(5/1)(寝てるときに見る)夢の解釈



GWに突入しましたね~
皆さんはどんなスケジュールでしょうか?
何も予定ないんですよー・・・って方も多いと思いますけど。

大阪はGW突入前から、早くも夏みたいな天気が続いていまして、今日(1日)はまだ涼しいのですが、昨日、一昨日などは暑いって単語連発でした。


* * *

寝てるときに見る夢をカウンセリングさせていただくことも多いんです。
いろんな意味がありますね。

眠っているときは意識が休んでいて、潜在意識・無意識がより強く活動する時間ですので、そこで見る夢というのは今の心の状態をとても色濃く反映しているものです。

忘れてしまってるものはいいんですけど、朝起きてもきちんと覚えてる夢は何らかのメッセージがあるとも言われます。
そういう時は手帳などにメモっておくといいかもしれませんね。
後で何らかの気付きをもたらしてくれるかもしれません。

ちょっと昔なんですけど、寝るたびに何かに追われる夢を見ました。
きれいな女の人に追われる夢なら、にやーっとなって目が覚めるんでしょうけど、大洪水やらお化けやら鬼軍曹やら、怖いものに追いかけられる夢ばかり。
その頃、僕としては超多忙だけど、充実した毎日を送ってるって信じてたんで、その夢の持つ意味がなかなか分からなかったんですけど、今から思えば、あまりに忙しくて、毎日「何かをせなあかん」状況だったんですね。
だから、意識的には充実していい一日だったと思っていたんですけど、心の中では強い焦りと怖れを感じていたみたいです。

あと昔から時々見る夢ってありませんか?
全部が全部同じじゃなくても、朝起きて、また同じ夢見たなあ・・・と感じるもの。

そういうのは自分の中の心理的パターンや根本的な原因になる感情を示しているものである可能性が高いんですね。
そういうお話を伺うときは、自然と僕の耳はダンボになってます。

あるいは、ずいぶん昔に見た夢なんだけど、今も新鮮に覚えているなあ・・・という夢。
こういうのは自分自身の内面が大きく変化したときや、何らかの原始的な体験が出てきているときが多いんですね。

朝起きたら普通は覚えてないのが夢なんですね。
寝ている間に潜在意識・無意識が働いて感情を整理整頓してくれた証拠です。
だから、朝起きたときに覚えている夢というのは、心からのメッセージだったり、あるいは、その睡眠時間では処理しきれない感情を示唆していると思うんです。

僕もいくつか印象的な夢を覚えています。
本当に小さい頃だったと思いますが(3歳、4歳?)、まだ僕が母の実家で生活していた頃に、真っ暗でドロドロじめじめして、すごく低いトンネルをはいはいして進んでいる夢を見て、未だにそれを覚えています。
頭を起こすと天井にぶつかってしまうくらい低いんですが、遠くに出口(光)が見えるんですね。
そこに向かってひたすら進む夢です。
怖くて焦っていて、でも、ドロドロなのに冷たくなかったことも覚えてます。

さあ、その夢の意味って何なのでしょう?

変な夢だなあ・・・と思ってずーっと忘れなかったんですけど、今から思えば、それはお母さんのお腹の中から生まれてくるイメージなんだろうと思うんですね。
僕は48時間もかかったそうですから、焦ったり、不安だったり、怖かったりしたでしょうし。
(もちろん、お腹の中から生まれてくる時の記憶なんて無いので、想像ですけど)

他にも中学生くらいのときに大きな毒蛇に足を噛まれて、そこがものすごく大きく青ざめた夢もずっと覚えています。
ああ、こんなのに噛まれたら俺死ぬよなあ・・・と思ったんですね。
でも、夢の中では死ぬことはないんですよ。(当たり前ですが)
死ぬー!って思ったとしても。

さあ、この夢の意味は何でしょう?

今から思えば「セクシャリティ、性の芽生え」なんだと思います。
蛇、毒ともセクシャリティのシンボルですし、噛まれたのは急所ではなかったんですけど、太ももの上の方でしたから。
そのときに性的に大人になったんだなーというわけです。

実は似たような話は友人からもお客さまからも聞いたことがありまして、性的な目覚めや急激な成長というのは、心にとっては「死」を感じるくらいインパクトのあるもの、恐ろしいものとして捉えられるんだな、と思います。

夢分析の基本は二つあります。
学派によっては「夢占い」として細かく分類するものもありますけれど、うちの場合はけっこうシンプル。
一つ、登場人物はすべて自分自身。なぜかというと、自分が見る夢だから。
もう一つ、出来事云々よりも、その夢の中で感じている感情が重要。

その二つの線から見ていくと、昨晩見た夢を今日に生かせるようになるんじゃないでしょうか。

因みにうちの奥さんは先日「キムタクが出てきて、裕幸がすごく嫉妬してる夢見たのー」と嬉しそうに話してました。

ウワキモノメ  ̄  ̄)ノ ばしっ☆

あわせて読みたい