『距離が近づくとダメなの症候群』(命名by根本)の彼との付き合い方。


離れてるときは優しくて誠実だけど、近づくと冷たく、不誠実になる彼のこと。
彼はすごく怖れが強いので愛を受け取れません。
自尊心、自己肯定感を思い切り高めてそういう彼が来ても傷つかない自分になるレッスンです。

***
元彼とは半年お付き合いをして別れてしまったのですが、私は今もなお引きずっています。

彼とは同じ職場で出会い、彼の猛アピールで付き合い、その後釣った魚には餌をやらない状態。不安な気持ちに負けてしまった私はよく泣く様になり、私がいない方が楽と言われ、無理やり別れを私から言わせる様な形で別れました。

彼曰く、人と長く付き合うことができず、いつも飽きてしまうようです。前の彼女にもかまってあげれず浮気をされたり、いつも3ヶ月程度で破局してしまい、周りからも結婚には向いていないと言われるようです。

その後、私が仕事を辞める事になり、1年ぶりに久しぶりに飲みに行こうという話になりました。
食事に行った日はまさに付き合ってた頃の2人。楽しく街を歩き、食事をして。帰り際、突然手を繋ぎだし、キスをされました。
正直とっても舞い上がってしまったんです。

後日共通の友達を交え、ご飯に行く機会があったのですが、彼の態度が一変。私の友達を私の前で平気で口説き出したのです。そして、そこでわかったことが新しく出来た彼女がいたが別れてしまったと。いくらお酒に酔っていたからと言って、見るに耐えれず、帰り際彼と喧嘩になってしまいました。

帰宅後彼に好きだけど、さよならとメールを送りました。
もちろんプライド高い彼からは返信もありません。

正直彼の行動の意味が全くわからず、男の人をこれから信用していく事が怖いです。真面目な彼と思っていただけに、、、どうしてこのような行動をしたのでしょうか?
私は彼が私を傷つける為にしているとしか思えないんです。
それなら、私に連絡を取ったしないで欲しかったのに。

こんな事をされてもまだ好きな気持ちが消えないのです。
やり直したいとさえ思ってしまいます。

30歳にもなる私はこれからどうすればいいのでしょうか。もちろん結婚願望はあるのですが、前に進めません。
(Mさん)
****

このところMさんが続いていますね。
同一人物???ではありません。たまたまです(笑)

このブログ(メルマガ、FB)を読みながら、画面の向こうで無数の女子たちが「あるある!!分かる分かる!!こういう男いる!いる!めっちゃムカつくのよね!!ああ、腹立って来た」と賛同している様子が手に取るように分かります。

この彼、『距離が近づくとダメなの症候群』(命名by根本)なんです。

距離が空いている時は、フレンドリー、優しい、気遣い、真面目、誠実に振舞ってくれるんですね。笑顔やマメさも見せてくれるでしょう。
しかし、距離が近づく(恋人的距離)と、逆に、冷たい、暴言・暴力、否定的、不真面目、不誠実、怒った顔、放置プレイ等々の荒業に急転するんです。

彼ってそんなタイプじゃないでしょうか。
離れてる時は猛烈に口説いて来て、落ちたら餌をくれず、別れ話になって距離が開くと、再び親密になってきて、また復活する?って思ったら目の前で他の子を口説いて傷つけたり。

たまに私のブログで「野良猫タイプ」の話が出てきますが、それに近い感じもあります。

彼の心理を一言で言えば『怖い』んです。
自信もないんですけどね。

何が怖いのか・・・。
嫌われる怖れ、見捨てられる怖れ、幻滅される怖れ、等々いっぱいありますね。

だから、釣った魚に餌をやれないんです。

Mさんも彼に近付くと弱さが見えると思います。
そうすると情熱的女子は助けたい症候群を発症し、そんな彼を助けたい、守りたい、癒してあげたい、救いたい、と思ってしまいます。
まるで傷ついて震えている男の子(子猫)のように見えちゃう人もいます。
可愛そうになって、何とかしてあげたくなって、傷つけられても、拒絶されても、なぜか好きな気持ちが継続してしまうのです。
今のMさんのように。

彼に限りませんが、心に深い傷を負っている人は、近づいてきた人を傷つけようとします。
それは痛みから相手を拒絶する面ともう一つあって、「僕はこんなに傷ついているんだ。分かってくれ!」という訴えでもあるんです。

つまり、Mさんが感じた痛みやそこから派生する怖れ、不信感、不安などの感情は、すべて彼自身の感情でもあるんです。

Mさんが結婚が怖い、男性が信じられない、という気持ちになるのは無理ないですよね。
こんなことされてるわけですから。
でも、彼もまた、同じ気持ちなんですね。結婚や恋愛が怖く、女性が信じられないんです。

でも、Mさんはそれを自分の問題として何とかしようと取り組んでらっしゃいますね。だからリクエスト下さったわけで。
一方、彼はどうでしょうか?そんな自分に問題意識は持っているでしょうか?何とかしたいと行動しているでしょうか?
そこがMさんと彼の違いかな、と思うんです。彼はいつも誰かのせいにしていませんか?

だから、そんな彼を癒したり、救いたいという思いは相当苦労を伴います。

きっと今のような恋愛を繰り返していくのでしょう。
もしかするとほとぼりが冷めた頃にまたMさんにも連絡が来るかもしれません。
そして、食事に行けば同じように恋人の時のような関係になり、でも、近づくと・・・ってことを繰り返してしまうんです。

情熱的女子は得てしてこのタイプに涎を垂らしてしまうものですが、私はいつも思うのはもっと自分の大切にしましょう、ということ。

彼のようなタイプをほんとうに愛し、癒すためには、彼のその言動にイチイチ傷ついてるようじゃダメですよね?
「はいはい、そうだよね~」て受け止められたり、軽く流せたりしないと、こっちのダメージが大きすぎて、彼と一緒にいられなくなります。

彼の言動に傷つかないようにするためには、Mさん自身がもっと自分を承認し、自尊心や自己肯定感を高め、自分を愛し、好きになり、そして、「あたしっていい女やわあ。こんな女に興味持たないなんて、もったいないわよね」と思えるようになることです。

今日からぜひ、この「 」内のセリフを鏡に向かって1日5回言い続けてください。
できれば流し目がいいですよ。もちろん、Mさんの地の言葉に翻訳して下さい。ちなみに私、個人的に方言萌えなのでぜひ聞いてみたいです!(すいません。趣味に走ってしまいました!)

自分を責めることを彼のためにもやめましょう。
そうではなく、自分の魅力、価値を正直に認め、それを発揮できるよう、自分を解放してあげましょう。
自分の行動や考え方、価値観、感情をすべてあるがままに肯定し、自分をただただ承認してあげましょう。

「具体的にどうしたらいいんですか?」って思うでしょ?
ほんとはこの抽象的な方向性を元に、具体的な方法論は自分で見つけるのがいいんですよ。試行錯誤しながらね。
私が具体的に示したとしても、Mさんのお気に召すか?今のMさんに合うか?って分かりませんから。

とはいえ、それもまたつれないので誰でも通用可能な方法をいくつか紹介しましょう。(一部噂では根本ってほんとにツンデレだって言われるんですけどね。こういうところですかね。)
できない言い訳は一切せずに、取り組んで下さいね。

・今日から出勤日も休日も「好きな服」「好きなアクセ」「好きなインナー」のどれか、もしくはすべてを満たすこと。

・毎日、「今日の私の素敵なところ」を5個以上見付けること。(これはメモしておきましょう)

・今までの人生で私なりに頑張ったなあ、良くやったなあ、と思えることを300個探しましょう。何か月かかってもいいので必ず300個見つけてください。

・私の女性としての魅力を10人以上の人に尋ねて歩きましょう。

・ネガティブな感情が出てきたり、自己嫌悪したり、彼のことを思い出して苦しくなったり、不安になったりしても「それでいいんだよ。そうなるよね。」と受け止めてあげましょう。「それがいけない」とは思わないこと!

この辺でどうでしょう?
3か月ほどこれを真剣に続けると、だいぶ自分自身の意識も変わると思います。

そしたら、彼、もしくは、彼と同様のタイプが出てきても傷つく度合いはグッと減ります。
あるいは、今までの彼とは全然違うタイプの男性に出会えるようになります。
これも素敵なことですね!

自分大好きで魅力全開を目指していきましょうね!!

男と女の心理学
○根本のセミナー情報
○根本のカウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事