長いですけど、こんなおまじないみたいな言葉を自分に投げかけてあげるのもいいでしょう。

それで、もし誰かに対する怒り(たいていは行きつくところ「母」「父」「元カレ」とかですけど)が出てきたら、ぜひ御恨み帳にもチャレンジしてみてください。

それで、今は自分をもっと甘やかすべく堕落した毎日を送ってください。

動けるならば、ちょっくら南の島(温かいところ)に行くのもいいですね。
それだけで症状が少しマシになると思います。
(そういう意味で湯治もお勧めです)

Sさんと同じ思いを抱えていらっしゃる方もぜひ参考にしてくださいませ。

★そんな罪悪感を知り尽くし、癒す4時間ワークショップ

「私の幸せを阻む「罪悪感」を「愛」で癒して「私」を自由に解放するWS
大阪:2/15(土)13:00-17:00
福岡:2/29(土)13:00-17:00
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/33242

★ガチで自分の人生と向き合いたい皆さん、ぜひお越しください!(まもなく受付終了)

東京:1/12(日)11:00-18:00 愛で問題を解決する1DAYセミナー
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/32857

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!

「人を嫌いになれない心理」
https://voicy.jp/channel/962/67125

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい