【本の感想】ひとりでつらい状況を抱えている方に一刻も早く届いてほしい本だと感じました。




7日間で自分で決められる人になる』(サンマーク出版)の感想をいただきました!ありがとうございます!!!
(メルマガで「ゲラをお渡しするので感想を書いてくださいませんか?」とお願いしていたのです。)

ゲラを読む機会をありがとうございました。
武闘派一読者として読ませていただきました。

私は隠れ武闘派として、表向きいい子として鎧を厳重に巻き付けて生きてきました。

本にあった『私は大丈夫じゃない』は、破壊力大でした。

ずっと心にうずいていた言葉です。
声に出したら涙が自然とでてきました。

親のレールから背くことが恐怖と結び付く環境で生きてきた自分にとって、
自分らしい答えで行動することは許されないことでした。

生きていくうちに自分の感情がわからなくなり、妙に怒りを感じそれを我慢する事態ばかり引き寄せていました。

『本当は嫌』。この気持ちを封印して熟成させた結果
生きづらさとなって自分を責めて生きてきました。

大丈夫じゃないけど、だれを頼ればいいかわからない。

味方がいない、頼れない、親にばれたら責められる、
堂々巡りで自分を責める負のループで死にたかった。

渋々心理カウンセリングの門戸をたたき、
何人も合わないカウンセラーや臨床心理士、コーチに出会い落ち込んだことも多かったですね。。。

今は合うかな…と思うセラピストの方から
セラピーを受けながら自分でも心理学の知識を探求しながら
本当の自分を取り戻しつつある過程にいます。

カウンセリングを受けることを躊躇している方が多いのではないでしょうか。

心にヒントがあると感じずに外側に答えを求める人がなんと多いことか。私もその一人でした。

心に答えがあると知る機会がなかったんです。

カウンセリングにはダークネスなイメージしかなくいきたくありませんでした。

ひとりでつらい状況を抱えている方に一刻も早く届いてほしい本だと感じました。

私は自分の価値がわからない状態で生きてきて
カウンセリングをうけるにも価格で選んでしまったりと
本音ではなく頭で選びにいってました。

『決める力』を確認することは自己肯定感が低い状態の人にとって、ほん…とに大切なことだとおもいます。

私にとって親のレールに背きたくてもできず自分の本心を諦めることが自分の安全を意味してきました。

決める力を取り戻すためには過去の悲しみ、不安、怖れと向き合うことが必要で、日々自分と向き合っています。

ゲラを読みながら、自分よく頑張ってきたなという思いと
本音で生きることの大切さと、そうなっていった自分への
期待のようなものを感じ感慨深いです。

先生の言葉は寄り添い感、伝わる感がすばらしいです。
メルマガも読ませていただいてます。
ユーモア&愛情たっぷりの秀逸な文章を読むのは私のライフワークです。

ありがとうございました。
そして必要としてるたくさんの人に早く届け!
(サーさん)

>この本の詳細なご案内ページ(概要・目次・はじめに・感想集)
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/36542

「7日間で決められる人になる」発売記念講演会

・東京/オンライン:10/2(金)19:30-21:00
・大阪/オンライン:10/10(土)14:00-15:30
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/36555

★よかったら皆様も本を読んだ感想をお寄せください。
問い合わせフォームより
・感想や書評を文章で送っていただいてもいいですし、ご自身のブログやyoutubeでご紹介いただいた場合はURLをお送りいただければと思います。
・ご紹介可能なお名前も合わせてお伝えください(ない場合はイニシャルで紹介させていただきます。)

あわせて読みたい