今年もとてもお世話になりました。ほんとうに、ありがとうございました(^^)



皆さん、今年もとてもお世話になりました!
ほんとうに色々なことがありすぎた1年でした。震災も、また、洪水も、そして、年末に分かった妻の病気など、ネガティブなものもあった反面、なでしこジャパンやヴィクトワールピサが世界一になったり、我が家に新たな天使がやってきたり、これまためちゃくちゃポジティブなできごともあり、忘れがたい1年になりました。

皆さんにとってはいかがでしたか?

復興も、妻の病気もまだまだこれから先が本番、というところですし、当然、息子はますます大きくなる(=悪さをたくさんする)わけで、来年はもっと笑える1年にしたいですね。


さて、妻の病気のこと、心配や応援してくださる方がほんとうにたくさんいらして、ひたすら感謝しまくりの年末です。
直接メッセージを贈ってくださる方、祈ってくださる方、情報を下さる方、行動してくださる方、皆さんの愛に支えられて生きていることを改めて感じました。
病気って怖いし、ネガティブなものですが、一方で、そういう愛を感じられたことは、私たちにとって大きなギフトだと思っているのです。

そして、不謹慎かもしれませんが、ほんとうにプロセスは完璧だな、と思うのです。
一見、偶然の積み重ねに見えて、実は誰かの意思で用意周到に準備されていたとしか思えないこともありました。すなわち、ミラクルだな、と思うことがいくつもありました。

嘆くこと、被害者になること、恨むこともできますが、でも、見方を変えれば、そこに大きな愛がこんなにあるじゃないか、と気付かされ、それは必要で、必然だったんだろうと思わざるを得ないのです。
こんなに援助の手がすばやく、的確に届くなんて、なんて私達は愛されていることでしょう。ほんとうに有難く、それを見るだけで、もう大丈夫、きっと良くなる、と確信できるほどなのです。

だから、妻には「黙って御輿に乗っておけ」と言っています。
担ぎ手は山ほどいて、しかも、みんながそれを喜びに感じてくれています。
私はただその御輿の前でみんなの邪魔にならないよう(笑)、旗を振っていようと思います。

・・・ということで、私達は大丈夫ですので、どうぞ、ご安心くださいね。

では、皆さん、よいお年を。
来年もよろしくお願いします。

あわせて読みたい