手放すのは、夫?母?元カレ?いや、本当は・・・そんな自分自身なんですよね。


「本気の手放しワーク」というセミナーを昨年から開催しています。
で、内容をバージョンアップさせて、今度は「新・本気の手放しワーク」を8/27(日)の東京を皮切りにまた開催していきます。

こちらがその案内文。
http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/20312

また、最近『手放す愛で夫婦関係に奇跡を起こす~愛で問題を解決するセミナー~』というDVDがまたポツポツ支持を頂くようになり、その感想もちょくちょく紹介しています。

そのDVDはこちらから購入できます。
http://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/12401

ということで、この記事はこれまた壮大なるステマ記事なわけですが、「手放し」ということについて改めて考えてみたいと思いますので、「セミナーやDVDを買うにはちょっとハードル高い。だって3万円でしょ?」という方にも参考になる記事になると思いますので、誘惑に駆られつつ(笑)ぜひ、お読みください。

さて、手放しワークに参加して下さる方に「誰を手放したいの?」というアンケートを取っています。

第一位は夫(元夫)、第二位は母、第三位が元カレで、この3名で全体の7割を占めます。
また、「○○な自分」というのも根強い支持があります。


さて、「手放し」というと、一般的に「誰を」ということになり、それが夫であり、母であり、元カレなわけですけれど、その実態と言えば「夫に執着している自分」というところなのです。

「夫への執着が手放せない!自分軸で考えようと思っても、ついつい夫のことが頭の中を支配しちゃう!」という場合を例にしてみましょう。

何とか夫への思いを切り離して自分らしくなりたい、自分を取り戻したい、自分らしくありたい、と思うのですが、「今、夫は何をしているのか?」「あんな発言をした夫の真意は何なのか?」「夫はこれからどうするつもりなのか?」「夫婦としてやり直せるのか?」などの思いがぐるぐると思考を巡るわけです。
時には「夫と離れたらやっていけないかもしれない」という不安や「夫以上の人はいるんだろうか?」という不安もありありですし、「こんな自分を愛してくれる人が他にいるんだろうか?」という不安も根強いですね。

要するに不安がものすごくいっぱいあるわけです。

でも、その不安を感じているのは誰?というと他ならぬ「私」なんですね。

だから、「夫を手放す」というテーマで取り組み、ガツガツ頑張ってセッションをこなしていくのですが、実際手放すのは「夫への執着心」なのです。
そして、「夫に執着している私」から「夫を手放して自由になった私」になっていくのです。

それゆえに、手放しと言うのは他ならぬ自分自身を変える試みの一つです。

ここがすごく大事なところです。

実際、手放しのプロセスを進めていくと「なぜか知らんが生き易くなった」とか「夫への執着を手放す前に、仕事や実家への執着がなくなった」とか「夫のことはまだ手放せたとは言えないが、子育てがグッと楽になってきた」という声がよく届きます。

でも、よくよく考えて行けば当然のことで「執着してしまう自分」を「自由な自分」に変えていくのが「手放し」というツールなわけですから、「夫を手放すぞー!夫に執着しない自分になるぞー!」と自分と向き合っていくうちに、それまで執着していた他のものに対して効果が出て来るのです。

例えるならば「ダイエットしようと思って食事に気を付けたり、運動をしたりするうちに、体重は思ったほど減ってないけれど、体が軽くなったり、お腹の調子が良くなったり、肌ツヤが良くなったりしてきた」ということが起きるのと同じなんですね。

「夫を手放そう」と自分と向き合っているわけですから、他への執着が取れて自由になってきたばかりでなく、自由になった分だけ自分がしたい生き方や、ほんとうにしたいことが見つかったりすることも珍しくないわけです。

だから、「手放し」というのは、自分自身と向き合うための偉大なるツールと言えるわけです。

「手放し」の拡張版としては、お金や仕事といったモノに対する効果も絶大なことが、私もそうですし、いろんなクライアントさんの体験から浮かび上がってきます。

何かに執着してしまうという体質改善をしていくわけですから当然とも言えるのですが、色んなことから自由になっていった結果、

「夫が夫で良かった」
「私は自由だ!私らしく生きることが大事なんだ!」
「私はこんな風に生きたい!」

という思いに至るようになるのです。

私としては、「旦那さんを手放した方がいいですよ」なんてお話をする時は、その先のこの生き方にまで意識を向けてお話をしているつもりです。

さて、皆さんにちょっと想像して頂きたいのは、もし、今、あなたが「これがなきゃ生きていけない」とか「これが大事だ」と思っているものを「手放し」たとき、あなたの人生にどんな変化が訪れるか?なんです。

その想像をするだけでも、意外に手放せるものはいっぱいありますし、同時に、今あるものへの感謝が湧き上がってくると思うのですが、いかがでしょうか?

これから夏休みを迎えられる方も多いと思います。
夏休みの一つの宿題として、上の質問に真剣に取り組んでみるのはいかがでしょうか?

自由な生き方をして、自分らしく生きられる自分がそこに描けるようになるんじゃないかと思うのです。

で、この記事はステマでございますので、改めてセミナー並びにDVDの紹介を最後にさせて頂くわけです。
こちらもどうぞ、ご検討下さいませ。

「新・本気の手放しワーク」
http://nemotohiroyuki.jp/event-cat/20312

『手放す愛で夫婦関係に奇跡を起こす~愛で問題を解決するセミナー~』DVD
http://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/12401

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事