今度の本はワークが大量に掲載された「自立女子がより自由に生きられる方法」を描いた本になる予定。



1週間どころかほぼ10日ぶりに執筆を再開。いったいこの期間、何をしてきたのだろう?と思うのだけど、こういう風に間が空いてしまうのが私の習性なんだろうなあ。東京も1週間近く行っていたし。
さて、10日近く間が空くと、それまでのノリは一新されて、ある意味、フレッシュな気持ちで執筆に向かえるのですが、意外と内容を忘れていたりして、エンジンがかかるのにそこそこ時間がかかってしまいます。
やはり、ちょこちょこ時間を見つけて書くのがいいんだろうなあ、としみじみ思いました。(できないけど(笑))

しかし、作家モードのときはアウトプットがとてもお盛んであるため、何かと発信をしたい!文章を書きたい!という状態になるんです。
最近、弟子どもやクライアントさんたちから「ここ最近のブログ、けっこう長文だし、深いところまで書いてますよねー」と何人もの方から言われたのですが、それは今、絶賛作家モードだからですね。

本を書く感じでブログを書いていると、あれこれ長くなるし、深くもなりやすいんですよね。

今日もそんな感じでちょうど1万文字くらい積み上げました。1万文字というと、原稿用紙25枚分ですね。それすごいね(笑)

今回の本は「自立女性がより自由に生きられるように」というコンセプトで書いているのですが、私が知っている女性というのは「自立系武闘派女子」という種族なので、彼女たちが分厚い鎧を脱ぎ、手元にしっかり持っている日本刀やらロケットランチャーやらバズーカを手放して自分らしく生きるためのプロセスを描いています。
今のところ「自立系武闘派女子」という文字は一切出てきていないのですが、読む人が読めば「これ、あたしやわ」と思っていただけると思うので、私のブログ読者のみなさまにはきっと喜んでもらえると思います。

そして、中身と言えば、実際のクライアントさんの事例(もちろんアレンジを加えている)に基づき、ものすごくたくさんのワークを紹介するものとなっており、そういう意味では、今まで私がブログやセミナーでやってきたことの集大成的な意味を持つ本になると思います。
(だって、今時点でざっくり数えただけで40個以上のワークを書いている)

たぶん、これ一冊がっつり取り組めば自分らしい人生を歩める可能性が高くなると思うので、ぜひとも楽しみにしてくださいませ。

とりあえず、4分の3ほど終わってる感じなので、ラストスパートかけますー!できればあと2,3日で脱稿できるといいな~♪(それはお前次第だぞ、という声が聞こえる)

あわせて読みたい