(4/12)桜が咲いていました。パート4



今日の桜風景は神戸・王子動物園より。
そう、我が家の乳児は動物園デビュー。

sakura5.jpg

満開~散り始めで、園内は桜吹雪でした。


僕も妻も王子動物園は初めてでしたが、思っていたよりも広くて、坂道も多く、とても良い運動になりったと思います。

象とかキリンとか大きな動物はいいんですけど、コアラとか鳥とかはオン・ザ・ベビーカーでは乳児の目には入らないんですよね。
だから、抱っこして「ほーら、かわいいねー。パンダさんだよー」って覗かせてあげるんで、かなり、腕や背中の筋肉には良いトレーニングになりました。

・・・。

要は「疲れた」ということです。

ベビーカーを押すのも大変ですしね。
運動不足な我ら夫婦は、帰りの電車はお昼寝タイムでした。

でも、生パンダや生コアラは大人的にも嬉しかったですし、象がこんなにでかいとは、キリンの首がこんなに長いとは、など、びっくりしたことも多かったです。

僕は動物園なんて何十年ぶりでしたから・・・。
小さい頃はよく両親に連れて行ってもらったものです。

乳児に気を取られて、こちらは動物を見る余裕ってのはあんまり無かったんですけど、それでも動物は何でも癒し系なんだなーと思いました。
ぼーっと見てると癒されますもの。

ただ、彼らは狭い檻の中で生活しているわけで、ちょっとかわいそうに感じることもあります。
もっと自由に遊びまわりたいんじゃないかなあ。
なんか狭そうでかわいそうだなあ、とか。

乳児は目の前のモノが何か分からないこともあって、興奮したり、固まっていたり、シーンとなってたりしました。
だから、彼女が一番興奮したのは、大きなアンパンマンの人形。

やっぱり分かりやすいんですかね・・・。

園内には小さな遊園地もありまして、メリーゴーランドに乗ったり、子ども汽車に乗ったり、懐かしい遊びをしました。

園内にはやはりベビーカーや幼児たちもたくさん出現していまして、我が乳児も2、3歳になる頃には、もっとはしゃいでくれるんじゃないかと思ってます。

ただ、それまでに夫婦ともども体力を付けておかないと、駅まで辿り着けないくらい消耗してしまいそうです・・・。

帰り、今更ながら(?)、新しく大阪駅傍にできたハービスENTでお茶して帰ってきました。
広々としていて、かつ、内装もきれいで、大人の雰囲気で、お気に入りスポットがまたひとつ増えました。

あわせて読みたい