名古屋にて(1)



名古屋はとても近すぎて、大阪市街に出るような感覚です。
新幹線はとても快適ですから、神戸や京都に遊びに行くよりもエネルギー使わないかも(笑)

でも、名古屋に来ると「まさにここで万博が開かれているんだなあ」ということを思い知らされます。
駅でも道でもニュースもパンフレットも万博一色ですよね。

未だに万博といえば、モノレールと万博広場と日本庭園とエキスポランドを連想してしまいますので、すごく時代に乗り遅れてるような気がしてしまいます。


* * *

今回の出張はその万博の影響でいつものホテルが取れなくて、栄のど真ん中に来ています。
セントラルパークまで徒歩2分。
ホテルの斜め前にはビルの上で観覧車が回ってます。
色は違えど、大阪・梅田に来てるみたい。

いつものホテルは眺望がよくて、さしずめポート・ビューorシティ・ビューなお部屋なんですけど、今回のお部屋は「ウォール・ビュー」なお部屋です。

ウォール=wall=壁・・・(^^;

窓が開くのがとても嬉しいのですが、目の前が隣のビル(立体駐車場)の壁でして、窓を開けると街の喧騒がこだましてきます。

ただ、部屋は広めで居心地もよく、缶詰めになって溜まっている仕事を片付けるにはいいところかもしれません。

そんなお部屋の中で、最近お気に入りの「カフェミュージック」をがんがんかけて仕事しています。

名古屋なのに「東京第一ホテル錦」という微妙なネーミングのこのホテル。
「錦」が名古屋の繁華街であることを知らない人にとっては、間違いなく東京にあるだろうと思われる不思議さです。

東京の新橋にある第一ホテルには実は何度か泊まったことがありまして、やはり意匠や雰囲気がとても似ていますね。
何かなあ・・・恋人と来るにはちょっと地味で向かないけれど、ビジネスユースにはとても便利な感じです。
でも、花柄の壁紙やカーテン、ソファ、ベッドカバーなどは女性にも悪くないデザインですよね。
料金も安めなのでコストパフォーマンスはとても良いホテルだと思います。

僕にとっては居心地良いですし。
9月まではこのホテルを利用するので、気に入ってよかったです。

ホテルの1Fにはプリンがとても有名(らしい)なイタリアンのお店があるんですね。
で、そこで夕食を摂っているとホテルの宿泊客らしき色々な方言が聞こえます。
「ほんならなー、明日はどないすんの?」という女の子グループ。
「パスタあるかいな?どれにしよか?」というおじさん。

うーん。
名古屋にいるのに、妙に関西弁が耳に付くなあ・・・。
やっぱり関西人は声がでかいんですかね。
万博を見にこられたんでしょうか?
ツアーなのかな。
そういえば第一ホテルは今阪急グループですから・・・。

そんなこんなでドアツードア1時間半で到着した名古屋出張。
(東京や大阪なら立派な通勤圏(笑))

明日のオフタイムはノートパソコン片手に付近のカフェ探索に出かける予定です。

あわせて読みたい