ワークショップ『やりたいことをやって自分らしく生きる人になる!』の内容を全部公開!&ポイントを解説しています。


11/5に沖縄で開催した『やりたいことをやって自分らしく生きる人になる!』というワークショップ。
最近、私があれこれとハマっている「ライフワーク」について、ひとつの形としてワークショップ・スタイルにてお届けしました。

3時間のワークショップのうち、あれこれお伝えしたいことがあったり、質問にお答えしたりして、半分くらいはしゃべっていたような気がしますが、我ながら、これ、なかなかいい実習だなあ・・・と自画自賛しておりまして、皆様にもシェアしたいと思います。

こうした内容のお話は今度、東京と大阪にて心理学講座としてお届けする予定です。
東京・飯田橋:11/16(木)19:00-21:00 
大阪・梅田:11/30(木)19:00-21:00 
心理学講座『好きなことをして生きる=ライフワークを生きるには?』

そもそも「やりたいことをやって生きる」とか「好きなことだけをやって生きていく」という声は皆さんも見聞したことがあるかと思いますが、実際、どれくらいそれを「自分のこと」として受け止められるかは様々ですよね。
「おぉ!それもありなんだ!」とノリノリになって、ワクワクしちゃう人もいれば、
「うーん、確かにそうかもしれないけれど、自分にはできないよなあ」と思っちゃう人もいるでしょう。

また、「そういう風に生きたいんだけど、現実を考えると難しそうだよね。都合のいい話に聞こえちゃって」という方も実はとても多いんじゃないかと思います。

「好きなことややりたいことだけをやって生きる」というテーマにおいては、まず、自分自身に「そういう風な生き方をしても良いんだぞ!」と教えてあげる必要があります。
つまり、「好きなことだかやって生きていけるわけがない」とか「現実はそんなに甘くない」などという「心理ブロック」を手放すところから、この物語は始まるのかもしれません。

実際、私も今の生活を見れば好きなこと、やりたいことがその8割以上を占めています。まだ100%じゃないってところがポイントで、もっと自由に、もっと好きなことができるはずだ!!と自らに期待しているところもあるのですよ(笑)
逆に言えば、まだまだ心理ブロックがあるんだろうと思っています。

だから、まずは「そういう風に生きていい」という許可を与えることも大切なことだと思ってるんです。
そういう意識が入り込むことによって「そうなの?じゃあ、私は○○をやりたい!」というモチベーションや気付きが喚起されることもあるわけで、それで、心理ブロックを外す、の後に、自分が何をやりたいのか?を見つける、というプロセスをお勧めしています。

この心理ブロックというのは、大きく2つの流れがあると思っています。
・親を始め、周りに人を見て学んだこと。
・自分のかつての体験から学んだこと。

例えば、「親が仕事は苦しいもんだ。でも、家族のために頑張ってるんだ」という姿勢を見せていれば、子どもの心に仕事って我慢しながらやるもんだ、という思い込みが生まれます。
また、周りの人から「そんな人生甘くないんだぞ。頑張らないと食っていけないんだぞ」という教えを散々聞かされてもまた、同じような思い込みを作ることになります。

さらに、学生、社会人と過ごしていくうちに、自らの体験として「世の中そんなに甘くない」「好きなことだけやって生きていけるのはそんな才能を持つ一部の人だけだ」という思い込みを蓄積してくることもよくあることです。

そうするといきなり「好きなことだけやって生きていこう!」なんて言われても、夢物語か詐欺のように見えてしまうものです。

とはいえ、時代はだいぶ変わりました。
数年前には存在すらしなかった職業は今はふつうに認められてるものも多く、これからもそんな流れは続いていくだろうと思います。
また、AIなどの技術によって、事務的に行われる仕事のほとんどがこの先消えていくと言われています。

そうすると、私たち人間がしていく仕事というのは、人間にしかできない仕事であり、自分が付加価値を自ら創出できる「好きなこと」「やりたいこと」に限られていくんじゃないかと思っているんです。

確かに親の世代やかつて接していた大人たちの時代を見れば、好きなことをやって生きていく、ということは現実的ではなかったのだけど、今の時代はむしろ逆じゃないか?なんて思えるのです。

そういう目でこれからの人生を見つめていきませんか?というのが最近の私がハマっているテーマです。

そして、このワークショップではこんな実習をお届けしました。
お時間ある際に、何となく、気軽に、適当に、考えてみてはいかがでしょうか。
(あまり真面目に、真剣に、ちゃんとやらないのがポイントですぞ!)

『やりたいことをやって自分らしく生きる人になる!』

1.あなたは「やりたいことを思う存分やっていい」ということにどれくらい許可を出せていますか?

Work 1. 「やりたいことだけやって生きてもいい」という言葉をじっくりと声に出して言ってみてください。もし、心が「それじゃあ、ダメだよ」と反応するとしたら、心はなぜダメだと思っているのでしょうか?(これが心理ブロックです)

Work 2.先ほど出て来たダメな理由に対して、さらに、なぜ、そんな理由をあなたは持っているのかを考えてみましょう。

Work 3.先ほど出て来た理由一つ一つに「許可」を与えていきましょう。

Work 4.あなたがやりたいことをやって幸せになったとしたら、誰が喜んでくれるでしょう?また、あなたがやりたいことをやることによって幸せになれる人は誰でしょう?

2.あなたのやりたいことはどんなことですか?

Work 1.あなたが今まで夢中になって取り組んだことはどんなことですか?5つリストアップしてみてください。そして、どうして、それらに夢中になったのか?を考えてみましょう。

1._____________ (理由)___________________________

2._____________ (理由)___________________________

3._____________ (理由)___________________________

4._____________ (理由)___________________________

5._____________ (理由)___________________________

Work 2.あなたが好きなものをひたすらリストアップしてみましょう!

Work 3.リストアップした「好きなもの」をいくつかのグループに纏めるとどんな要素が見えて来るでしょうか?

Work 4.あなたが今までの人生で一番お金と時間をかけたものってどんなものでしょうか?

Work 5.あなたがワクワクするシチュエーションってどんな瞬間ですか?そして、それになぜワクワクしてしまうのか?を考えてみましょう。

Work 6.この1~5のワークを通じて、あなたが「やりたいこと」とはどんなことでしょうか?抽象的でも具体的でも構いませんので、表現してみましょう。

Work 7.その「やりたいこと」を実践するとしたら、具体的にどんなことが浮かびますか?そして、それをワクワクするか?をチェックしながら書き出してみましょう。

Work 8.あなたがやりたいことだけをやって生きているとしたら、どんな生活をして、どんな人たちと接し、何をしているでしょう?それをただイメージして感じてみてください。

12/23(土)には東京にて、こうした内容をさらにディープにしたセミナーを企画しています。
どうぞ、お楽しみになさってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事