「主人は死んだんだ」という設定で頑張って来たのに怒りと愁いと空しさが襲ってきます。


一時的には効果的なその設定ですが、それは素直な気持ちに蓋をしただけの対症療法になってしまいます。
その蓋を開けて素直な気持ちになってみる時間を自分のために作ってあげることもすごく大切ですよね。

根本さん、こんにちは。
昨年、名古屋で夫婦問題専門セミナーでお世話になったMです。
夫婦問題と向き合って、もうすぐ1年になります。
結婚して16年、上の子が高校入学した春、突然、主人から別居したい離婚も考えているといわれ、それ以来ずっと冷たい態度(ほとんど口をきいてくれません)です。
主人は家で食事もしなくなり、週末も外泊していて、平日寝に帰って来るだけになりました。

毎日ブログを読み、セミナーにも行き、なんとか辛い時期を乗り越えれました。
それもこれも、根本先生のおかげです。

最近では、「主人は死んだんだ」という設定で、主人から言われた「ほっといて欲しい」という言葉を実行している状態です。
これでは手放しとはいえないですかね?

主人は死んだ設定にしてからは、前向きに考える事がより出来るようになり、ポジティブな気持ちで過ごすことが出来ていたのに、主人の浮気しているリアルな証拠を見つけてしまい(以前から浮気しているのは知っていましたが)、怒りと愁いが入り混じり、最後には空しさに行き着いてしまいます。

これは神様のテストなのかなと思いつつ、私がこんな気持ちになるのは、根本先生の言う通り旦那さんを愛しているからなのか、ただ、裏切り行為を許せないからなのか分からなくなってしまいました。
もう、涙が止まりません。しばらく泣かずに過ごせていたのに…

気持ちがぐちゃぐちゃなので、文章もおかしくなってしまっていると思いますが、ネタとして扱ってもらえたら幸いです。

また、根本先生に会いに行こうと思います。
名古屋に来られるのお待ちしています。
(Mさん)

はい。また名古屋行きますよ。できるだけ隔月ペースは守って行こうと思っていますので、どうぞ、楽しみに。近いのでもっと頻繁に行けたらいいんですけどね~ほんと。

さて、旦那さんはまだ名古屋港に沈んでるわけじゃないんですよね?それだけでも素晴らしいと言えるんじゃないでしょうか!笑

「死んだ設定にする」というのは意外とよくある対症療法で(そう、対症療法なんです)、一時的には効果を発揮しますが、実際は葬式も挙げてないのでだんだん心理的な矛盾を生じてくると思います。

今回のように浮気の証拠が見つかった場合などはその典型ですが、そのほか、「やっぱり家計が圧迫される」「そもそも主たる収入源は夫」「まったく家に帰ってこないわけじゃないので気配は感じる」と言った状態が続くと、「ほんまは死んでないんだけど」という思いが募ってくるものです。

とはいえ、手放し、自立、許しのための一歩としては悪くないと思います。

よく夫婦問題セミナーなどで「苦しいのは愛しているから」「怒りが出て来るのも愛がある証拠」なんて話をします。
とはいえ、それを実感できるまでには、怒りを感じ、悲しみを突き抜け、寂しさを受け入れ、虚しさを乗り越える等の障害物が待ち構えており、なかなかすぐにそこに到達できるわけじゃないんですよね。

とはいえ、自立系武闘派女子はそもそも「障害物ラブ」なところがありまして、平坦な道を行くくらいならば望んで山あり谷ありの人生を歩みたがるものです。
だから、Mさんも立派な情熱の女であるというわけですね(笑)

さて、死んだ設定になっているはずの夫が浮気している証拠を“見つけてしまう”“気付いてしまう”というところにポイントがあるんですよね。

これは意識はしていないんですけど、自分の意志と思ってみてください。
「証拠を見つけてしまった」のではなく「見つけた」という風に意識するといいんです。

旦那が浮気してようが何してようが全然何とも思わない奥さんもいます。すっかり愛情が覚め、単に経済的な理由のみで生活できている方です。
そういう方は浮気の証拠らしきものを見つけても「ふーん」と思って何とも思いません。
むしろ、他に目が向いていてくれて助かるわ~くらいなことを思ってたりします。

けれど、そこで涙ぐしゃぐしゃで気持ちがアップダウンし、怒りが出たり、愁いたりするわけですから、それだけ旦那さんがMさんにとって大切な存在であることを表しています。全然他人じゃないわけです。

期待があるから裏切られたように感じたり、怒りを感じたりします。
その期待と言うのはもしかすると「私が死んだ設定にしている間に旦那の態度が変わってくれますように」というものなのかもしれませんし、そもそも「私のことを一番に大事にすべきなのに!」という思いがあるのかもしれません。
あと当然ながら「浮気なんて許されることではない」というルール(これもルールなんです)に自分自身が縛られていることも影響しているでしょう。

一時的には効果を発揮するその設定ですが、家ではそんな態度を取る一方で、やはりその裏にある素直な気持ちに目を向けてあげることが自分を大事にすることなんですよね。

悔しいものは悔しい。
むかつくものはむかつく。
寂しいものは寂しい。
悲しいものは悲しい。
不安なものは不安。

死んだ設定にするというのはそうした気持ちに蓋をすることになるわけで、時にはその蓋を開けて整理整頓しないと大変なことになりますね。
言うなれば、来客があるからとりあえずリビングに散らかっているものをクローゼットに押し込んで扉で隠してる状態と同じなんですね。
とりあえず見た目は綺麗だけど、汗まみれのシャツやうんこのシミが付いたパンツは今もクローゼット内にあるわけです。そのままでは匂いも大変なことになるので、勇気をもって扉を開けてお片付けする必要があるのです。

で、そういう場をちゃんと自分のために作ってあげましょうね、というわけで私はセミナーをしたり、カウンセリングをしたりしているのです(いいことを言うでしょう?)
また、最近はお恨み帳を作って(今、家に在庫が250冊ほどあります(笑))、じゃんじゃんお恨みを吐き出すが良い!!!なんてことを言ってたりします。

感情は溜め込むとろくなことがありません。
だから、その正直な思い、素直な気持ちを何らかの形で吐き出してあげることが大事なんですね。

だから、今のMさんのような気持ちになるのはごくごく自然なことなのですね。

さて、お決まりの質問なんですが。

「Mさん、どうしたいですか???どうなりたいですか???」

やはりこれってすごく大事だと思うんです。
それが分からない、としても、探し続けることは大事。
むしろ、自分に問い続けることがすごく大事。

私、どうしたいんだろう???

もしかすると、その答えを見るのが怖いのかもしれません。

例えばMさんのような状況だとこんな本音があるケースも多いんです。

「本当のことを言えば旦那とやり直したい。また昔みたいにラブラブになりたい。でも、今の状況じゃそんなことを言えた柄でもないし、そんなことを望んでももう無理に決まってる。そんなことを望んでもまた傷つくだけだし。できるだけ早く諦めて、旦那のことをもう何とも思わないようになりたい。」

Mさんの本音って何でしょうね。

恐る恐るパンツの山をかき分けて本音の本音にたどり着くと、もしかしたら、ぎょえ~~~~って気持ちが見えてくるかもしれません。

そして、一番許せないのはそんな自分なのかもしれないですね。

ここまでされてもまだやり直したいと思う自分が許せない。
まだ旦那のことを好きでいる自分が許せない。
こんなひどいことをされてるのに、まだ愛情を持ってる自分が許せない。

それで、私はそういう人たちのことを一言こう表すわけです。

「アホ」

もちろん、それは愛すべきアホなわけですよね。

でも、しょうがないんです。自分はそういう女なんだから。
要領よく慰謝料がっぽりもらって離婚することなんてできない女なんだから。
好きになったらとことん愛し抜きたい情熱の女なんだから。
不器用で、プライドが高くて、感情的な女なんだから。
傷付けられても、捨てられても、忘れられないアホな女なんだから。

もうそれを受け入れるほかないわけです。
それが自分なんだから、そんな自分を許してあげる他ないんです。

そういう自分をただ愛してあげるだけ、許し、受け入れ、愛おしんであげるだけ。

そこが出発点だと思います。

さて、勇気を出して本音と向き合ってまいりましょう。

そんな私はアホ最強説を唱えておりまして、自分がアホであることを受け入れてしまうと人生は途端に楽になり、幸せを感じられるようになります。

このプロセスを「許し」とか「手放し」って言うわけです。

許しも手放しも自分自身をあらゆるしがらみから解放してくれます。
許しも手放しも自分を自由にし、そして、その分だけ相手を自由にします。
許しも手放しも幸せを受け取れるだけの余裕を心に作り出してくれます。

「私、アホだから、しょうがないわ~~~っ」て毎日口ずさんで下さい。
それだけでも楽になりますよね。

そんな皆様に贈るライブDVDはこちらですぞ。

『手放す愛で夫婦関係に奇跡を起こす~愛で問題を解決するセミナー~』30,000円(税込み、送料込み)
http://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/12401

「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」22,000円(税込み、送料込み)
http://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/16078

また、男女関係の決定版としてお届けしてるこんなDVD/動画配信サービスも好評販売中。

「史上最強の恋愛講座~絶対に失敗したくない恋愛に役立つ11の法則~」30,000円(税込み、送料込み)
http://nemotohiroyuki.jp/dvd/19388

○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事