心の中の閉じていた扉が少し開いたように感じます。Re:自分らしい人生を生きるためにはどうしたらいいですか?~祖父母の呪縛に捉われる今~


***
こんにちは。
自分らしい人生を生きるためにはどうしたらいいですか?~祖父母の呪縛に捉われる今~
で取り上げていただいた依存系男子です。
取り上げていただき、本当にありがとうございました。

根本さんのおっしゃる通り三十路になっても、私の中になお祖父・祖母に対する反抗期にあったと思います。
大学入学後の私は「祖母が右に行けというから、左に行く人生」を歩んできました。
そして、祖父母の期待に近いところに安住し始めた自分に嫌気を感じていました。

今の私の仕事は楽しくて、やりがいもあります。
祖父も情熱を持って取り組んでいましたし、更に隣接業界にいる父も楽しそうに働いています。
私も抵抗を手放して、「自分に合っている」と思ってもいいのかなと思いました。

心の中の閉じていた扉が少し開いたように感じます。
本当にありがとうございました。

オススメいただいた、
先代を超える「2代目社長」の101のルール(明日香出版)

経営者の家系でないので、最初は直接関係ないかなと思いながら読んでいましたが、ドキッとするところがたくさんありました。

祖父・祖母に対して私はずっと反発してきましたが、表面的にしか向かい合ってこなかったことを実感しました。
長井さんの経験とアドバイスに勇気をいただいたので、祖父・祖母と和解していきたいと思います。

最後に追加で質問で恐縮ですが、

> そして、もう一度、あのおじいちゃんの愛を感じましょう。
> 同時に、おばあちゃんのあの愛も受け取りましょう。

ここが分からなかったです。
「愛を感じる」「愛を受け取る」というのはどういうことなのでしょうか?
(普通の方はわかるのかもしれないのですが。。。)

もしよろしければ、もう少しだけこの部分を教えて頂けましたらとても嬉しいです。
(Tさん)
***

Tさんのおじいちゃん、おばあちゃんはどんな風に人を愛する人でしょう?
Tさんのおじいちゃん、おばあちゃんの立場に立ってみたら、孫であるTさんをどんな風に愛していたでしょう?

そんなことを考えてみると良いですよ(^^)
すぐに答えがでなくてもかまいませんから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事