何とか離婚はなかったことにできたのだけど、不安が強くて幸せを感じられない。


感情的に旦那さんに依存している状態だと不安や怖れが強くなる。
地に足を着けて、自分の足で立てるようになるとそこから解消される。
そのためには自分の中にある「愛」と繋がるのが一番の方法。

***
私は結婚して10年になる旦那さんに、去年の9月に旦那さんの浮気が発覚し、相手の方から離婚したいと言われました。
浮気相手は関係なく、私とはずっとやっていけないと思っていたと言われ、しばらくは連絡を取り続けてたのですが、一か月くらいで、私の我慢の限界が来て、浮気相手と切ってほしいというと、切ってくれました。
でもそのあとも続いてるのでは?みたいな事があったり、ケータイは肌身離さずでした。
私は今までできてなかった朝起きたら朝ごはんできてる、朝から寝るまでお化粧してる。おまけに旦那さんの会社が不況の影響を受けて大変だったのでキャバクラで働いたりしました。
でも三か月後に、やっぱり私に気持ちがないからもう無理。キャバクラで働いてもなにも思えへん。離婚したらどうしていくかを考えてほしいと言われてしまい、そこからは目も合わせてくれない、会話もなく、土日は遊びにいって帰ってこない、最後は旦那さんが部屋の片隅でうずくまってしまうほど辛そうでした。
でもそのおかげで、(最初は6月に離婚と言われてたので)6月には離婚って思えるように頑張る、お金なくても本当に幸せやったこと、慰謝料もいらんから、旦那さんには幸せになってほしい、会話がなくても横にいれるだけで幸せって思うようになりました、根本さんの執着の手放しを読んでたおかげです。
その事を旦那さんに伝えてしばらくしてから、離婚はなかった事にすると言ってもらえました。今は全く以前のようにもとどおりで、旦那さんの横で旦那さんのケータイで動画みたり、手繋いでテレビみたり、そろそろ寝ようかと言って一緒に寝ます。
でも以前もそんな感じでラブラブと思ってた中での浮気、離婚だったので、またそうなってしまうのでは?とすごく不安です。
今はケータイもその辺にポイってしてるし、優しいし、もう浮気はしてないと思うし、私も以前とか違って思いやりがもてるようになった、前とは違うと思うのに、不安です。
幸せなのに時々やっぱり浮気相手と続いてたんや!って夢をみてうなされて起きたり、浮気当初のことがフラッシュバックしてツライです。
さらに嫉妬深くて旦那さんの会社の後輩と仲良くしてても嫉妬するし、よく遊ぶ仲良い女友達なんて、嫉妬でムキーってなります。
こんな自分が嫌で、いつまでも不安で怖くて、嫌われるとか気になり、今までは鬼嫁でグチグチうるさかったのに言いたい事もあまり言えず、旦那さんがお金遣いあらくなってしまってもきつく言えません。
嫉妬でイライラして、せっかくの幸せが台無しになってしまうのでは?と苦しいです。どうにかこの苦しみから抜け出すことはできますでしょうか?
(Mさん)
****

情熱の奥様、Mさんからのメッセージですね。ありがとうございます。
それにしてもめっちゃ頑張りましたね。
なかなかふつうはできないことをやってこられましたし、旦那様もそれに応えてくださいましたよね。
それがほんと素晴らしいです。

いきなり本題に入っちゃいますが、なんでMさんが苦しいかというと、自分の幸せの基準を旦那様に委ねてしまってるから、じゃないでしょうか?
旦那さんが笑顔なら幸せ、傍にいてくれたら幸せ、コソコソ何かしてたら不幸せ、後輩の女の子とやり取りしてたら不幸せ。。。

こんなことがあったんだから、そりゃ、そうじゃん、ってことなんですけど、旦那さんのこと、全然信頼できていないんですよね。

「また浮気されるんじゃないか?」
「また離婚を切り出されるんじゃないか?」
「嫌われたらどうしよう」
などの不安や怖れがいっぱいで「自分」を見失ってしまってるわけです。

いわば、旦那さんに捉われているような状態なんですよね。

ただ、こういう大きなドタバタがあって、それが落ち着いた直後なので、それが悪いってわけじゃありません。
(つまり、そのことで自分を責めるのは間違いってことです。)

誰だって浮気されて、離婚騒動になって、頑張って取り戻そうとして、それが叶っても、やはりしばらくの間は疑いは晴れませんし、不信感はぬぐえません。
顔色伺っちゃう時期もありますし、不安や怖れで眠れなくなったり、夢を見たりすることもあります。

よくこんな例え話をするんですね。
「迷子になった子どもは、迷子になっている最中はあまり泣かない。お母さんの姿を認めた瞬間に感情が崩壊して大泣きする」

Mさんの浮気~離婚問題もその渦中は必至ですから、朝ごはん作ったり、化粧したり、キャバクラで働くこともできるんです。
しかし、旦那が戻ってきて安心感が戻ってくると、その当時感じないように蓋をしてきた不安や恐れがどっと溢れて来るんですね。
今はそんな時期なのかもしれません。

だから、6月までの間、必死に頑張った自分が感じていた気持ちを、今、取り戻してる、と思ってもいいんです。

さて今からのプロセスは「自分」を取り戻す段階です。
旦那様に対しては今と同じように接していくことがいいでしょう。
特に新しいことを何かする必要もありません。

そこで、まずは、もう一度、自分が彼に対して深い愛情を持っていることに意識を向けましょう。
彼の素晴らしいところ、魅力を改めて見つめ直して、好きだってこと、愛してるってことを自分で意識し直します。
今はこれ、自動的に(?)やってる状態だと思いますが、意識してみるといいでしょうね。
指さし確認、と言いますか、「旦那さんの○○なところが好き」って意識的にしてみるんです。

続いて、そんな彼と一緒にいられることに感謝の思いを捧げます。
これは「あなたが一緒にいてくれるから」と旦那さんに感謝することもいいのですが、もっと大きなもの、神様とか運命とか人生とかご先祖様とか、この状況を与えてくれている大いなるものに感謝するとなおよいと思います。

また、今の家族があること、そして、一緒に生活ができることへの感謝の思いもぜひ意識してみてください。

こうして自らの内にある愛と繋がって行くと、グラウンディング(地に足を着けること)がしやすくなっていきます。

彼に幸せの基準を委ねてしまっている、ということは、彼に依存している、という状態です。
だから、Mさん自身の足で立てるように、意識を自分に向けていくわけです。
彼の言動に振り回されない自分になるために、ですね。

そのためのもっとも効果的な方法が、Mさんの心の中にある「愛」と繋がることなのです。

さらには、ここから「自己愛」を学びます。
最近は「自己愛」という言葉がネガティブな意味で使われることもあるんですけど、純粋に「自分自身を愛する」という意味で私は使っています。

この問題を通じてどれくらい自分自身が頑張ったのか、そして、そういうことができたのかを「自己承認」してあげるんです。
「偉いなあ、ほんまようやったなあ、すごいなあ、なかなかできることやないよなあ」
そんな言葉を毎日毎日自分にかけてあげてください。

だってあれだけ不安で怖かった時代を乗り越えたわけですから、すごいことをやり遂げたんですよね。
いっぱい褒めてあげてください。

そして、ちょっと難しい課題を出しておきます。
ここまでのプロセスを経てからやっていただきたいんですけど(つまりは1,2か月後)、
「旦那さんにとって、私が妻じゃなきゃいけない理由を30個」
探してみてください。

これは自己価値を受け取る最高のレッスンになるでしょう。

そして、さらにもう一つ。これは今日からやってみてもいいですよ。
「私たち夫婦が幸せになれる30の理由」
これもまた、自己承認のレッスンになります。

こうして自分を取り戻していくと、嫉妬も減るし、自信も付くし、旦那のことを信頼できるし、幸せを素直に受け取りやすくなりますね。

カギは「自分自身に意識を向けること」って覚えておいてください!

男と女の心理学
○根本のセミナー情報
○根本のカウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事