男性心理を理解しようとすると我慢になる~もしかして、それはリハビリくん!?~


合わない人に一生懸命合わせてもしんどいだけで我慢が募って爆発してしまうのが世の常です。
けれど、そんな相手からも学ぶところはたくさんあり、成長と次への希望へと繋げることが可能です。

***
先日3年ぶりに彼氏が出来ました。私にとっては奇跡だと思いました。
最近関わってきた人達とはタイプが違い、ちゃらい部分もあるけどちょっと気が弱そうな感じでした。
会ってその日に付き合うことになりました。が、たった一ヶ月で振られました。

「付き合い方が合わないから」だそうです。(彼はかなりのマイペースかつ臆病)思いつく原因はいくつかあります。

・相手の予定を確認しても、悪気はないのだろうが返事がわかりにくく私はまともに自分の予定を立てられない。
→2週間ほどこれが続き、説教くさいLINEを送ってしまいました。
・(会って二回目)彼の家でSEXしたが、痛くて最後まで出来なかった。そのまま泊まりたかったが、帰って欲しいと言われた。
→できない女はいらないってこと!?と勝手に怒って私は無言で家を飛び出しました。一応すぐお互いに事情を説明して何とかなりましたが、その日は結局帰りました。(彼は疲れていたので元々一人で寝たかったそうです)
・お互いの連絡ペースが合わず、ついにイライラが爆発した私はLINEで怒った。←これで振られました。

私には彼の「男性的なマイペース」を理解しようとすることが結局我慢になっていました。
「男性はLINEで近況を話したがらないもの、丸一日返ってこなくても、一言でも、気にしない。
疲れていたら彼女に泊まって欲しくないのも男性の並列思考ならあり得るのかもしれない。」…その他もろもろ。理解しようと頑張りました。

連絡頻度の件について。
毎日連絡したいと言ったのは彼でした。(言ったことも忘れてるのかも)
確かにほぼ毎日でしたが、彼の返信はどんどん遅くなりました。

好きなことをする、「自分も24時間は返さない作戦」など色々しました。
でも、好きなことをして気を紛らわせた後に携帯を見て、まだ既読すらついてない、予定の話し合いをしたいのに…。と、ついに数週間分のイライラを彼にぶつけてしまい(全部ではありませんが)、その途端驚くほどの早業でシャッターを下ろされ、心から謝っても未読無視が数日続き、私から「せめて別れの言葉を言って」と送りやっと、別れようと返ってきました。←これは早かった

男性の地雷がわからず、こんなことで終わるの!?と驚いてしまい、この先言いたいことが言えなくなりそうです。
反面、一ヶ月間に3回も怒れば嫌われて当然、いつまでも成長しない…と、自分を責める気持ちも強いです。

好きなことへ熱中するパワーが低いのでしょうか。
こんな風に、男性を理解しようと我慢になって爆発してしまう場合、どうすれば良いのでしょうか。

機会があれば、ブログで取り扱って頂けると嬉しいです。
(Aさん)
***

長年恋をしていないと、その恋心を目覚めさせてくれる男性が現れて、見事に自分の気持ちがアップダウンを繰り返し、ついでに彼にも振り回され右往左往したにも関わらず短期でうまく行かなくなる、というケースがよくあります。

そういう男性のことを「リハビリくん」と呼びます。

リハビリくんはAさんの恋心を取戻し、恋愛モードに変換してくれるだけなのでそれ以上の役割は持ちません。

とすると3年ぶりの彼氏はまさにリハビリくんだったんじゃないのかな?と思わされるわけです。

Aさんとしても久々の恋に十分情熱の炎を点火してもらったわけでいよいよ次に本命くん登場?なんて思ってしまうんですけどね。

恋愛に限らず人間関係ってお互いのペースがとても大事で歯車みたいなもんですから、そこが合わないとどうしたってガタガタになってしまうものです。
一方が我慢して相手に合わせても、合わせることそのものがストレスとなりますから、Aさんのように爆発するのは必然なんです。
爆発すること、それが悪いことではないんです。そうじゃないとやっぱりヤバいですから。

言いたいことが言えないってのも辛いですよね~
我慢しかないってことになります。
一つ一つの言葉を「はてさて伝えていいものか、言っていいもののか」を気にしながら伝えるのもまたしんどいわけでね。
ほんと地雷原を進むのは並大抵の辛さではありません。
だから、やがては爆発するし、もうやっていけないって匙を投げるのはAさんの方だったかもしれません。

一生懸命合わせてる時点で「彼とは合わない」ということを自覚してもいいと思うんです。
合わない人と一緒にいるとしんどいだけですから。
やはり自分にとって大切な部分は共有できる人がいいと思うのです。
その大切なモノが今回の恋ですごくよく分かったんじゃないでしょうか。

少なくても「うまくやるために、相手に合わせる」とかは辞めた方がいいんです。
結局うまく行きません。

男性心理を理解してあげることは大事なことですが、それが我慢に繋がるとしんどいんです。
理解=我慢、ではないんです。
分かった上で嫌なものは嫌で、いいんですね。

「男性心理的にはLINEで近況を話すのは苦手で嫌なことらしいけれど、やっぱり私は話して欲しいと思っちゃう」で良いのです。
それをコミュニケーションしていって、お互いの落としどころを見付けていくんです。(それがいわゆる「2人のやり方を作る」というプロセスです)

そんな風に失恋することってしんどいんだけど悪いことじゃないんです。
確実に学び、成長していくチャンスが与えられてるだけです。
ネガティブに取ればまた恋をするのが怖くなりますよね。
どうしていいのかが分からなくなって。
でも、ポジティブに取れば、このタイプはやっぱりダメだな、と自分にとって大事なものがはっきり見えてくるわけです。

 連絡はお互いちゃんと取り合いたい。
 予定をきちんと決めて会いたい。
 相手に配慮の発言ができる人がいい。
 ちゃんと話し合える人がいい。

同時に頑張った点は評価してあげましょう。
男性心理を理解しようとしてあれこれ試行錯誤したり、学んだりしたことも宝物になります。

少なくともAさんはこの1か月でこれだけの学びを得たと思います。
これはなかなか恋愛じゃないとできないくらいの短期の学びではないでしょうか。

ブログでも時々書いていますが、うまく行くときはあっさりうまく行くものです。
10人中9人はダメだったけれど、唯一OKだった人とめちゃくちゃ気が合って結婚した、という話も非常によく耳にします。

どうしてもこういう失恋をするとショックの方がでかく、また、頑張っただけに失望も大きい(そう、失望が大きいのは頑張ったからなんです)ものですが、一歩引けば「ああ、うまく行かない人だったんだな、あそこで別れて正解だな」と気付けるかと思います。

3年ぶりの彼氏とこうなると、未来への不安が先立つとは思うんですが、実はこれもまたAさんが恋愛モードになったからにほかなりません。

「彼氏を作る」から「自分に合う彼氏を作る」というレベルに自分を引き上げて出会いの場を楽しんで行ってもらえたらな、と思うのです。

さて、次はどんな男性との縁があるのでしょう?
「縁がある」ということを「大前提」にしてみてくださいね。

男と女の心理学
○根本のセミナー情報
○根本のカウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事