いきなり幸せがやってきたらそりゃ怖いに決まってるやん!


自立的にバンバン頑張っていた人が、自分を大切にする、とか、自分らしくある、という生き方を始めると、いきなり今までになかったような幸せが降ってくることがあります。
それだけ今まで信頼や人望を溜め込んできたからなのですが、すぐには受け取れず、ものすごく怖くなりますよね。

根本さんいつもいつもいっつーーもーー!
ホントにありがとうございます。笑
存在に感謝しております!

今日は元カレ手放しネタではありません。
ほんまに?ほんまにええのん?
順調過ぎて怖いんやけど! の、ネタです。

ある時私は放り投げました。
長く勤めた大手の会社も名ばかりの役職も、もーいらん!なーんも惜しくないわい!って、退職したんです。次の仕事も決まってないのに。
そんな事より自分を大切にする方が重要だったのです。
元カレの事で根本さんに出会ってから 1番学んだ事だし。そしたらあっという間に条件良いところに決まり、空白期間なく転職成功! ワーオ!この年齢で私って凄いー!!って思ったのも束の間、仕事内容がしょーもなーい!ルーチンワーク無理!!クソつまらん毎日やだあー!ってすぐに退職申し出ました笑
贅沢なのは承知してますけど、退屈って生きてるのしんどくなりませんか??
そしたらですね、なんとその日に更に条件の良い、しかも私の資格や経験、興味のある分野のお仕事の話が舞い込んできまして!トントン拍子に面接からの内定を頂きました!
大きな決断をして退職を決めてからこれ3ヶ月以内の話です。
何よりも、どちらも突然申し出た退職なのに、涙してくださる方もおり激励の言葉を頂いたり。もー何だか感謝しかないんですよ!本当に感謝です。
そして色んな助けをしてくれる友達。こちらの条件を全てのみ迎えてくださる新しい職場。すご過ぎる。暖かい。幸せな環境。え??なんで?なんでこんなに上手くいくの?待って。怖い。怖い。どーしよ。どーしよ。こわい。。
おかしいですか?だってホンマに怖いんですもの。なんで私の為にこんなしてくれるの?って怖いんです!!

え?修行が足りません?
とりあえず、購入済みの根本さんの本読み返しておきますねー。

もっと強い心になりたいなあ~
(Yさん)

おもしろーい!!!しかし、さすが文章が上手いですよね~。笑えました。

そして、すばらしい!!すごいですね。とんとん拍子ですね。さすがです。
それだけ好循環ループに入ってるってことなので、

【流れに身を任せて楽しむ】

だけでいいんですよ。

【ありがたいなあ、嬉しいなあ、幸せだなあ】

と思っておけばいいんですよ。

ほら、怖いでしょ?
そんなの、めっちゃ怖いでしょ?
信じられないし、いつかどんでん返しが来るんじゃないか?と不安になるでしょ?

【それだけの価値が私にはあったんだ!!すごいぞ、私!!!】

って思っておくだけでいいんですけど、抵抗めっちゃあるでしょ?(笑)

自立系武闘派女子(男子)の皆さんは、困難こそ我が道!と信じているフシがあります。
しかも、平坦な道よりも茨の道を好み、いや、道なき道を開拓していくことに喜びを感じる傾向もありますね。

ほんと、好きなんだから~♪って感じです。

仕事するなら「好きな仕事だけど、過酷な方が燃えるの♪」だし、「恋はもちろん野良猫やロックマンやダメンズじゃないとやる気にならないわ♪」だし。

でも、幸か不幸かそんなハードな人生を驀進しているときに「自分を大切にする」なんて価値観がインストールされちゃったりするんです。

そんな言葉を聞いたってはじめの頃は「え?何それ?美味しいの?」としか反応できず、「人生は修行だ!滝に打たれてこそ、漢だ!自分を追い込め!」と号令をかけて来た今までの価値観と衝突して悶々とします。

でも、やっぱり自分のこと大切にしよう!!って思い切って行動に出ると、元々、持ってスペックは相当高い武闘派の皆さんですから、いきなり好循環ループにハマるんですね。

ふつうの人はもう少しゆっくりプロセスが展開するものなのですが、「一気呵成」がモットーの武闘派の皆さんは、そんなん生ぬるいわ!とばかり、好循環ループも滝のように動くものです。

それで、あれよあれよといううちに幸せな状況になってしまい、今までの人生で体験したことのないことが次々起きたり、自分の価値や魅力を受け取らざるを得ない状況になったりして、パニックになるわけです。

しかも、武闘派女子の皆さんは「与えることは得意だし、大好きだ。さあ、どう喜ばせてあげようか?」と人生を通して研究し、実践してきているものの、「ただ、受け取る」ということに関しては全くの素人だったりします。

なので、ますますパニックになり、その幸せな状況を自ら放り投げてしまう方も珍しくないものです。

なので、まったく変な話なのですが、Yさんのような状況になった場合に私が伝えることはひとつ。

「耐えろ!ひたすら、その状況に耐えろ!」

なのです(笑)

受け取れ、とか、流れに身を任せればいい、とか言っても、「は?それ、美味しいの?」としか思えないと思うので、皆さんに馴染みのある言葉「忍耐」を持ち出すわけです。

なかなか気が利いてるでしょ?(笑)

Yさん始め、多くの武闘派女子(男子)たちはいつも誰かのために頑張って来たし、みんなを守ってきたし、自分を犠牲にしてでも人の幸せにエネルギーを注ぎ込んできました。
そして、高スペックの持ち主なので、職場でも家庭でも獅子奮迅の活躍をし、人望や信頼を多く集めてきています。

しかし、与えることばかりに夢中になっているので、受け取ることを忘れています。
そして、その間にどんどん素晴らしいものが貯金されていきます。

それで、ある瞬間にそれまで溜め込んできた信頼・信用がばさーっと一気に降り注いでくるんです。

それが今のYさんの状態だと思います。

いわば、猛烈に働いて稼いでいるのに全然お金を使わない状態に似ています。
気が付けば「え?こんなに貯金あるの?うそ。マンション買えるじゃん?」みたいなもんです。(実際、そういう方も私のブログの読者には珍しくないと思います)

>何よりも、どちらも突然申し出た退職なのに、涙してくださる方もおり激励の言葉を頂いたり。もー何だか感謝しかないんですよ!本当に感謝です。

感謝の思いが湧き上がってくるってことがまずとても素敵です。
そして、そういうYさんだからこそ、その存在に周りの人も感謝し、激励してくれるんです。
それだけの価値を周りの人たちがYさんに感じているってことですね。

それは「何かしたから」という価値ではなく、Yさん自身が自然に持っている価値なんです。だから、自覚症状はあまりないと思います。けど、確実に今までの人生で積み上げたものなんです。

>そして色んな助けをしてくれる友達。こちらの条件を全てのみ迎えてくださる新しい職場。すご過ぎる。暖かい。幸せな環境。え??なんで?なんでこんなに上手くいくの?待って。怖い。怖い。どーしよ。どーしよ。こわい。。

怖いよねえ、うん。慣れてないもんねえ。今まで戦場に居て木の陰で寝ていた人が、いきなり高級ホテルのスイートを当てがわれたようなもんだからねえ。

友だちも新しい職場の人たちも、それだけYさんの価値を見てくれているんです。

>おかしいですか?だってホンマに怖いんですもの。なんで私の為にこんなしてくれるの?って怖いんです!!

そう、それだけの価値があるってことなんです。

分かった?

価値があるの。
魅力的なの。

それだけなの。

「私たちは何かしなくてもそのままで愛される存在である」ということなの。

しかも、今までの人生で様々なものを積み上げて来た成果がそうした評価として現れているんです。

「それが私なんだあ。ありがたいなあ。すごいなあ。みんな、ありがとう!」と叫んでいればいいんです。

それが「受け取る」ということです。

こういう幸せには慣れてないと思うけれど、頑張ってね(^^)

もう少し専門的な解説を追加します。

受け取る、流れに身を任せる、サレンダーする、というのはどれも女性性のテーマです。
自立して頑張ってきた方はずっと男性性を駆使してきているので、女性性にフォーカスを当てることに慣れてないものです。

今までの仕事や就活も「自分の力で何とかする」という自立的な考えでやってきたのですが、自分を大切にする、ということを始めたおかげでYさんは意識的・無意識的に女性性を開くことになったんだと思います。

とはいえ、女性性を活かす生き方というのはあまり慣れてないんですよね。

だから、怖いし、恐る恐るだし、目の前に起こることが信じられなくなります。

セッションでもセミナーでも私が女性性を重要視するのは、そんな背景があります。
自立して男性性を使ってきたからこそ、今度は女性性がその力を発揮すると、内なるバランスが整ってより自分らしくなるのです。

だから、しばらくはそのゆるやかで、やさしく、あたたかい、女性性のエネルギーに身を任せてみてください。

これからの変化も楽しみですね。

願わくば、、、パートナーシップでも、その効果を発揮できたらいいなあ・・・と願っております。

これ、そんな女性性を扱うセミナーでもあります。

ワークショップ『自分を愛する、ということ』
東京:1/14(月祝)13:00-16:00
大阪:2/16(土)13:00-16:00
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/27420

★毎週月曜日はオンラインスクール!

『諦めずに続けることができれば自己否定ループから抜け出してガラッと自分を変えることができる。』

登録はこちらから!!
https://www.mag2.com/m/0001677732.html


あわせて読みたい