(5/3)東京にて[1]



東京にやってきました。
今回は東京のみ丸1週間の滞在ですが、天気も良さそうですし、春の気持ちの良い季節に来れたのはうれしいです。
早速あちこち散歩してみました。

高輪(泉岳寺)のあたりは、ちょっと入ると狭い入り組んだ路地に高級マンションが並んでるところでして、緑も意外に多いんですね。
青い空に緑がとてもきれいに映えて、気分がすっきりします。


* * *

前々日くらいまで月曜日(2日)の天気は雨の予報だったんですねー。
せっかく飛行機に乗って空からの眺めを楽しみにしてただけに残念な思いでした。

でも、結局は大阪はいい天気になりまして、空からの景色を思い切り楽しんできました。
GWの真ん中のためか、昼間の便だったから、乗客も少なくてなおさらのんびり。
普段は搭乗開始後は長い行列ができるんですけど、この日はすぐに乗れました。

住み慣れた街の上を飛んでいくのもまたうれしいです。
大阪の街を空から眺めるとやっぱりこの街はいいところだなあーと不思議と思わされます。
緑も少ないし、ごちゃついてるし、と思うんですけど、好きなものは好きなんですよね。
そのまま生駒山を越えると奈良盆地に入るのですが、景色が急に田園風景に変わるのも面白いです。

空から眺めるとゴルフ場が目立つんですね。
木々の中に削り取られたように芝生の緑が見えますから。
僕はゴルフはしないので分からないのですが、実際ゴルフ場に降り立ってみれば、すごく広々とした景色なんですよね。
それも空から見れば、ほんの小さな空間なんです。

で、今回飛行機で楽しみにしていたのは、生まれ故郷の上を通るとき。
不思議といつも曇り空でちゃんと眺められなかったんですよ。
(それで雨の予報に「またか・・・」と悔しさに拍車がかかったもんです)

でも、ちゃんと浜名湖、浜松の風景が見れまして嬉しかったです。

実家に住んでるとき、はるか上空を通っていく飛行機をいつも見てたんですね。
飛行機が通り過ぎてから、その音がかすかに届くのが面白くて。
“「音」は「光」よりもずっと遅い”
という科学(物理)の法則が実感できた瞬間でした。

あと今回気付いたことがもう一つ。
海岸線を見ながらずっと飛んでいくんですけど、これくらい高度差があると、砂浜に打ち寄せる波が止まって見えるんですよね。
まるで写真を眺めるように、青い海に白い波跡がくっきり残っているんですよ。
これは不思議とじーっと眺めてたんですけど、ほんとかすかに動いてるのが見える程度。
不思議なあ~
何でかな~
と頭を悩ませてました。

波の打ち寄せる速度と飛行機の進む速度の違いか?
飛行機って時速700kmくらいで飛んでますし、波はそれに比べたらかなり遅いでしょう?
それでかな・・・。

なんてことを考えつつ、飛行機は無事羽田に着きまして、空港で食事を摂って泉岳寺に到着。
これだけ通うと、もう一つの家に帰ってきたような気がします。

* * *

今日も朝から良い天気だったので、散歩&朝食を摂りに品川まで出てきました。
高輪台方面を経由して。
少し涼しい朝でしたが、てくてくとあまり人通りの無い街を歩いてました。
で、食後は日本庭園が見えるホテルのラウンジで、リラックスした気分のまま記事を書いたり、溜まっているメールに返信したりしながら過ごしています。

こういう時間が大好きなのに、あまり取れないのが悔しいなあ・・・。

ちょうどいい角度に日が当たって木々が輝き、その間に落ちる人工の滝もまた美しいです。
因みにこういう健康的な気分の時は、健康的なものをオーダーしたくなるものでして、カモミールティ&ペパーミントティを頂いて、心身ともにリフレッシュします。

結婚式があるんでしょうか?
庭園の一角にドレスアップされたテーブルが見えます。
新郎新婦やご親族にとってはいい天気になってよかったなあ。

あわせて読みたい