中1で大好きなお父さんと離れ離れになった私の恋は・・・。


大好きなお父さんと別れなければ行けなかった分、まだ心はお父さんを求めている可能性が高くなります。
“やり残したこと”に取り組んでみるとプロセスは進みやすくなりますね。

***
こんにちは。
いつもブログを読んでいます。
癒されるブログをありがとうございます(*^^*)
一度、セミナーにも参加しました。また参加したいです

相談したいことがあり、リクエストを送らせて頂きます。
31歳、独身彼氏なしの女性です。
好きな人(一つ年下)がいるのですが、好きな人以上にお父さん的な愛情をくれる人に安心感を感じ、心惹かれてしまいます。

根本さんのブログで言う「隠れファザコン」だと思います。

お母さんは私のことを「汚い、臭い」など言いいつも否定し、いつも怒鳴っていて恐怖でした。
でも、お父さんは一緒に遊んでくれ好きでした。

しかし、私が中学1年のときに両親は離婚し、私はお母さんに引き取られました。
離婚の原因は、お父さんの借金・浮気です。
本当はお父さんに付いて行きたかったけど、不倫相手と一緒になるので、お父さん側には行けませんでした。

両親の離婚以来、お父さんとは会ってませんし、これからも会うことはないと思います。

お父さんに捨てられたショック、離婚後養育費をくれなかった悲しみ、音信不通にされた悲しみ、再婚した家庭の子どもはきちんと育ててる差別の悲しみ、お父さんの不倫のショック…などなど大人になってから悲しみに襲われてきました。
今でも、お父さんに捨てられたことを考えると死にたくなります。

ずっとお父さんの事が嫌いと思ってたけど、ただお母さんに悪口を吹き込まれ洗脳されてただけでした。本当はお父さんが大好きでした。

そして、昨日、私は恋愛できないんだ、彼氏よりもお父さん的な愛情が必要なんだと気付いてしまい、ショックを受けています。

私も恋愛したいです。
心の穴が埋まれば、いつか同世代の男性と対等な恋愛ができる日が来るのでしょうか?
また、ファザコンの心の穴を埋めるのは、セラピーなどで自分で埋めるべきでしょうか?
お父さん的な愛情をくれる人に甘えてもいいのでしょうか?

ブログのリクエストに使って頂ければありがたいです。一方的なメールで失礼ですが、これからも、ブログ楽しみにしています(^-^)/
(Yさん)
***

昔、Yさんと同じ思いを持つ方がカウンセリングに来られました。
お父さんとは6歳の時に別れたきりという方でした。

彼女はカウンセリングでこんなことを言っていたんです。
「お父さんが出て行った日のことを今でも覚えているんです。
お父さんは玄関で荷物をひとつ手に持って、ドアを開けて出ていったんです。
一度も振り向くこともなく、何も言わずに。
別の部屋で母と妹がいるのを知っていたので私も何も言わなかったんです。」

彼女もお父さんが大好きでいつも一緒に遊んでいました。
両親の仲があまり良くないことは察していましたので、どこかでお父さんと離れ離れになることを感じていました。

そこから20年以上経って彼女は「恋ができない」という悩みを持つようになり、カウンセリングに来ることになりました。

そこで彼女は自分の心が6歳のあの日で止まっていることに気付きました。
あの玄関でずっとお父さんを待っていたんです。

だから、私は彼女にこんな話をしました。

「玄関から出ていくお父さんに言い残したことってあるでしょう?」

その問いに彼女は「思いつきません」と答えられます。

「じゃあ、声に出してこう言ってみてもらえます?玄関で出ていくお父さんの背中に向かって言うように『お父さん』って」

彼女の目からは大粒の涙が溢れだしてきました。
でも、言えないんです。20年以上、封印してきた言葉だから。言っちゃいけないって抑え込んできた言葉だから。

だから私は待つことにしました。時間はいくらかかってもいいよ、と。
10分以上、経った頃でした。蚊の鳴くような声で彼女は『お父さん』という言葉を口にすることができました。
もちろん、それまでにたくさんの涙を流しながら。

でも、彼女が抑え込んでいた言葉はそれだけではありませんでした。
一番、引っかかっていたであろう言葉を私はその次に言ってもらうつもりでした。

「そうしたら今度はこう言ってみて。玄関から出ていくお父さんにあと一言だけ。『お父さん、行っちゃイヤ』って」

その言葉を聞いただけで彼女は嗚咽し始めました。
ずーっとずーっと心の奥に込めていた言葉でした。
長女である彼女は「お母さんにも妹にも迷惑をかけてはいけない」と思っていました。
だから、彼女がその本音を口にすることは、お父さんはもちろん、お母さんや妹を困らせることになると思っていました。
だから、決して言ってはいけない言葉であり、求めてはいけないことだったんです。

彼女は首を何度も振りながら葛藤をしていました。
彼女がその言葉を口にするまで、再び10分以上待つ必要がありました。

そして、彼女が「お父さん、行っちゃイヤ」って言えた後、私はこんな話をしたんです。
「そう言って玄関から飛び降りてお父さんを追いかけてみて下さい。
廊下を去っていくお父さんを追いかけて、お父さんに抱き着いてみてください。
お父さんがあなたを置いて出て行かないように。」

彼女が「はい」と言いながらお父さんを追いかけていくのを待ちました。

「抱き着いたらお父さんの顔、見てください。どんな表情をしているでしょうか?」

彼女はその問いにハッとした顔になりました。
「お父さんも、泣いてる・・・」

その時、彼女のマインドはあることに気付くんです。

「私のことを嫌いになって出て行ったんじゃないんだ。
本当はお父さんも辛かったんだ。
離れたくなかったんだ。
お父さん、私のこと、好きだったんだ」

彼女はちゃんとお父さんに愛されていたことを受け取りました。
その瞬間に6歳だった少女のマインドが成長し始めました。

1、2か月後、再びお会いした時には彼女の表情は一変していました。
そして、「実は彼氏ができたかもしれなくて・・・」と同僚との恋の話をしていきました。

さて、Yさんの心にも引っかかったままの言葉はありませんか?
また、大好きだったお父さんにどこか「捨てられた」と思っている自分はいませんか?

お父さんのことが大好きなんだ、と気付いただけでだいぶ変化がありますよ。
好きな人に好きって思いを素直に持てるようになります。
だから、恋がしやすくなります。

隠れファザコンなのは女性ならばみんな同じです。(隠れてるか表に出てるかの違いはあれど)

お父さんからの愛情を思い出し、そして、きちんと「別れ」を心に納得させてあげれば次の恋に向かうことができます。

そう、お父さんとの関係も「元カレ」との関係も同じなんです。
まだ心が別れを受け入れられてないから次にいけないんですね。

だから、「お父さんは初恋の人」っていう表現をします。

まあ、今日のこの話を聞いて「ものすごく気分が悪くなった」という方は「隠れファザコン」の可能性が高いです。
逆に、月曜日から泣かされた・・・と思った方は「表ファザコン」かもしれません(笑)

>心の穴が埋まれば、いつか同世代の男性と対等な恋愛ができる日が来るのでしょうか?

穴を埋める、ということになるのかもしれませんが、お父さんとの間でやり残した思いを解消する(心から納得してみる)というのが正しい言い方かもしれませんね。

>また、ファザコンの心の穴を埋めるのは、セラピーなどで自分で埋めるべきでしょうか?

セラピーとかを受けて頂けると我が家は潤うんですけどね(笑)
ただ、誰かに埋めてもらう、という考え方は手放した方が良いです。
いつも「誰か」が必要になってしまいますから。

だから「自分で埋める」という意識の方がいいでしょうね。
もちろん、誰かの助けを得るのは悪いことではありません。

それに今日の文章を読んで気付いて埋まっちゃうこともあります。
そうなのかあ・・・って気付きがもたらす効果ってすごく大きいですから。

>お父さん的な愛情をくれる人に甘えてもいいのでしょうか?

これはどちらでも良いですよ。
甘えられる人がいて甘えることで感覚を覚えることもできますし、でも、それにはリスクも付いてくることがあります。
自分のためになりそうならば甘えてみるのもいいんじゃないでしょうか。

ということで・・・復習しましょう。

○“許し”のプロセスです。
 ・お父さんに分かって欲しかったことはどんなことでしょう?
 ・お父さんに謝りたいことはどんなことでしょう?
 ・お父さんに言いたいけれど言えなかったことってどんなことでしょう?
 ・お父さんに感謝できることはどんなことでしょう?

○お父さんへの手紙を中学1年生に戻ったつもりで書いてみましょう。

○その手紙を書いて3日後に、その返事をお父さんになったつもりで書いてみましょう。

お父さんへの愛とお父さんからの愛を感じられたらその分だけぐぐぐーんとプロセスは進むと思います。
中学1年生で、お父さんの愛を求めている自分が満たされていきますから。

素敵な恋ができますように。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事