1週間、休みを取って私がしていたこと~休むと入ってくる法則~


この1週間、仕事が一つ飛んだこともあって、事実上のオフでした。
ブログを書いたり、セミナーの企画&告知したり、事務作業したりという仕事はあったのですが、セミナー/カウンセリング/執筆等の業務はお休みにしてたんです。

とはいえ、意外と毎日忙しくしていて「今日はのんびり家でくつろいだなあ」と言う日は残念ながらありませんでした。
というのも、そういう休み方は私には向かないようで、ずっとお世話になってる占い師にも「根本さんはぼーっとしてても休めない気質ですよね。仕事が充実していることが一番の栄養ですから」と断言されてる通り、何かしら動いている方が心身ともに調子がいいのです。

そもそもうちの6歳児男子がほぼ毎日のように「ねえ、パパ、明日お仕事お休み~???じゃあ、送ってって」とねだって来るわけですね。
それで、ほぼ毎日のように自宅から子どもたちを車に乗せて学校まで送って行っておりました。もちろん、何度かは迎えに行きました。

それで一番多い生活パターンが

「朝起きる→子どもたちを学校へ連れていく→その足で渋滞に捕まりながらジムに行く→家に帰って妻とランチに行く→家に戻って仕事する→子どもたちに呼び出されて迎えに行く→家に戻って仕事をする」

みたいな感じでした。
けっこう忙しいでしょ?
妻からは「そんなに甘やかさなくても」と言われるんですけど、それはそれで送っていくと「とても助かる」と有り難がれるものです。

休みだと自由なので、突如、「焚き火がしたい」と思っても実践できるのがいいところですね。ほんとこれは良かった。
そのことを書いた記事はこちら>https://nemotohiroyuki.jp/column/21294

そう言えば、家族以外では、古くからの友人夫婦と食事に行った以外、誰にも会ってないかもしれません。これもすごいことですね。
SNSなどでのつながりがあるので、全然気づいていなかったけれど・・・。
家族で外食はしましたが、飲みにも行っておりません。これもまたすごいことです。
昼酒を一度もしていない!とか、和歌山や神戸の温泉にも行ってない!とか。この辺もいつもの休みと全然違います。

で、この1週間、体をメンテナンスすることにけっこう比重を置いてました。

・ほぼ毎日ジムに通った。
・近くの温泉に2回行った。
・鍼に3回行った。
・みうらクリニックのメンテナンス3点セットを受けた。

それに加えて、普段から摂ってるモリンガ・オレイフェラのサプリメントにプラント・プロテイン、アメオのアロマオイルや枇杷の葉温灸などもあいまって心身共々だいぶリフレッシュしました。

zijaのモリンガ・プロテイン

この中で鍼の先生にはいつも脈診をしてもらって必要な鍼を打ってもらうんですけど、今日先生から「一番ひどい頃と比べたらだいぶ良くなりましたね」というお言葉を頂きました。
ちなみにその先生は我が家の主治医とも言える先生でして、家から車で40分くらいかかるんですけど、足繁く通っております。

で、最近は妻の妹がその近所で週に2日ランチをやってて、そのハンバーガーが絶品なのでテイクアウトしたりしています。
当然のようにバンズも手作りです。(パン屋ですから)
(大阪府交野市にあります。Hoppe

Hoppeのハンバーガーセット

そして、かねてから受けてみたかった、みうらクリニックのメンテナンス3点セット。

詳細は奥さまの広実さんが書いてくれてます>https://www.facebook.com/hiromi.miura.7731/posts/10214159500285948 (見れる?)

〇オゾン点滴療法
〇超高濃度水素吸入
〇薬石ベッド「ガイア」

を同時に受けるのですが、体が軽くなって頭の中がクリアになるだけでなく、明らかに元気になりました。
ヘミシング音楽も聴きながらなので、とことん癒されるメニューでした。
これは鍼と共に定期的に通いたい。

で、面白いのは「休むと入ってくる」という法則。
心や体にスペースを作ると、そこに新しいものが入ってくるんですよね。
いい気分でいるといいものが、悪い気分で過ごすと悪いものが導かれてくるようです。

この1週間、けっこうご機嫌に体調もすこぶるよく過ごしていたのでいいものがたくさん入ってきました。
分かりやすいのはこの3つ(4つ?)。

・新刊「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)の4刷が決まった!
・来年3月と8月に別々の出版社から本が出ることがほぼ決まった!
・千葉県柏市での講座開催依頼が舞い込んだ!

などの新しいできごともありました。

これ、すごいことですよね。
他にも新しい企画や方向性などが、勝手に降ってきまして、それを形にしています。

明日からまた平常運転に戻るのですが、カウンセリングやセミナーがほんとに楽しみです。
そして、時々、こうした「オフ」の時間を作って、デトックスして、受け取って、そして、また進む、ということをやっていこうと思いました。

結論。やはり「自分なりの」休暇は必要だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事