Re: 嘘だらけのプレイボーイくんを愛するには?>ご本人からのご感想


紹介するのが遅くなってしまいましたが・・・。
ネタ元のSさんから感想を頂きました。
「嘘だらけのプレイボーイくんを愛するには?」

***
 根本さん、こんにちは。
嘘だらけのプレイボーイくんを愛しているSです。
私の支離滅裂なリクエストに、丁寧にお答えいただき、
本当にありがとうございます!心から感謝しています。
この文章をお送りしたのが、約1ヶ月前でした。
ここ1年、光が見えてきてトンネルを抜けたら、またすぐに入る、みたいな感じでした。
1ヶ月前は、ちょうどトンネルに入り、長いのか短いのかがわからなくなって、急に先が見えなくなり、不安になっていた時にお送りしたものでした。
1年以上前に戻って書いたような感じですね。
でも今はまた抜けています。
そして実は不安がほとんどなくなっているのです。
最初は、こんな人いるの?絶対狂ってる、キチガイ(すみません)だ、と思って、彼の事を調べまくりました。

彼を理解したい、癒したい、と思っていましたが、その根底には「彼を変えたい」という強い気持ちがあったのが正直な所ですね。
最初彼の寂しさを知った時は、彼の母親になろうと思いました。
彼が幼少時に味わえなかった気持ちを満たしてあげたい、という母性が目覚めたんですね。
生まれて初めての感情でした。
だけど正直、そうしていたら私だけを見てくれるんじゃないかとも思っていて、
恋人にもなりたい、奪いたい、私だけのものにしたい、
という欲というか下心のようなものも隠れていたんですよね。
だから、うまく行くわけがありません。
私が苦しくなるだけでした。
相手を変えるのはムリ、と頭でわかっていても、
心は受け入れていませんでした。
なので、相手の為に自分を変えるのではなく、
自分の為に自分を変えるようにシフトしていきました。
今は他の方ですが、インナーチャイルドカウンセリングを月1回、受けるようになり、
ゆっくり、少しずつ変わってきました。
私は恋愛依存の相当重いオンナでした(笑)
そしておっしゃる通り、線引きができない共依存傾向の癒着体質。
まさに、「私」がない状態でした。

根本さんのブログにもよく出てくる、親の過干渉を受けている、いい子の長女です(笑)
この年になるまで、ずっと生きづらさを感じていたのですが、
そういう事だったのか、
だから私がそういう人を選んでいたんだ、と
深く理解ができました。
そしてこんな私によく付き合ってくれたなぁ、と今は逆に彼にも感謝できます。
自分に気づかせてくれてありがたいと思います。
なので、根本さんの心のこもった嬉しいお答えは、
全て答え合わせになった感じです。
100点満点、全問正解な感じです!(笑)

なぜ彼か?
私は今まで、1番ほしい物は頑張っても努力しても手に入るかどうかわからないからちょっと頑張れば手に入る2番や3番の物を手に入れてきたような気がします。
だけど、今回だけは違うのです。
苦しい思いをしても、お金をかけてでも、手に入れたい1番欲しい物なんだと思います。
でも、私が手に入れたいのは、彼そのものではなく、彼と一緒に居ることで感じる幸せや楽しさです。
たとえ目の前に彼が居たとしても疑ったり、彼を他へ行かせないように束縛して自分だけのものにしようとしてもそれは楽しくないし自分の幸せではありません。
本当に手に入れたいものは 「彼そのもの」ではなく彼と過ごす時間を幸せだと思える「自分」なのです。
母として、恋人としての2つを追いかける難事業に立ち向かっているんだと思います。
1年前の私なら、「自信ない」と間髪入れずに答えていたと思いますが、

今は、はっきり望むところ!と言えます(笑)
ただ、最後の一押しが必要なので、

今月の癒着の講座にも、来月の許しのワークショップにも参加します。
今からとても楽しみです。
ちなみに、私にセクシャリティはありありだと思います(笑)
だけど、それをうまく出してこられませんでした。
(他の女性の目線が気になったりして)
今は出しまくり始めています!(笑)
この度は本当にありがとうございました!
引き続き、ブログも講座も楽しみにしています!!
(Sさん)
***

もし、私が彼の友人なら、肩をポンとたたいて「覚悟しといて方が良さそうだね。無事を祈るよ。」と言いたいですね(笑)

情熱の女、ここに極まり、という感じが伝わってきます。

その愛、情熱はほんとうに宝物です。

これからの展開もとても楽しみですね。

応援してます(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事