罪悪感は一瞬で幸せな気分をぶち壊してくれる。



罪悪感があると相手の言動に傷ついたり、振り回されたりしますし、そもそも自分が幸せを感じることを許せません。
だから、自分では意識しないうちに、自分の幸せな気分をぶち壊すような態度を採ったり、引き寄せたりしてしまうのです。
そんな自分を許し、愛することが目下の課題と言えるんです。

根本先生こんにちは
いつも書籍やTwitter、メルマガ、お弟子さんには大変救われてます。どうもありがとうございます。
私は 自立系か依存系どちらかよくわからない武闘派情熱系、おそらく野良猫女子です。

自分は昨年まで3年間W不倫していました。
今、復縁を希望してるわけではなく、何かとまだ、彼がしっかり私の中にインストールされているらしく、気づくと元カレ軸になったりしてしまう癒着が、切り離せていないので、自分軸、自己肯定感を上げる目的で、彼を理解するために、質問させていただきます。
つい今しがた、野良猫男子の餌付けかた のブログを拝読致しました。

そこで、質問です。
私の元カレは、付き合いたての頃、私からの質問に答える形で、「若いときは結婚してからも浮気したことある」や、車内で、Bluetooth式で奥さんから電話があり、出ていいよと私が言ったら本当に出て、「○○に着いたの」(奥さん)「迎えに行こうか?」(元彼)の会話をしたり、これは聞いてもいないのに、ことあるごとに一人のかたの(おそらくあこがれの)女性を褒めるトークを、
また、せっかく二人きりになれて、ことも済ませ、幸せいっぱ~いで帰る間際という時に、ひょこっと、彼の口から「靴下こうやって畳んでおくと後で掃くとき便利なんだよね~」と言うので「へーなるほどいいね、○○(元彼の名前)自分でやってるの?」と聞いた私も悪かったのですが、「奥さん」てな感じで、
よく、私が、幸せ~と感じた時にかぎって、それをぶち壊す発言をされてたのは、これは、彼が意識的に?無意識的に距離を遠ざけようとしてるのですか?
それとも私が、そうさせてしまっていたのでしょうか?それとも元彼はなんにも考えてないタイプなのでしょうか?

根本先生、長くなりましたがもしよろしければ、ネタにしていただけたら嬉しいです。。よろしくお願いいたします。
(Iさん)

不倫ではよくあることですが、そうでない恋愛でも、何かとデリカシーのない発言が男子の口から飛び出すことがよくありますよね。

みなさんも記憶をたどれば、そんな思い出ばかりが蘇り、早くも怒りの炎に火が灯った方も少なくないように思われます。危ないので火と怒りの扱い方には注意しましょうね~♪

さて、単に無神経でデリカシーがなくて空気が読めなくて何も考えていないから、そういう発言が飛び出すんだよ、だから、気にしない方がいいんだよ、と言うとここで今日の記事が終わってしまうので、もう少しだらだらと長引かせたいと思います。

思考的な男子は場にそぐわない発言をしたり、相手の気持ちを上手に冷ます発言をしたり、火に油を注ぐ発言をしたりするのは、そもそも彼らが「感情を感じられない」というところに原因があります。

それゆえに、思い付きで適当と思われることを言い出すわけですが、そのことにも気付いていないことが多いんですね。

自覚がないわけですから、同じことを繰り返しちゃうわけです。
それで

>嫌だと言ってるのに何度もしたりしてきました。

ということが起きるんです。

また、自信のない男子は何かとマウンティングしたがる/自慢したがるところがありまして、「相手が嫌がる」よりも「俺を認めて!ほめて!すごいって言って!」という欲求の方が勝っちゃうことが多いんですね。

その辺、空気を読んで場をつなぐことに長けた女子の皆さんからすると、「は?なにそれ?なんで今そんなこと言うの?」と思われるんですけれど、それが思考的で自信のない男子には分からないんです。

そもそも男女のコミュニケーション自体が異なっていて、女子は「感情をシェアする/共感する」ということに主体を置くのに対し、男子は「情報や知識をシェアする」というところに主体を置きます。
だから、男子の場合は「議論」や「自慢」になりやすいんですね。

それで、男子の話を女子はつまんないと感じ、女子の話を男子は何が言いたいのか分かんないと思うのです。

さて、感情を感じられない思考男子ですが、感情がないわけではなく、感度が低い、もしくは、感情を抑圧して麻痺している、という状態なので、本当は感情を感じているわけです。

女子の方が男子よりも10倍ほど感度が高いので、それくらい男子は「鈍感」なのですね。
まあ、女子のように敏感だったら戦争に行けなかった(怖れや痛みを抑えて戦えない)時代が長いし、思考を優位にしないといろんなシステムを作り出せないですから無理もないところです。

だから、男子でも思考が発達する前の子どもは感情をバンバン感じますし、最近は感受性が豊かな男子も増えてきています。

で、認識はできないけれど感情を感じている男子が一番ハマりやすいのが「罪悪感」という感情です。

そもそも男子は罪悪感が強い(感じやすい)生き物なんですが、不倫をしているともなれば、当然ながらそこにはべったりと罪悪感が付いてきます。

もちろん、本人はそのことをあまり意識しないのですが、感じていないわけではないのです。

だから、彼女の気持ちを遠ざけるような発言をしたり、彼女の幸せを一瞬で冷ます言葉を発したり、彼女を傷つけるような行動をしたりしやすいのですね。

それが彼の数々の言動につながってくるんだろうと思われます。

つまり、罪悪感は幸せを一瞬で消し去る力があるんです。

で、ここからもう少しディープな話になるんですけれど、当然ながらIさんにも彼との関係において罪悪感があるんですね。

私の元には「旦那もいるけど彼氏もいる奥さま」からのご相談が最近たくさん寄せられますし、相変わらず「旦那が浮気しているんだけど秩父の山に埋めた方がいい?」というご相談もよく頂きます。

そんな時に「旦那に対して罪悪感を感じない」とか「旦那は浮気してるのに罪悪感を感じているように見えない」というお話が必ず飛び出るんですけれど、「じゃあ、その関係を旦那に言える?」と聞けば「え?言えるわけないじゃないですか!」と答えられますし、「旦那は彼女との惚気話をあなたにするの?」と聞けば「え?そんなこと言うわけないじゃないですか!」と答えられます。

じゃあ、罪悪感はあるよ!!とつとめて爽やかに答えるようにしています。

オープンにできない(言えない)のは罪悪感があるからですから。

だから、もしあなたの旦那さんが「いやー、今日の彼女はめちゃくちゃ情熱的で激しかったわ~」なんてネクタイを緩めながら言ってきたとしたら、その彼は浮気することに罪悪感を感じないタイプですから、諦めた方が良いかと思います。
まあ、滅多にいないですけどね。私も20年くらいカウンセラーやってますが、1人か2人くらいしかそんな人の話を聞いてません。

で、不倫の恋はお互い密かに罪悪感を感じているので、「癒着」しやすいですし、彼軸になりやすいですし、その感情にお互いが振り回され、傷つくことになります。

だから、Iさんがおっしゃるように「私がそうさせてしまっている」というのも正しいのです。
罪悪感があると、自分を傷つけるような言動を引き寄せるものですから。

ここで「罪悪感があるのか!それはいけない!」と否定的に捉える必要はありません。

感じちゃったものはしょうがないので、次なるテーマは「ゆるし」です。

自分を許す、ということ。
幸せになることを許す、ということ。

罪悪感はそれに逆行する思考、感情、行動を引き起こしますし、そういう状況を引き寄せちゃいますから、私たちにとって重要な意識の在り方です。

「なぜ、自分はそうせざるを得なかったんだろう?」

「なぜ、彼の言葉に私は傷つくしかなかったのだろう?」

「なぜ、自分は幸せなパートナーシップを自ら遠ざけようとするのだろう?」

この辺を考えることは「状況を理解する」という「許し」への一歩になります。

そして、自分を傷つけるような思考、感情、行動をできるだけ“辞める”ということに意識を向けることも大切ですね。

自分が喜ばないことをしない、自分が嫌がることをしない、というわけです。

恋愛感情はそんな罪悪感も麻痺させるくらい強力なものなので、絶賛不倫中の奥さまに「そんなこと自分を傷つけるだけだからやめなよ」とは口が裂けても言わない私ですが、罪悪感があると、そうじゃないところでも自分を傷つける言動をとりがちなんです。

だから、やめられるところからやめる、というのも大切な心がけだと思ってます。

それは「自分を愛する」という意味でもあります。

自分が喜ぶようなことをする。
自分が笑顔になれる時間を増やす。
自分が心地よいことを採り入れる。
自分のご機嫌を自分でとれるようにする。

そういう意識でぜひ一日一日を過ごしてみましょう。

食べるもの、飲むもの、着るもの、持ち物、いろんなところでそれを実践することは可能です。

カフェに入ってゆっくりとお茶をするのが喜びならばまずはそれを日課にしてもいいのです。
お風呂にゆっくり浸かることが幸せならば、その時間を最優先にすることがお勧めなのです。

そうして、自分を喜ばせ、自分を愛することを実践していくと、その罪悪感も徐々に減っていくものです。

ということで、罪悪感については次の本に詳しく書いてますので、ぜひご一読くださいませ。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから受けられます!
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

 ☆東京:9/14(土)13:00-17:00 お弟子さんたちのカウンセリングを体験できる会
 >https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/31477

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,240円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい