『愛で問題を解決する1DAYセミナー』では4本の個人セッションから倍以上のセラピーをお届けしました。



『愛で問題を解決する1DAYセミナー』を開催しました。
個人セッションを中心に、ロールプレイ、イメージワークなどのセラピーや、ペアワークで、自分自身と向き合い、内なる愛や才能とつながるセッションです。

この投稿をInstagramで見る

#心の仕組み を解説中 #心理学 #人間関係

根本裕幸(@nemotohiroyuki96)がシェアした投稿 –


私たちは無意識に「いい人/良い人」を演じているのですが、その裏には「私はほんとは悪い人」という自己否定・自己嫌悪が渦巻いています。
自己肯定感の低さもここに現れます。
そして、その奥にはその良い/悪いを判断するための「基準」があり、それが「正しさ」であり、自分ルール、思い込み、観念(ビリーフ)と呼ばれるものです。
それはその奥にある「心の痛み」に蓋をするためで、その痛みが強ければ強いほど「正しさ(ルール)」も強くなります。
そして、その蓋には「怒り」という感情が使われます。
痛みの中には悲しみ、喪失感、怖れ、不安、惨めさ、寂しさ等、様々な感情がありますが、さらに深いところまで潜ると、そうした感情が罪悪感などに変わり、自分のことを悪魔のように扱うマインドも出てきます。
しかし、そのさらに先に「愛」の層があるのです。そこには親密感やつながり、そして、「才能」が眠っています。
そこに至るには痛みの層を突き抜けていく「強さ」が求められるのですが、直感や感覚を使って一足飛びにそこにつながることも、実は可能なのです。

問題の裏には「ルール」があり、その「ルール」は「痛み」が作ります。それらが「愛」や「才能」を隠してしまうのですが、その仕組みが分かっていれば、問題や痛みから「愛」や「才能」を導き出してつなげることも可能になります。

そうした考え方、捉え方をベースにこの日は4本の個人セッションをし、その倍以上のセラピーやワークをやりました。
濃厚かつ、深いセッションが作れたんじゃないかと思います。
福岡、仙台など、遠くから足を運んで下さった方もいらして、ほんとありがとうございました。
これからの人生がより愛に溢れたもので、才能を活かしてさらに幸せになっていただければと思っています。

この日の4本のセッションをざっくりまとめるとこんなテーマでした。

①長女であるがゆえの寂しさ、そして、いい子をせざるを得なかった怒りを愛でつなげる。

②バリバリの自立系武闘派女子の奥に潜む「姫」マインドの解放。

③隠れファザコンが持つ「男性の中にある絶望を癒す才能」をただただ開く。

④その愛の強さゆえに男性の精を吸い付くしてしまう魔女性を女性性、セクシャリティ、母性の解放により女王様マインドに転換する。

このセミナーはリトリートと並んで私が一番好きなもので、一番自分らしく、かつ、楽しめるものなので、これからもちょくちょく開催していきたいと思いますー!
次回開催をお楽しみにー!!

あわせて読みたい