出張前夜。


梅雨の谷間の爽やかな天気に恵まれまして、妻と子どもと一緒に江坂の街をうろちょろしていました。
子どもにしては長距離を歩いたので、最後はさすがに疲れたようです。
ベビーカーの上でぐっすり眠ってました。

子どもの寝顔には本当に癒されますね。
見てるだけ、一緒にいるだけで、こちらが眠たくなってしまいます。


実は最近寝不足でして・・・。
仕事が立て込んでるわけでも、夜遊びしているわけでもないんですけど。
というのも、朝一番に目を覚ます子どもが起こしに来るんですね。
お腹が減ってるようで「ママー(まんま?)」と叫びながら、ベッドサイドにやってきます。
時間は決まって7:30。
すっかり我が家の目覚まし時計になってます。

※離乳も進んできたので、そろそろ「乳児」とは呼べなくなるに当たり、今日は「子ども」って書いてみました。うーん、しっくりこないなあー。奴はやっぱり「乳児」という言葉の響きがとてもよく似合う。

で、散歩&買い物から家に戻ってちょっと昼寝をさせてもらいました。
酸素エアチャージャーを使いながら、すっかりリフレッシュです。

明日(日付の上では今日)から名古屋~東京への12泊13日の長い旅に出かけます。
途中実家に寄ってリフレッシュする予定なんですけど、合計したら、かなりな旅行ですよね。

日付を数えながら、自分で企画しておいて「すごいなー」と感心せずにはいられませんでした。

出張慣れしてくると準備もそんなに時間かからないんですけど、それでも12日分の服をカバンに詰め込むのは大変です。
「家族揃って海外旅行ですか?」
と言われかねない大荷物になってしまいました。

ちゃんとウォーキングシューズも、未読の本も、入浴剤も忘れずに入れまして、明日の出張(旅行?)を待つばかりです。

ただ、名古屋はとても近いので昼過ぎに大阪を出るんですね。
「旅行」「出張」というと朝早いイメージがあるので、ちょっと違和感。
それに名古屋は気分的にも馴染み深い街ですから、なおさら、近所に出かける気分です。
(それに似つかわしくない大荷物ってのが、これまた変な感じ(笑))

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事